1分でわかる「品質保証」

仕事内容
品質保証とは一般に、メーカーなどの企業において、製品やサービスの質を確認し、それらを保証する仕事です。その企業が製造する製品やサービスが、定められた品質を満たしているのかどうか検査や評価を行い、もし不具合や問題点が見つかれば改善点を探っていくことが、品質保証のおもな役割となります。製品の企画段階から、顧客への出荷後まで広く携わっていく、「ものづくりの要」といえる仕事です。
なるには
品質保証は、製造業の企業を中心に活躍することができる仕事です。食品メーカー、化学メーカー、化粧品メーカー、医療機器メーカー、医薬品メーカーなど、あらゆるメーカーが就職先の選択肢になります。大手メーカーでは大卒以上の学歴が求められることが多いようです。有利になる学部は業種によっても変わってきますが、理学系、化学系、機械工学系、電気電子系などが一般的です。新卒採用では「技術系総合職」として一括採用されており、本人の適性などによっては品質保証以外の職種に配属されることもあります。
給料
品質保証の平均年収は、400万円~700万円程度といわれています。同じ品質保証の仕事でも、勤務先によって仕事内容や役割の範囲は多少異なり、さらにその会社の業種や規模などによって給料は変わってきます。営業職のような成果によるインセンティブ制度は普通なく、固定給や各種手当のみの支給が一般的となりますが、いちスタッフを経て管理職になることや、身につけた経験・スキルを生かしての転職によって収入をアップさせている人が多いようです。
将来性
企業がどれだけの研究実績や高度な開発技術を持っていても、生産した製品の品質がつねに守られていなければ、それを安定して世の中に供給し続けることはできません。そのため、品質保証はメーカーにとって不可欠なポジションであり、製造の全工程に「品質維持」という観点から関わっていく重要な役目を担っているといえます。最近ではアジアや欧米に海外事務所・工場を置くメーカーも増えており、勤務先によっては、海外とのやりとりが積極的にできるチャンスも得られます。