「海外営業」とは

海外営業_画像

メーカーなどの企業で、海外のクライアント企業や販売代理店とやりとりをする営業職。

海外営業は、メーカーなどの企業において、海外の企業を顧客とし、その企業や販売代理店とやりとりをする営業職のことをいいます。

具体的な仕事内容としては、日々の担当顧客との商談をはじめ、市場調査やマーケティング、営業戦略の立案、現地のパートナー企業の開拓、クレーム対応、契約関連などが挙げられます。

新卒や未経験者の場合、国内営業などの仕事でビジネス経験を積み、能力や適性が認められて海外営業へ異動となることも多いようです。

高い英語力が必要となり、TOEICのスコアは700点以上、できれば800点以上あると評価されることが多いようです。

グローバル化が進み、国内市場が縮小傾向にあるといわれるなか、大手から中小企業まで海外市場へ進出する企業は増えており、海外営業の需要はさらに大きくなっていくものと考えられます。

「海外営業」の仕事紹介

海外営業の仕事内容

海外企業を担当する営業マン

海外営業は、メーカーなどの企業において、海外の企業を顧客とし、その企業や販売代理店とやりとりをする営業職のことをいいます。

具体的な仕事内容としては、日々の担当顧客との商談をはじめ、市場調査やマーケティング、営業戦略の立案、現地パートナー企業の開拓、クレーム対応、契約関連業務などが挙げられます。

営業スタイルはさまざまで、国内で勤務しながら海外顧客を担当し、頻繁に海外出張を行う営業もいれば、海外に駐在して現地顧客を専属的に担当する営業もいます。

ただ、どちらのスタイルであっても、海外営業は国内での営業職よりも担当エリアが広くなりがちで、一人で複数の国を担当するケースも珍しくないため、移動には相当の時間を費やすことになります。

また、商慣習として、国内よりも海外のほうがスピード感がありますので、素早い判断とフットワークが求められるでしょう。

海外営業の就職先・活躍の場

海外展開している企業が就職候補

海外営業になるための就職先としては、海外企業を取引先にもつ企業であることが条件になります。

業界としては、メーカーや商社、金融などが代表的ですが、とくに商社は、規模の大小に関係なく輸出入を手掛けるところが多くありますので、複数の候補先が挙がるでしょう。

また、外資系企業への就職も海外で活躍するための選択肢の一つですが、国内企業よりもさらに実力主義の傾向が強まり、早期に結果を出すことが求められますので、相応のリスクが伴います。

海外営業の1日

相手に合わせてスケジュールを組む

海外営業のスケジュールは、国内に勤務するか海外に駐在するかという違いのほか、担当する国の時差、商慣習などによって大きく差が生じますが、一例として、国内で働く海外営業の1日をご紹介します。

メールや電話、各種文書作成には、英語をはじめとした外国語が用いられるケースが多いようです。

8:30 出社
昨夜のうちに販売代理店から届いていたメールをチェックし、問い合わせなどに応えます。

9:00 販売戦略会議
部全体で、新規に開拓するエリアについて協議します。

12:00 休憩

13:00 デスクワーク
報告書を作成したり、次回海外出張のための準備を行います。

16:00 テレビ会議
現地との時差を考慮し、販売代理店とのテレビ会議を夕方に行います。

18:00 帰社

海外営業になるには

まずは国内でキャリアを積むケースが多い

海外営業になるには、各業界のメーカーや商社など、海外でビジネスを展開する企業に就職する必要があります。

ただし、新卒で入社する場合、「海外営業」として募集がかかるケースはそれほど多くなく、国内を含めた営業職や、あるいは職種を限定しない「総合職」として採用されるほうが一般的です。

このため、まずは国内で仕事をこなし、ビジネスマンとしての経験を積むことになりますが、能力や適性が認められれば、やがて海外営業を任されるようになるでしょう。

海外営業の学校・学費

大卒以上の学歴が求められる

海外営業職の採用試験や、海外に拠点を持つクラスの企業の総合職採用試験では、四年制大卒または院卒の学歴が条件となることがほとんどです。

なかでも、複数の地域でグローバルに広く事業を展開する大企業には、有名大学の学生もたくさん集まるため、採用倍率は高くなりがちです。

学部についてはとくに制限されることはなく、もちろん外国語学部や国際関係学部出身の海外営業も多数いますが、文系・理系問わず、さまざまな学部の卒業生が海外で活躍しています。

海外営業の資格・試験の難易度

やはり語学力が最重要

海外営業の仕事では日常的に外国語を使用しますので、とくに汎用性の高い英語については、できる限り高いレベルで使いこなせることが望ましいといえます。

TOEICのスコアでいえば700点以上、できれば800点以上あると高く評価され、就職試験において有利となるでしょう。

また、新卒採用時点でビジネス会話ができるくらいのスキルがあれば、最初から海外営業部門に配属されるチャンスもあります。

即戦力が求められる外資系企業の場合、とくに就職時点での英語力が重要といえます。

海外営業の給料・年収

収入は個人の手腕に左右される

海外営業の平均年収は、400万円~500万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。

この仕事では語学力や異文化コミュニケーションのスキルなどが必要とされることから、国内営業よりも年収相場がやや高めとなっています。

ただ、個人のスキルによって給料には差が出やすく、未開拓エリアで販売網を築けるほどの実力があれば、年収1000万円以上を得ることも可能です。

なお、海外赴任する場合は、基本給に加えて「海外赴任手当」といった特別手当が支給されることが一般的です。

海外営業のやりがい、楽しさ

異文化コミュニケーションによる成長

海外営業の魅力は、異なる文化や言語、習慣などをもつ国の人々と出会える機会が非常に多い点です。

異国の人々と仕事する際には、商慣習や考え方の違いなどで戸惑うケースも多々ありますが、それらを上回る楽しさや刺激があり、ビジネスマンとして、また人間として、大きく成長できるでしょう。

ものごとを違う視点から眺められるようになることで、国内での仕事や、普段の日常生活のなかにおいても、新たな発見が得られるかもしれません。

海外営業のつらいこと、大変なこと

外国語で商談を進めるという困難さ

異なる文化圏の人と仕事をするのは、意思疎通だけでも決して容易ではなく、こちらの要望が正確に伝わらなかったり、相手の意向をうまく汲み取れずに仕事が滞ることはよくあります。

さらに、複雑な諸条件を交渉したり、契約を締結する段階においては、非常に高いレベルで外国語を操れるのはもちろん、国内取引時と同様、自社や相手の事情を踏まえた駆け引きが必要になります。

単に語学力に長けているたけではなく、総合的なコミュニケーション能力が求められる、大変な仕事です。

海外営業に向いている人・適性

異国で暮らすことに抵抗がない人

海外営業は、海外出張で数日間や数週間にわたって現地に滞在する機会はもちろん、海外赴任して異国に数年単位で暮らす可能性も十分にあります。

ろくに知り合いもいない、孤独な環境で暮らさなければなりませんし、日本とは異なる生活習慣に適応することも必要です。

また、治安がよく、インフラの整った先進国だけでなく、さまざまな面で生活に不便を強いられる発展途上国で暮らすケースもあります。

厳しい環境でも暮らせる、バイタリティのある人が海外営業に向いているといえます。

海外営業志望動機・目指すきっかけ

海外に対する関心の高い人が目指す

海外営業を志望するのはやはりグローバル志向の強い人で、大学などで語学や外国について勉強していたり、あるいは海外留学経験がある人が多いようです。

面接時においては、自身の経験に加え、志望企業がどの地域でどんな事業を展開しているのか、得意とする地域や今後の課題は何かといったことにも答えられるよう準備しておく必要があります。

また、海外出張の頻度や、海外赴任の可能性について言及されることもよくありますので、自身の意見をしっかり持ち、海外で働くイメージがしっかりできていることを面接官にアピールしましょう。

海外営業の雇用形態・働き方

女性の海外営業も活躍している

海外営業として働く人のなかには、女性も少なくありません。

女性ならではの気遣いやきめ細かさが、難しい商談や交渉事に生きるケースもあるようです。

ただ、海外出張は、移動距離の長さや時差への適応などで肉体的な負担が重く、短いスパンで日本と海外を何度も往復する際には、体力に自身のある男性営業マンであっても疲弊しがちです。

さらに、日本より治安の悪い国に赴任する際には、生活に対する不安を感じる場面が多くありますので、精神的にタフであることも必要になるでしょう。

海外営業の勤務時間・休日・生活

国内営業よりも不規則になりがち

海外営業の勤務時間は、他の職種と同様、多くの企業で9:00~18:00前後に定められています。

しかし、担当する国の支店や販売代理店との時差を考慮しなければならないため、早朝や深夜に会議があったりと、国内営業と比べると不規則になるケースが目立ちます。

また、休日についても、日本の祝日にあたる日であっても海外では平常通り業務が行われていますので、暦通りに休めるとは限らず、相手の都合に合わせて出勤しなければならないケースもあります。

海外営業の求人・就職状況・需要

求人数は増加傾向にある

中長期的にみれば、人口減少などによって国内市場が縮小していくことは避けられないため、業界に関係なくどの企業においても海外展開は重要課題です。

このため海外営業の求人数は右肩上がりにあり、英語圏だけでなく、中国語圏などで活躍できる人材の需要も高まっています。

採用においては、基礎的な語学力はもちろんですが、明るさや積極性といった、海外営業として必要な人柄が重視されることもよくありますので、多くの人にチャンスがあるでしょう。

海外営業の転職状況・未経験採用

海外営業にいきなり転職するのは難しい

国内営業の場合とは事情が異なり、高いコミュニケーション能力や判断力、専門知識などが求められる海外営業は、転職することが困難な職種といえます。

中途採用の多くは海外営業として実績のある即戦力に限られており、TOEICハイスコアなどに加えて、ある程度の実務経験が求められます。

未経験者から海外営業を目指すなら、まずは国内営業で実績を積みつつ、語学力向上に励むといったステップを踏む必要がありますので、できる限り若いうちに行動し始めることが望ましいでしょう。

海外営業の現状と将来性・今後の見通し

海外で活躍できる人材の需要は高い

急速にグローバル化が進んでいる昨今、あらゆる業界で企業の海外進出が積極化しています。

国内市場が縮小傾向にあるといわれるなか、大手から中小企業まで、これから海外市場への進出を視野に入れている企業も多く、海外を相手にする営業職の需要はさらに大きくなっていくと考えられます。

海外の人とも対等にビジネスを進められるだけの高い語学力はもちろん、簿記やITなどプラスアルファのスキルを持っていれば、さらに活躍のチャンスは広がるでしょう。