このサイトは海外営業を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「海外営業」

仕事内容
海外営業は、メーカーなどの企業において、海外の企業を顧客とし、その企業や販売代理店とやりとりをする営業職のことをいいます。具体的な仕事内容としては、日々の担当顧客との商談をはじめ、市場調査やマーケティング、営業戦略の立案、現地のパートナー企業の開拓、クレーム対応、契約関連などが挙げられます。国内勤務をしながら海外の顧客を担当して頻繁に海外出張へ行くような営業もいれば、海外に駐在して現地の顧客を担当する営業もいます。
なるには
海外営業は、各業種のメーカーや商社をはじめ、海外でビジネスを展開する多種多様な企業で活躍できる仕事です。ただし、新卒は必ずしも「海外営業」として採用されるわけではなく、まずは国内営業などの仕事でビジネス経験を積み、能力や適性が認められると海外営業へ異動となるケースもよく見られます。この仕事で英語力は必須となり、TOEICのスコアはできれば700点以上、できれば800点以上あると高く評価されることが多いようです。
給料
海外営業の平均年収は、400万円~500万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。この仕事では語学力や異文化コミュニケーションのスキルなどが必要とされることから、国内営業よりも年収相場がやや高めとなっているようです。個人のスキルによって給料には差が出やすく、未開拓エリアで販売網を築けるほどの実力があれば、年収1000万円以上を得ることも可能になってくるでしょう。なお、海外赴任をする場合には「海外赴任手当」といった特別手当が支給されることが多くなっています。
将来性
グローバル化が進み、日系企業もあらゆる業界で海外への進出が相次いでいます。国内市場が縮小傾向にあるといわれるなか、大手から中小企業まで、これから海外市場への進出を視野に入れている企業も多く、海外を相手にする営業職の需要はさらに大きくなっていくものと考えられます。海外の人とも対等にビジネスを進められるだけの英語力はもちろん、簿記の知識やITスキルなどプラスアルファのスキルを持っていれば、さらに活躍のチャンスは広がっていくでしょう。