「経営企画」とは

経営企画_画像

企業の中長期計画や経営計画を立て、進捗管理を行いながら、経営を支える仕事。

企業の先導役である経営企画。経営計画の立案・管理から、新分野進出、業務提携、M&Aなどの重要案件に取り組む一方、会議の資料作成などの雑務もこなします。

経営企画に抜擢されるには、種々の高度なスキルや経営知識、実務経験が不可欠なので、大半の経営企画志望者は、大学の経済学部、経営学部などで経営について学んだり、経営関連の資格などを取り、スキルの基礎や知識を得ます。

こうして築いた土台の上に実務経験を重ねてから、経営企画職に就くことになります。

なるまでのハードルが高く、専門知識が問われる仕事だけに年収も高い傾向にあります。

近年はITシステムの導入によって、経営戦略立案にかけられる時間が増えているといいます。

今後は、企業の海外進出の増加によって、グローバルに活躍する機会も増えていくことでしょう。

「経営企画」の仕事紹介

経営企画の仕事内容

役員と共に経営計画を進める役割

経営企画の中核となる仕事は、企業の中長期計画、経営計画などの策定とその進捗管理です。

各事業部門とやりとりをして計画を立て、経営計画に対する進捗状況確認を行い、時には計画の見直しなどをしながら事業を進行させます。

そのほかにも内部統制の規定づくりとその徹底、新規事業の開発、業務・事業提携やM&Aなどを中心になって進めます。

IR担当と一緒に株主対応も担当することもあります。

一方で、役員が参加する経営会議の資料や議事録作成などの事務作業も仕事の一つです。

役員が決めた経営方針を従業員に効率よく働いてもらうことを考えながら指示を出し、煩雑な事務から企業の基幹を支える業務まで担うという業務内容の幅広さは、経営企画の大きな特徴です。

経営企画の就職先・活躍の場

大手企業の経営企画がある企業

経営企画はという部署が存在しない会社もありますが、大手企業ならほとんどある部署なので、経営企画で働きたい場合は大手企業を目指すのが良いでしょう。

新卒でいきなり経営企画のポジションにつけるわけではなく、さまざまな部署でスキルを積み重ねた優秀な人材が選ばれることが多いようです。

部長や室長を経験した人は、経営層との関わりも強く、役員になることもあります。

また、名称はよく似ていますが、「経営管理」との違いは、経営企画が会社の経営方針の前向きな部分を推進させる一方で、経営管理はリスク管理が中心です。

経営企画の1日

会議や準備で忙しい毎日

8:15 出社
メールチェックを行い、雑務を片付けます。

9:00 経営会議準備
事前に用意した会議資料を再チェックします。

9:30 経営会議出席 議事録作成
発言の要点、議論の流れを押さえながら議事録を作成。

12:00 昼休憩
忙しい時はデスクで書類を見ながら昼食をとる場合も。

13:00 会議資料作成
会議用の資料作成も仕事の一つです。役員も目を通す資料なので論点をわかりやすくまとめます。

14:00 打ち合わせ
関わっている事業企画やプロジェクトについて、関係者やプロジェクトメンバーと打ち合わせをします。

16:00 情報収集 
同業他社の業績チェックやデータなどを集めます。

18:00 部内ミーティング
各自が担当している案件の進み具合などを報告し、情報を共有します。

19:00 退社
役員との会議や資料作成で残業になるときも多いですが、立て込んでいない場合は定時で帰ります。

経営企画になるには

各部署での経験と勉強が必要

企業の中枢に当たる経営企画は、経営に関わる多様で高い能力とさまざまな事業部門での経験が要求されます。

学生時代に、国内外の大学の経済学部、経営学部、総合政策部などで学んでいる人が多く、社会人になってからもMBAや中小企業診断士などの資格取得で必要になる知識を身につけます。

会社内では配属された営業や企画部門で、さまざまな実績と知識を積み重ね、それにプラスして財務から法務まで幅広い分野を理解し対応できる人材を目指しましょう。

経営企画の学校・学費

高学歴が選ばれやすいので学費はかかる

経営企画に選ばれる人材は、なんでもこなせるエリートで、役員候補としても期待されるため、必然的に高学歴であることが多いです。

上場会社や外資系企業では、大学院や海外の大学を卒業していて、更に実績があり、コミュニケーション力が長けている人が経営企画に選ばれるケースが多いようです。

入社してからが本当の戦いですが、学歴も必要になるので、大学院や留学費用などただ単に4年制大学を卒業するより学費は高くなるでしょう。

経営企画の資格・試験の難易度

難易度の高い資格を取得する人が多い

経営企画担当は、営業センスが優れているだけではなく、経営を理解するために財務に精通していないといけませんし、M&Aなどの難しい案件にも携わります。

そのため、必ず取得しなくてはいけない資格はありませんが、公認会計士、税理士、中小企業診断士などの難易度の高い資格を自分のスキルアップのために取得する人も多いです。

学位であるMBA(経営学修士)も基礎学習に適しているので、会社から勧められて週末スクールや、大学院に派遣されて通う人もいます。

経営企画の給料・年収

専門知識が必要のため高い給料になる

最近実施されたある調査では、経営企画の平均年収は695万円と高額でした。

業務の幅は広く、たくさんの知識が必要なため、給料は高くなりますが、それだけ仕事に対する熱意を持ち続け、プライベートでも関係なく勉強し続けなければいけません。

一般的に、年収は大企業ほど多くなる傾向にありますが、中小企業でも経営者の右腕的存在であったり、上場前後に必要な業務に精通していたりするとかなり厚遇されるようです。

また、海外でのM&Aや業務提携に強い経営企画は、需要が多いため、年収1500万円ともいわれます。

経営企画のやりがい、楽しさ

プロジェクトの成功

経営企画の仕事は多岐に渡りますが、M&Aなどの大型プロジェクトは役員と経営企画だけが関わるような社内でも希少な仕事になります。

このような案件を進めるのは情報収集や準備など大変ですが、成功したら会社にとって将来の大きな利益を生み出すことにもつながり大きな達成感を得ることができます。

専門的な知識が必要になり、休みも関係なく仕事や勉強をすることになるかもしれませんが、経験値も上がりますし、出世を考えると良い影響になるでしょう。

経営企画のつらいこと、大変なこと

役員と従業員の狭間になる

経営企画の仕事は、役員が思う経営方針を具体化し、各部署に仕事を割り振り、進捗状況を確認したり、上手くいかなければ軌道修正をしたりします。

今までになかった新しい事業の指示をされることもあるので、現場からは残業が出るという文句や業務が難しすぎるという意見が出るかもしれません。

しかし、役員としては期待値が高く何が何でも進めたい計画のため、いつまでに成果を出せるかなど頻繁にチェックが入ることもあります。

そんな両者の板挟みになるのは経営企画の大変なところでしょう。

経営企画に向いている人・適性

さまざまな分野を任されるのが苦ではない人

経営企画の仕事は細かい資料の作成から大型プロジェクトの推進まで多岐に渡ります。

毎年同じことをするわけではなく、会社としての新しい挑戦に最前線で挑むことになるので、日々勉強が必要になりますし、同時にさまざまな分野をこなせるゼネラリストでなくてはいけません。

役員からの無茶ぶりにもきちんと答えて実績を残していかなければいけないので、難しい状況も楽しいと思えるポジティブさも必要です。

経営企画志望動機・目指すきっかけ

大型案件に携わる姿を見て

経営企画を新卒で入社してすぐに志す人はそもそも認知度も低いので少なく、普通の営業担当などが関われないような大型案件に携わっている姿を見て目指す人が多いのではないでしょうか。

M&Aや大手取引先との新しい事業開始など、普段ルーティーンのような営業をしている人にとっては憧れの部署となると思います。

また、役員との距離も近いので、経営に携わるために最終的には役員を志したい人にとっても目指すきっかけになります。

経営企画の雇用形態・働き方

正社員の総合職でチーム形成

経営企画の仕事は高度の知識を要し、業務の難易度も高いので、基本的には正社員の総合職でチームを形成することになる場合が多いです。

資料も役員が目を通すものになり、ケアレスミスは許されないので、資料作成も担当自らが行い、一般職やアシスタントに任せることはないでしょう。

ただし、大企業で大量に資料を印刷したり、会議室の設置をしたりという人手が必要な場合は、アシスタントの協力が必要になり、一般職のポストも設けられることになります。

経営企画の勤務時間・休日・生活

会社の労働時間に準ずるが残業は多め

経営企画の仕事は、基本的には会社の勤務時間や休日に準ずることになりますが、他部署に比べると残業は多い傾向にあります。

会議が多い部署になりますが、忙しい経営層に端的に伝えるために、分かりやすくする工夫が必要で、資料作成だけでも時間がかかります。

また、今までにない新しい仕事をすることも多いので、情報収集やデータをまとめるだけでも大変です。

海外の市場調査や企業見学などが必要になれば、休日関係なく何日も出張に出ることもあります。

経営企画の求人・就職状況・需要

需要はあるが狭き門

経営企画の仕事の需要はありますが、優秀な人材のポストになるので、誰でも務まるわけではなく、適性を見て配属が決まります。

また、ある程度の学歴や経験も必要になるので、新卒で配属されるということはまずないといってもよいでしょう。

経営企画を目指すなら、普段自分に任された仕事だけを行うのではなく、帰宅後や週末は積極的に経営企画に必要になる知識や資格を身につけ、上司や人事担当に希望をアピールすることが大切です。

経営企画の転職状況・未経験採用

経験者は引く手あまた

経営企画は非常に難易度の高い仕事をこなしているという印象もあり、実際に実績を積み重ねている人材であれば、好待遇の会社へ転職も可能です。

それだけではなく、大企業から中小企業へ役員として招かれることも考えられますし、経営企画での経験を活かし、コンサルタントとして転職するなどして、一層の年収アップを狙う道もあります。

未経験で転職は、経験者に比べるとハードルが高くなりますが、MBA資格など取得し、経営に関わりたい気持ちをアピールすることでチャンスが生まれるかもしれません。

経営企画の現状と将来性・今後の見通し

海外M&Aなど活動の場は増える

人口減少が進む日本では、海外進出などが増加傾向にあり、経営企画がそうした活動の中心的役割を果たす機会が増えています。

そのため、とくに海外での事業展開を担当できる経営企画担当の需要が、今後一層高まると予想されています。

もう一点、今後の動きとして挙げられるのが、経営企画の戦略特化です。

ITシステムの本格的導入などで経営企画の事務作業が軽減され、経営戦略立案に集中できる環境が整っていくと思われます。

知識豊富で実績がある経営企画の需要はますます高まり、将来は好待遇のヘッドハンティングにも期待できるでしょう。