このサイトはルートセールスを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ルートセールス」

仕事内容
ルートセールスは、メーカーなどで働く営業職の一種であり、既存顧客に対して商品やサービスのセールスを行う仕事です。顧客との間に信頼関係を築き上げ、適切なタイミングで新商品や新サービスを提案することによって、その顧客とより強い取引関係を築くことを目指します。定期的に顧客顧客をラウンドする(回る)ことから、「ラウンダー」と呼ばれることもあります。場合によっては配送や納品、集金、アフターフォローなどの業務とあわせて、商談を行うこともあります。
なるには
営業職の一種であるルートセールスは、商社、保険、食品、自動車、医薬品、不動産、人材サービスなど、じつに多様な業界で働くことができます。一般的には、大学や専門学校などを卒業し、各企業の社員採用試験を受けて採用されることがルートセールスへの第一歩です。大手企業では「大卒」の学歴が必要になることがありますが、学部や学科はほぼ問われません。また、「学歴不問」で採用されることもありますし、未経験者が転職でルートセールスになることも珍しくありません。
給料
ルートセールスの平均年収は400万円前後といわれており、営業職のなかでは、やや低めの給与水準となっているようです。ただし、ルートセールスの就職先はたくさんあり、会社によって給料には違いが出ています。なかには「歩合給」を取り入れているところもあり、そうした場合は売上が増えると、その分だけ手当が支給されます。また、営業職としての経験を積んでいれば、転職時に能力や経験が考慮されて、前職より収入を上げることもできるでしょう。
将来性
ルートセールスは既存の取引先との信頼関係を守り、先につなげていくという重要な役割を担っており、つねに一定の需要がある仕事だといえます。ただし、就職先の選択肢が広く、なかには納品や配送業務を中心としたルーティンワーク中心の職場もあるため、キャリアアップを目指すのであれば、扱う商材のニーズや将来性を見極めながら、少しでも提案力や交渉力などを磨いていける環境で働くことを考えるとよいでしょう。