このサイトはIRを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「IR」

仕事内容
IR(Investor Relations)とは企業が投資家や株主に対して、経営や財務の状況などの必要な情報を提供する活動を指します。IR担当者は、企業説明会やグループミーティング、決算説明会などにおいて、投資家や株主に対して自社の経営方針や企業理念を紹介する、質疑に答えるなどの活動を行います。また、事業年度終了後には、財務状況や今後の経営戦略などを記した「アニュアルレポート」と呼ばれる報告書を作成し、投資家や株主に公表。近年では自社のホームページでリアルタイムな情報を公開している企業も増えていますが、掲載する資料の準備もIR担当者の業務となります。
なるには
IRには資格や免許があるわけではなく、特別な学歴が求められる職種でもありません。また、新卒の未経験者が就けるようなものでもなく、社会経験を積んだ人がキャリアアップして就くことがほとんどです。その企業において財務や広報、経営企画などの職種で経験を積み、経営にかかわる理解を深めた後でIRになる人が多いようです。企業に就職する時には財務や経理などで採用されるために有利な学校や学部を選ぶのが得策だといえます。これらの職種での経験のほか、株主や投資家へ向けた説明を行う立場上、広報的なプレゼンテーション能力、コミュニケーション能力も問われます。
給料
広報や経営企画、財務などの部署で企業に採用され、経験を積んでからIRに昇格した場合、給料がぐんと上がるのが一般的です。上場企業で数年間の実務経験を経て、IR担当者として働いた場合の平均年収は400〜800万円が相場だといわれています。また、専門職であるため、年齢や経験を経るほど年収もアップしていきます。IRはキャリアパス上位の職種であり、経験と実績を積んだやり手のIR担当者は引く手あまた。中高年のキャリア世代向けの人材募集広告では、年収800〜1200万円を提示している企業が多数あります。
将来性
アメリカが発祥のIRが日本に伝わってから20年以上が経ち、日本においてもIRという言葉がかなり浸透してきました。まだ遅れているとはいえ、今後、日本においてもIR活動の重要性がもっと認識されるようになり、企業が専任のIR担当者を置くようになる日が来るのもそう遠くはないと考えられます。そうなればIR担当者のニーズが高まり、採用人数も増えていくでしょう。また、社内におけるIRへの共通認識が得られることにより、働きやすさや仕事の進めやすさも変わっていきます。