1分でわかる「知財」

仕事内容
知財とは、「特許権」「実用新案権」「商標権」「著作権」といった「知的財産」のプロフェッショナルであり、自社の発明や製品をそうした知的財産として権利化し、法律と照らし合わせながらさまざまな手続きを行う仕事です。自社の知的財産権を守ると同時に、別の会社の知的財産権を侵害していないかチェックを行います。事業戦略や研究戦略に関する意見を述べることもあり、会社の方向性を決める重要な役割を担うことができる存在だといえます。
なるには
知財の仕事を担当する人は、製造業を中心とする企業の「知財部」に所属することが多いですが、なかには「法務部」や「開発部」など、別の部門で知財業務に携わる人もいます。知財職の募集はさほど多くなく、とくに新卒採用では「総合職」や「技術系」として採用され、入社後に適性などを見極めて知財部門へ配属となることがあります。基本的に大卒以上の学歴が必要になり、業務では技術への理解が求められることから、理工系出身者のほうが有利だとされています。
給料
知財の給料は、企業や個々の経験、能力などによって異なりますが、技術や法律に関する専門的知識が必要とされる仕事であることから、同じ会社の他職種に比べると、やや高めの給料に設定されていることが多いようです。「弁理士」や「知的財産管理技能士」といった業務に関連する資格を取ることで、資格手当がつくこともあります。また、海外での特許関連業務が増えていることから、高い英語力を持つ人は評価されるケースが増えているようです。
将来性
ものづくりを行う企業にとって、知財は大きな存在となります。知的財産をうまく活用することができれば、他社にはない強みを持った製品を世に送り出したり、事業展開ができるようになるからです。また、他社の知財権を侵害しないためにも知財の活躍が欠かせず、専門性のある人材が求められています。なお、知財の専門知識やスキルを持つ人材はさほど多くないため、弁理士資格などを生かして特許事務所や、より良い待遇の会社へ転職するような人もいます。