1分でわかる「カスタマーサポート」

仕事内容
カスタマーサポートは、メーカーなどさまざまな企業において、顧客からの問い合わせに対応する仕事です。「お客さま窓口」「ヘルプデスク」「ユーザーサポート」といった名称で呼ばれることもあり、エンドユーザー(消費者)と直接やりとりをする企業の「窓口」であると同時に、企業の「顔」として活躍します。顧客とのやりとりは電話やメール、チャットなどを用いて行われることが多く、問い合わせの内容は商品やサービスの使用方法から、クレームや苦情、また会社そのものに対する意見・提案などの声もあります。
なるには
カスタマーサポートは、メーカーやIT企業、保険会社など、お客さまに商品やサービスを提供するさまざまな種類の企業で働くことができます。ただし、新卒者は「総合職」として採用され、会社の状況や個人の適性などに応じて、カスタマーサポート部門に配属となることも多いようです。また、カスタマーサポート機能の外部委託(アウトソーシング)業務を手掛ける専門会社で働くことも可能です。学歴はさほど問われず、未経験からスタートする人も多いとされています。また、正社員以外に契約社員や派遣社員などの形で働いている人もいます。
給料
カスタマーサポートの平均年収は、300万円~400万円程度がボリュームゾーンとされています。ただし、同じカスタマーサポートでも、具体的な業務内容や責任範囲がどの程度かは勤務先によって異なるため、給料にもだいぶ違いが出てくると考えておいたほうがよいでしょう。「スーパーバイザー(SV)」などマネジメントを担う役職者になると、平均年収も上がる傾向にあります。また、高いコミュニケーションスキルや素晴らしい人柄などで企業側から価値があると認められれば、転職を機に一気に収入をアップさせることも可能です。
将来性
近年は製品・サービスそのものの質の良さに加えて、アフターフォローや顧客サポートに力を入れることで競合他社との差別化を図ろうとする企業が増えており、充実のカスタマーサポート体制をとっていることが、その企業の大きな強みになっている場合があります。昔から変わらず需要のある仕事だといえるでしょう。しかし、AI(人工知能)の登場によってカスタマーサポートの仕事が減るといわれることもあり、今後は人間にしかできないサービスを提供するために、専門知識や高いコミュニケーション能力を持つ人材が必要とされる機会がより増えるかもしれません。