1分でわかる「人材コーディネーター」

仕事内容
人材コーディネーターは、おもに人材派遣会社や人材紹介会社などにおいて、クライアント企業と求職者をつなげる仕事です。

「こういう人材がほしい」と考えているクライアント企業と、「こういう条件や内容の仕事がしたい」と考える求職者の間に立ち、面談やカウンセリングなどを通じてそれぞれの要望や条件を把握し、ときにうまく交渉や折衝をしながら、双方にとってメリットのあるマッチングを行います。

また、求人広告の作成、求職者が業務を開始した後のフォローアップ面談なども担当します。
なるには
人材コーディネーターになるにあたって必ず求められる資格はありません。

就職に必要な学歴は会社によって異なり、なかには「学歴不問」で採用を行っている会社もあります。

新卒で入社した場合には、営業職や内勤などからスタートし、業界知識や仕事の流れを覚えていったところで、本人の希望や適性を踏まえて人材コーディネーターになるチャンスが与えられる会社もあります。

「看護師」や「ITエンジニア」など、ある分野に特化した人材サービスを手掛ける会社では、各業界の事情に詳しいと優遇されることがあります。
給料
人材コーディネータ―の平均年収は、300万円~500万円程度といわれています。

一般に、同じ人材会社の営業職に比べると、人材コーディネータ―の給与水準はやや低めとなっているようですが、「キャリアコンサルティング技能士」や「キャリア・コンサルタント」といった資格を持っていることで、資格手当がつくこともあります。

また、会社によってはインセンティブ制度を導入しており、達成したマッチング件数等に応じて、基本給とは別に報酬がもらえます。
将来性
人材コーディネーターは「雇用」に対する社会的動向に左右される職種ではあるものの、現状、派遣ビジネスはまだ伸びているといえます。

また、ひと昔前は「派遣」というと一般事務職中心の求人がほとんどでしたが、最近では、医療職や技術職のように、高度な専門性が求められる分野に特化した人材サービスを提供する会社も増えています。

求職者一人ひとりのキャリアに対する考え方をしっかりと引き出し、適材適所へのマッチングを実現できる力を持った人材コーディネーターが求められています。