このサイトは経営企画を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「経営企画」

仕事内容
経営企画の中核となる仕事は、企業の中長期計画、経営計画などの策定とその進捗管理です。各事業部門とやりとりしながら計画を立て、進捗状況を確認して、時には計画の見直しなどを行いながら事業を進行させます。そのほかにも内部統制の規定づくりとその徹底、新規事業の開発、業務・事業提携やM&Aなどを中心になって進めます。IRや株主対応も担当することがあります。一方で、経営会議の資料や議事録作成などの事務作業も仕事の一つ。煩雑な事務から企業の基幹を支える多様な業務まで担うという仕事の幅広さは、経営企画の大きな特徴です。
なるには
企業の中枢に当たる経営企画は、経営に関わる多様で高い能力とさまざまな事業部門での経験が要求されます。通常、能力の基礎は、学生時代に、国内外の大学の経済学部、経営学部などで学びます。また、MBAや中小企業診断士などの学位や資格の取得を通じ、求められる知識を身につけます。そして社会に出てからは配属された部門で、努力して結果を出すかたわら、経営戦略の方法を独学したり、新規事業立ち上げメンバーに加わったりなどしてさらに知識と経験を積み上げます。こうした一連の活動で、経営企画への配属を実現します。
給料
最近実施されたある調査では、経営企画の平均年収は695万円と高額でした。一般に、年収は大企業ほど多くなる傾向にありますが、中小企業でも経営者の右腕的存在であったり、上場前後に必要な業務に精通していたりするとかなり厚遇されるようです。また、海外でのM&Aや業務提携に強い経営企画は、需要が多いため、年収1500万円ともいわれます。経営企画での経験を活かし、コンサルタントとして転職したり、独立したりなどして、一層の年収アップを狙う道もあります。
将来性
人口減少が進む日本では、海外進出などが増加傾向にあり、経営企画がそうした活動の中心的役割を果たす機会が増えています。そのため、とくに海外での事業展開を担当できる経営企画スタッフへの需要が、今後一層高まると予想されています。もう一点、今後の動きとして挙げられるのが、経営企画の戦略特化。ITシステムの本格的導入などで経営企画の事務作業が軽減され、経営戦略立案に集中できる環境が整っていくと思われます。こうした動きから、経営企画は、今まで以上にやりがいと責任のある仕事になると考えられます。