「受付」とは

企業や組織の「顔」として活躍。来訪者をもてなし、担当者へ取り次いで、案内する。

受付は、企業やショールーム、あるいは病院、フィットネスクラブなどの各種施設において、来訪者をもてなし、案内する仕事です。

具体的な業務内容は職場によって異なりますが、おもに代表電話の取り次ぎや担当者の呼び出し、会議室の予約、予約確認、入会手続きなどを行います。

勤務先の「顔」となり、お客さまを気持ちよく迎える姿勢が求められます。

受付になるにあたって、絶対に必要とされる学歴や資格などはありません。

企業の受付になる場合、とくに未経験者や新卒者はまず「総務部」や「管理部」などに配属され、そのなかから本人の希望や適性などを考慮して受付に配属されるケースが多くなっています。

基本的に、若手の活躍が目立つ職業ですが、キャリアを積んでいくことによって、「秘書」など別の職種へステップアップすることも可能です。

高いホスピタリティ精神とビジネスマナーを身につければ、その先の道も開けていくでしょう。

「受付」の仕事紹介

受付の仕事内容

職場の「顔」であり、接客のプロフェッショナル

受付の仕事は、企業やショールーム、あるいは病院、フィットネスクラブなどの各種施設で、来訪者をもてなして案内することです。

勤務先によって業務内容は異なりますが、代表電話の取り次ぎや担当者の呼び出し、会議室の予約、予約確認、入会手続きなどを行います。

いずれのケースでもお客さまがその場で最初に顔を合わせる存在であり、その職場の「顔」として、お客さまを気持ちよく適切に迎える姿勢が必要とされます。

またアポイント予定の入っていないお客さまが急にやってきた場合など、イレギュラーな事態が発生した場合でも、冷静で臨機応変な対応が求められます。

まさに「接客のプロフェッショナル」といえるでしょう。

受付の就職先・活躍の場

活躍の場は企業だけではない

受付の勤務先と言えば企業がイメージされやすいですが、百貨店、アミューズメント施設、金融機関、教育施設など、さまざまな種類の組織で受付は活躍しています。

規模の大きな組織になるとお客さまの数が非常に多くなることから、受付を何人も採用していることが多いです。

一方、そこまで規模が大きくない組織であれば、一人の受付がすべてのお客さまの対応を行います。

また初対面の人と接する機会がとても多く、相手に合わせたコミュニケーションが必要で、語学力があれば外国人の方ともコミュニケーションができるので活躍の場が広がるでしょう。

受付1日

お客さんの多い日中の営業時間に勤務

受付は、お客さまが多くいらっしゃる日中の営業時間に合わせて仕事をします。

お客さんの多い日中の営業時間に勤務

受付は、お客さまが多くいらっしゃる日中の営業時間に合わせて仕事をします。

8:15 出勤
一日のスケジュールを確認し、社内で重要なイベントがある場合には、対応方法を再確認します。

8:30 朝礼
部内での朝礼に参加し、挨拶などの声だしもしっかりと行います。

8:45 受付へ移動
制服や身だしなみを確認し、お客さまをお迎えできる体制を整えます。

9:30 来訪者の対応
営業時間になるとお客さまがいらっしゃるので、丁寧に対応していきます。

12:00 休憩
受付が無人にならないように、他の受付スタッフと交代で昼食の時間をとります。

13:00 来訪者の対応
午後もお客さまをお迎えします。集中力を保って丁寧な対応を続けます。

14:00 事務作業
お客さまの対応の合間に、パソコンで来訪者の記録作業を行います。

15:00 会議室の予約
他部門から依頼があれば、社内のネットワークを利用して会議室を予約します。

17:30 片付け
受付まわりを整え、翌日の仕事に備えます。

18:00 勤務終了
緊急対応などがなければ、ほとんど残業はありません。

受付になるには

まずは総務部や管理部に配属

受付になるためには、絶対に必要な学歴や資格などはなく、大学や高校を卒業して企業などの受付の求人に応募するのが一般的です。

ただし、特に新卒採用の場合は受付の求人は少なく、まずは総務部や管理部などに配属され、その人の希望や適性によって受付に配置されるケースが多いようです。

また特別な専門知識や技術が求められる仕事ではありませんが、組織の顔としてホスピタリティ精神や明るい笑顔、気配り、ビジネスマナーなどが必要とされます。

受付の学校・学費

受付になるために特定の学歴は不要

受付になるにあたって通わなくてはいけない学校やスクールはありません。

大学や短大の場合、どのような学部・学科を出ていても受付になるチャンスがあり、企業によっては高卒の学歴でも応募できます。

ですが、職場によっては事務スキルや英語力、業界に関する専門知識など、接客以外のスキルが求められることもあるので、学生のうちに一つでも強みをもっておくといいでしょう。

受付の資格・試験の難易度

資格よりもスキルの方が役立つ

受付は、基本的に資格を必要とされない職業なのでだれでもなれるチャンスがありますが、裏を返せば資格をアピールして仕事に就くのが難しいともいえます。

一方でスキルに関しては、パソコンスキルがあると有利です。

受付業務でも、社内情報のチェックや会議室の予約で日常的にパソコンを利用し、場合によってはWordやExcelなどの専用ソフトを使って文書を作成しなくてはいけないこともあるからです。

受付の給料・年収

高収入は期待できないが昇給はできる

受付の年収は勤務先にもよりますが、だいたい300万円~400万円といわれています。

基本的に残業は多くないので残業代などの手当は期待できず、たくさん稼ぐというよりもプライベートの時間を大切にしたり、受付の仕事そのものにやりがいを見出したりする人に向いている職業でしょう。

また、ほとんどの職場において経験を積むことにより昇給があります。

とくに役職がついたり、チームをまとめる立場になったりすると、より大きな収入を得られるでしょう。

受付のやりがい、楽しさ

お客さんからの感謝が一番の喜び

受付の一番の喜びは、お客さんからの感謝でしょう。

また日々たくさんの人に会うことができるので、人と接することが好きな人にはとても魅力的でしょう。

さまざまな人と出会うことによって刺激をもらい、学ぶことができるのです。

受付の仕事はサービス業や接客業に通ずるところもあり、業務を通して接客のスキルが磨かれていくので、プライベートでも人とのコミュニケーションがさらに円滑にとれるようになるでしょう。

受付のつらいこと、大変なこと

いつでも明るく、笑顔で、臨機応変に

受付は組織の顔なので、どれだけ体調が悪かったり、疲れていたりしても、いつでも明るく、笑顔でいることが必要とされます。

また大企業などでは、年末年始や新年度といった節目の時期になると一日に何百人というお客さまがいらっしゃることもあるので、休む間もなく対応しなければいけません。

どんな場面であっても臨機応変に、お客さまに失礼のないような対応が求められることは大変な点ですが、経験を積んでスムーズに対応できるようにしましょう。

受付に向いている人・適性

礼儀正しく、人付き合いを大切にできる人

受付は組織の顔としてお客さまをお迎えするので、礼儀正しく、人付き合いを大切にできる人に向いているといえます。

どんな人が相手でも、その場の雰囲気を察知し、相手を思いやった行動がとれる人に向いている仕事です。

また日々大勢の人と会うことになるので、不特定多数の人と接することに抵抗がない人の方が適任でしょう。

さらに丁寧な対応に加え、迅速に動くことも大切とされ、素早く、またその時の様子によってフットワーク軽く行動できる人は受付の適性があります。

受付志望動機・目指すきっかけ

組織の「顔」を念頭においたアピールを

受付になりたい人は、たくさんの人と出会える仕事がしたい、おもてなしをすることが好き、華やかなイメージに憧れる、といった思いを抱いていることが多いようです。

また中にはすでに接客業の経験があり、経験を生かして受付にステップアップしたい、と考える人もいます。

志望動機は人によってさまざまですが、いずれの動機の場合でも、この仕事は組織の「顔」として活躍する存在であるということを忘れずにアピールをしましょう。

受付の雇用形態・働き方

雇用形態や働き方はさまざま

受付の雇用形態はさまざまで、正社員、契約社員、派遣社員といった働き方があります。

派遣社員の場合はまず人材派遣会社に登録し、自分の希望に見合った条件の求人があれば仕事を紹介してもらいます。

また受付の所属する部門は企業によって異なりますが、企業を裏方として支える管理部門の一部とみなされており、総務部、管理部あるいは人事部などに所属することが多いようです。

受付の勤務時間・休日・生活

一般企業の受付として働く場合、基本的には9:00~18:00などの時間帯で働くことが多く、残業や夜勤はめったにありません。

派遣社員やパートとして働く場合は、一日に短時間だけの勤務をする人もいます。

また毎日同じ勤務時間で働くことも多く、土日祝日が休みの週休二日制で、規則正しい生活を送ることができるでしょう。

一方で土日も営業している病院やショールームでの勤務の場合は、シフト制で勤務することもあり、休日が平日になったり、休日の曜日が週ごとに異なったりします。

受付の求人・就職状況・需要

大企業を中心に受付を必要とする組織は多い

受付を置く企業はたいていが大企業といわれるような、一定以上の規模の組織がほとんどで、しっかりと受付業務を全うしてくれる人を求める企業はたくさんあります。

また一般企業以外にも、各種施設やイベント会場などでも受付の募集をしているので、いろんなところに受付の需要はあるといえるでしょう。

採用試験で専門的な知識や難しいことを問われることはめったにないので、たくさんの人に門戸が開かれた職業といえます。

受付の転職状況・未経験採用

中途採用も多く、未経験でもチャンスあり

受付は、他の仕事や業界から転職してくる人もたくさんいます。

また、基本的に女性が多く活躍する職種であることから、結婚や出産などで離職する人も多く、中途採用によって受付の人員を補充している企業は多いです。

未経験者を採用する企業もあり、その場合入社時点でのスキルなどはほとんど問われないようです。

入社後にビジネスマナーなどの研修を受け、現場に出るための基礎を身につけることができます。

受付の現状と将来性・今後の見通し

本物のおもてなしは人間にしかできない

現在IT化が進みあらゆる場面で効率化が求められており、一部の企業では、受付でもタッチパネルやロボットなどのITデバイスが使われるようになっています。

それでも受付という職業が必要とされているのは、本物のおもてなしは人間にしかできないと考えられているからです。

また企業の顔として若さやフレッシュさが求められるケースも多く、定年までずっと続けることは難しいですが、受付で培った高いホスピタリティ精神やビジネスマナーなどは、秘書や他の職種でも活かせるでしょう。