1分でわかる「内部監査」

仕事内容
内部監査とは、企業において、業務効率化や不正・不祥事の防止、ガバナンス強化などのために、業務や会計の監査(監督し検査すること)を担当する仕事です。会社のルールに基づいて経営が正しく行われているかどうかや、組織内で従業員などによる不正が行われていないかどうか、また、業務の進め方が非効率でないかといったことをチェックし、もし問題点が見つかれば、その改善点を考えたり経営者に対して提案を行っていきます。
なるには
内部監査の仕事では、企業全体を見渡す必要があると同時に、会社法やSOX法といった法律、また経理や財務などの専門知識も求められます。そのため、ある程度ビジネスの現場で社会人としての経験を積んで会社のことをよく理解している人や、ビジネスマンとしての十分な知識や経験を持っている人が、内部監査部門へ配置されることが多いようです。内部監査部門は基本的に上場企業に設置されており、「大卒以上」の学歴が必要になることが多いでしょう。
給料
内部監査の給料は、人によって異なりますが、平均年収は500万円~600万円程度といわれています。難易度の高い仕事であり、また営業職などと比べて内部監査に従事する人の数はさほど多くないことから、他職種に比べるとやや高めの収入が期待できるといえそうです。「公認会計士」や「公認内部監査人(CIA)」などの専門資格を取得し、経験を積んでスキルを磨いていくと、年収1000万円以上を得ることも可能になるでしょう。
将来性
不正や不祥事といった企業にとってのリスクを低減させ、健全な企業運営のために、内部監査は欠かせない存在です。また、最近の内部監査には、社内の不正や問題点を見つけ出すというだけでなく、業務効率化のための提案や、経営面のサポートといった役割が期待されることも増えているようです。内部監査の知識を持つ人材は決して多くないため、一定の実務経験や資格、スキルがある人は歓迎されやすく、将来性もあるといえるでしょう。