「品質保証」とは

品質保証_画像

製造業などの企業で、生み出す製品やサービスの質を確認し、それらを保証する仕事。

品質保証とは一般に、メーカーなどの企業において、製品やサービスの質を確認し、それらを保証する仕事です。

その企業が製造する製品やサービスが、定められた品質を満たしているのかどうか検査や評価を行い、不具合や問題点が見つかれば改善点を探ります。

大手メーカーでは大卒以上の学歴が求められることが多く、学部は理学系、化学系、機械工学系、電気電子系などが有利になるでしょう。

平均年収は400万円~700万円程度とされますが、管理職になったり、転職をして収入アップを実現させている人もいます。

製品の品質を守っていく品質保証は、ものづくりを行う企業にとって不可欠かつ重要なポジションとして位置付けられています。

また、海外に生産拠点を置く企業であれば、グローバルに仕事をしていくこともできます。

「品質保証」の仕事紹介

品質保証の仕事内容

製品やサービスの品質を監査し、保証する

品質保証とは一般に、メーカーなどの企業において、製品やサービスの質を確認し、それらを保証するためのさまざまな業務を行う仕事です。

具体的には、自社で製造している製品や提供しているサービスが、定められた品質を満たしているかどうか、検査や評価を実施し、その結果に基づいて、問題点を解決したり改善点を探ったりします。

似た職種として、製品の製造工程を管理する「品質管理」がありますが、品質保証のように製品全体を統括して保証するのでなく、生産ラインの改善に特化した役割を担っています。

これに対し、品質保証は、製品の企画段階から製造、出荷、顧客へ届いた後のフォローまで携わりますので、製品に関する一連の流れすべてに関わる点が、品質管理との違いといえます。

品質保証の就職先・活躍の場

就職先によって業務内容に幅がある

製造業であれば、社内のどこかに品質保証部門を設置していることが一般的ですので、候補となる就職先は業界を問わず多数あります。

ただ、業務内容は企業によってさまざまで、「生産や品質に関する工程表の作成」や「製品の検査・実験・評価」、「取引先の監査・指導」「出荷後のクレーム対応」など、多岐にわたります。

企業によっては、製品の原材料の品質検査や、工場など生産現場の工程検査なども担当するようです。

品質保証の1日

他の関連部署との連携が欠かせない

品質保証の業務はさまざまな製品の過程に横断的に関わるため、数多くの部署の人と打ち合わせしたり、共同で作業を行う機会が多くなります。

工場勤務の場合は、始業時刻、終業時刻共に一般的なオフィスワーカーより少し前倒しになります。

8:00 出社
メールチェック、案件ごとの打ち合わせなどを行います。

9:00 デスクワーク
製品の規格書や工程表を作成します。

10:00 打ち合わせ
製造部門と新製品の材質について協議します。

12:00 休憩

13:00 品質検査
生産ラインからサンプルを抽出し、品質検査を行います。

15:00 部内会議
顧客から寄せられた不具合情報について部内で共有します。

17:00 帰社

品質保証になるには

メーカーに就職することが第一歩

品質保証になるには、製造業の企業に就職する必要があります。

食品メーカー、化学メーカー、化粧品メーカー、医療機器メーカー、医薬品メーカーなど、あらゆるメーカーが就職先の選択肢になります。

ただ、一般的な新卒採用では、「技術系総合職」として職種を問わず一括して採用されるため、本人の適性などによっては、品質保証以外の部署に配属されることもあります。

すぐに品質保証を担当できなくても、技術系に属する職種は、多かれ少なかれ品質保証業務との関連性がありますので、まずは与えられた場所で、経験と知識を積みましょう。

品質保証の学校・学費

自身の専攻によっては有利に

上場企業に代表される大手メーカーでは、他の職種と同じように、大卒以上の学歴が求められることが多いようです。

学部別にみれば、理学系、化学系、農学系、機械工学系、電気電子系など、その企業の事業と関連性の深い学部の出身者は、就職に有利に働く可能性があります。

企業によっては、自社の技術系職種と、大学における専攻分野の相関図を採用ホームページに掲載しているところもありますので、一度チェックしてみるとよいでしょう。

品質保証の資格・試験の難易度

品質のエキスパートを目指す道もある

品質保証の業務は幅広く、またどちらかというと実務的ですので、仕事を行う上で必要なスキルは、働きながら現場で学んでいくことが一般的です。

ただ、品質保証業務の一部である「品質管理」については、「品質管理検定(QC検定)」という資格が存在します。

中小企業などでは品質保証と品質管理がひとつの部門にまとめられているケースも散見されますので、品質のエキスパートを目指すなら、資格取得を検討するのもキャリアに役立つかもしれません。

品質保証の給料・年収

高給を得たいなら転職も視野に

品質保証の平均年収は、400万円~700万円程度といわれています。

同じ品質保証の仕事でも、勤務先によって仕事内容や役割の範囲は異なり、さらにその会社の業種や規模などによって給料は変わってきます。

営業職のような成果によるインセンティブ制度はなく、固定給や各種手当のみの支給が一般的となりますが、管理職にキャリアアップすれば給与は増加するでしょう。

また、身につけた経験・スキルを活かして転職することで、収入をアップさせていく方法を取る人もいるようです。

品質保証のやりがい、楽しさ

関わった製品が世に出たとき

品質保証は、製品の生産において、企画段階から製造、流通、販売を経て消費者が手に取るまで、品質という観点からあらゆる工程に深く携わります。

自分の関わった製品が実際に販売されて、世の中の人にきちんと役立っているのを見たときが、品質保証として最も喜びを感じられる瞬間といえるでしょう。

そうしたものづくりの現場に携わる人たち、あるいは企業自体を、さまざまなリスクから守る品質保証は、非常にやりがいのある大事な役割を担っています。

品質保証のつらいこと、大変なこと

クレームに対応しなければならない

どんなに万全を期していても、さまざまな理由・不測の事態から、製品になんらかの不具合が発生し、消費者からのクレームとなることは、メーカーにとってある程度避けられません。

製品のラベルや外箱には、よく「お客様相談センター」などの記載がありますが、一般的には、品質保証部門がそういったクレームやトラブルに対応するための窓口と位置付けられています。

消費者から、ときに厳しい意見をぶつけられることもあるようです。

品質保証に向いている人・適性

課題発見力と解決力のある人

品質保証担当者は、製品製造のさまざな工程において、何か問題が起こっていないか、厳しくチェックしなければなりません。

その工程の担当者が見逃していた問題点を発見するには、優れた観察力と注意深さが必要になりますし、何か違和感があれば、それを突き詰めて考えられる思考力がなければなりません。

不具合や問題点が見つかっても、それらを解決するための方法をすぐに思いつけるとは限りませんので、ひとつの課題に向き合い続ける粘り強さも問われるでしょう。

品質保証志望動機・目指すきっかけ

製品の安全性を意識したことがきっかけ

品質保証を志望する人の動機は、業界によってさまざまですが、自身の実体験が基となっているケースが多いようです。

製造系の工場でアルバイトをした際に、その現場で品質保証の仕事の大切さを感じたり、あるいは特定の食品が好きで、その食品が安全性にこだわっていることを知った場合などが挙げられます。

普段は特別に意識していなくても、ふとしたきっかけで製品の安全性について考える機会があると、品質保証業務の重要性に改めて気付くようです。

品質保証の雇用形態・働き方

品質保証として着実にキャリアアップしていく

品質保証の働き方として最も多いのは、そのまま同じ職種を勤め、グループリーダーやマネージャーなどの管理職へと昇進していくケースでしょう。

企業によっては、若いうちは工場などの現場勤務で実務経験とスキルを積み、やがて本社勤務となって全体を統括していく、というキャリア形成プランも見られます。

また近年では、大手メーカーを中心として、海外に生産拠点を置く企業が増加傾向にあることから、海外赴任を命じられる人も増えてきているようです。

品質保証の勤務時間・休日・生活

勤務地によって事情は多少異なる

品質保証の仕事は、工場に勤務する場合と本社勤務する場合の両方があり得ます。

工場で働く場合は、生産ラインの稼働時間に合わせて、朝の始業時間、夕方の終業時間共に早くなることが一般的です。

本社勤務の場合は、他の職種と同様、9時~18時くらいであることが多いでしょう。

休日については、トラブルなどが起きない限り予定通り休めますが、工場勤務の場合は、世間一般のカレンダーとは少し異なった工場独自の休日が設定されているケースもよくあります。

品質保証の求人・就職状況・需要

品質保証はメーカーにとって重要職種

企業がどれだけの素晴らしい研究実績や高度な開発技術を持っていても、生産した製品の品質が常に守られていなければ、製品を安定して世の中に供給し続けることはできません。

このため、品質保証部門に力を入れているメーカーは多く、新卒採用・中途採用に関係なく、採用活動が盛んに行われています。

近年では、品質検査や品質評価をよりきめ細かく行うために、人員数を増員して業務を細分化している企業もあり、求人数は増加傾向にあります。

品質保証の転職状況・未経験採用

未経験者にもキャリア次第でチャンスが

技術職としてひとくくりで採用されることが多い新卒市場に対して、転職市場では品質保証職をピンポイントで募集している企業が多数あります。

品質保証は担当する業務の幅が広く、設計・開発や生産技術など、他の職種で培った経験が活かしやすいため、未経験者にもキャリア次第で十分にチャンスがあります。

ただ、未経験者の場合はあくまで育成を視野に入れた採用であるため、20代や30代前半など、年齢的に若いほうが有利なのは間違いありません。

品質保証の現状と将来性・今後の見通し

キャリア志向に応じて活躍の道は多数

品質保証はメーカーにとって必要不可欠なポジションであり、「品質を維持する」という目的のために、製造の全工程を通して製品に関わっていく、重要な役目を担っています。

最近では、アジアや欧米に海外事務所・工場を置くメーカーも増えており、勤務先によっては、海外とのやりとりができる人材が求められるようです。

別業種の会社に転職すればまた違った知識とスキルが得られますし、求める方向性に応じて、さまざまなステップアップが考えられるでしょう。