このサイトは役員を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「役員」

仕事内容
会社法上では、役員は「取締役」「監査役」「会計参与」の3種類の肩書きを持つ人のことをいいます。しかし、一般的には「会長」「社長」「専務」「常務」といった肩書きを持つ人も役員と呼ばれることが多くなっています。役員の代表格である取締役は、会社の経営方針を考え、決定していくことをおもな役目としており、そのなかでも対外的に会社を代表するのが「代表取締役」です。一般に役員という言葉が使われる場合には、会社の経営に携わる人を広く指すことが多くなっています。
なるには
会社法上の役員、つまり「取締役」などを目指すルートとして一般的な方法のひとつは、その会社で少しずつ出世していく方法です。しかし、大企業で役員になれるのは1000人に1人ほどといわれるほど、厳しいレースを勝ち抜かなくてはなりません。学歴は問われる場合と問われない場合がありますが、会社によっては、役員をはじめとする幹部クラスを目指せるのは一流大学の出身者など、学歴がある程度限定されてくることがあるようです。しかし、ベンチャー企業では中卒や高卒で役員になっている人も比較的目立ちます。
給料
役員に支払われる給料は、一般の従業員が労働の対価として受け取る「給与」とは異なり、「役員報酬」と呼ばれるものになります。役員報酬は株主総会で決議される事項の一つとなっており、会社の経営状況や方針、利益見込みなどによって決められます。トップクラスの上場企業になると役員報酬は億単位にのぼり、さらに保有株による配当収入もあわせると、数十億円の報酬を得ている役員もいます。ただし、中小企業の役員の報酬は、会社員の平均年収とそこまで変わらない場合もあります。
将来性
役員はあらゆる業界・業種の株式会社で活躍することができますが、会社の規模や種類によって役員に求められることや、ビジネスの進め方などはだいぶ変わってくるでしょう。役員は労働者のように法律でしっかりと守られる立場でもないため、ある意味では不安定な身分だといえますが、経営に参画できるという大きなやりがいを味わえます。また、経営の高度なスキルや知識が備わればさまざまな場所で活躍しやすく、実力によっては、待遇がより良い会社からヘッドハンティングされることもあります。