医療事務の給料・年収

医療事務の給料

医療事務の給料は、スキルや勤務先の病院・クリニック等によりますが、平均月収は10万円台後半から20万円程度となっているようです。

その額は地域によっても差が出やすく、地方病院の場合は10万円〜15万円くらいと、都心部に比べてやや低めの水準になるといわれています。

また、大学病院なのか、それとも個人経営のクリニックなのかなど、病院の規模や種類によっても給料には差が出ます。

専門的な能力を求められる割には、一般事務とさほど給与は変わらないのが現状です。医療事務を目指す人は多いため、今後も待遇が大幅に良くなることは考えにくいでしょう。

ただし、長年働いて手早く業務をこなせるベテランになると、比較的大きな昇給が望める職場もあるようです。

なお、医療事務の仕事は残業や早出はあまりありませんが、正社員の場合、月末になると行うレセプト請求期間は事務処理が増えるため、残業が発生する場合があります。

この場合、きちんと残業手当が支給される職場で働いていれば、その分だけ給料は高くなります。

医療事務の年収

医療事務の年収も、勤務年数や実力、勤務先の病院・クリニックによってだいぶ変わります。

ボーナスや諸手当の支給があるかどうかも職場によって事情が異なり、個人経営のクリニックではボーナスが出たとしてもほんのわずかということもあるようです。

そのため年収には開きがあるのですが、だいたい初年度は250万円くらいになる人が多いようです。全体の平均年収は300万円〜400万円くらいになるといわれています。

勤続年数によって収入が上がることも

医療事務の大きなメリットは、長く勤務しやすいという点です。

医療事務は、正社員や契約社員、アルバイトといった雇用形態で働いている人がいます。契約社員やアルバイトの場合は勤務時間を調整しやすいことから、子育てしながら仕事をすることも可能です。

また、一度取得した医療事務関連の資格は全国どこでも有効なため、何かの理由で一度現場を離れてしまっても、復帰しやすいところもあります。

そのため、医療事務はとくに女性から人気があり、何年、何十年というように長く勤務している人が多くいます。

医療事務は特別給与が高い職ではありませんが、勤務年数を重ねることによってスキルが向上し、優遇されて年収500万円以上を得ている人もいます。

この仕事に限った話ではありませんが、医療事務を目指す若い人は増えてきているため、収入アップを望むのであれば、どれだけスキルを磨いていけるかが重要なポイントとなります。

仕事体験談