「社長」とは

社長_画像

一般的には会社のトップに立ち、対外的な交流や、経営事項に関するあらゆる最終決断を行う。

社長とは一般に、会社のトップに立つ人のことをいいます。

会社がどのような方向を目指していくのか、何をしていくのかを考え、経営に関するあらゆる最終決断を行います。

社長は大きく分けて「起業をする」パターンと「出世して社長になる」パターンの2種類の人がいますが、普通、出世するにはさまざまな経験や実績が求められます。

起業のハードルは昔よりもだいぶ下がっているものの、厳しい競争社会で会社を存続させるのは簡単なことではなく、つねに先を見て、利益を生み出し続けられるビジネスモデルを考える必要があります。

すべての社長が成功しているわけではありませんが、大企業で活躍する社長の一部は、億単位にものぼる収入を得ています。

「社長」の仕事紹介

社長の仕事内容

会社のトップとして責任を問われる仕事

社会が営利企業に期待することは、事業の継続と利益を出し続けことです。

会社がどのような方向を目指していくのか、何をしていくのかを考え、会社のトップとして経営に関するあらゆる最終決断することが社長のおもな役割です。

サラリーマン社長として社員の中から選ばれる場合と、中小企業のオーナー企業で社長になる場合では社長に付与される権限の度合いは異なりますが、どちらも責任を問われることが多い仕事といえます。

また、「企業の顔」となって対外的な交流を図り、社内では従業員が働きやすい制度や職場環境づくりにも率先して取り組みます。

重要な取引先との契約締結や、銀行などとの対外的な交渉や意思決定は自らが確認して推進します。

社長の就職先・活躍の場

全ての会社に存在

会社と言っても規模や種類はさまざまですが、大手の上場企業からオーナー経営で家族だけで事業を行う小さな会社まで、どこの会社にも社長という役割はします。

役職名は株式会社の場合は「代表取締役社長」が多いですが、銀行では「頭取」と呼ばれたり、合同会社では「代表社員」となったりします。

サラリーマン社長の場合は、一般企業に入社して優秀な成績を収め、カリスマ性を発揮することで、その他の従業員からの支持・株主の同意を得ることで社長の座に登り詰めることができます。

社長の1日

社長のある一日について紹介します。

5:30 新聞とネットニュースに目を通す
社会情勢や業界の動きを知るために情報収集は欠かせません。

6:00 出社
運転手が迎えにきて出社します。

9:00 経営会議
役員たちと近況報告や今後の方針について話し合います。

10:00 銀行と打ち合わせ
銀行には近況報告や融資の継続依頼を行います。

12:00 ランチミーティング
リーダークラスの社員とは定期的にランチをし、業務状況などをヒアリングします。

13:00 デスクワーク
各部署から集まる稟議書に目を通し、決裁を行います。

14:30 来客対応
取引先の来客に対応します。

16:00 人材採用に向けた会議
人事部のセッティングにより、来年度の人材採用に向けた会議に出席。

17:30 社内を見回る
定時前は社内で仕事をする社員も多いため、社内を見回って様子を確認します。時には普段接点がない社員に話しかけることも。

18:00 セミナー出席
経営者向けセミナーへ出かけます。勉強だけではなく、他の社長との交流は欠かせません。

21:00 会食
取引先との会食も仕事の内です。年末や期末には毎晩のように会食が続くこともあります。

社長になるには

起業するか出世するかの2択

社長になるには、自らが「起業する」か「一般企業で出世して社長になる」パターンの2種類が考えられます。

前者の場合、従業員を雇わず、自分一人だけで会社を経営することもできます。

後者の場合、最初は周りと同じスタートからですが、実績や昇進を積み重ね、社長のポストを争うことになるため、さまざまな経験や実績が求められるでしょう。

少なくとも10年以上、人によっては定年近くなって社長になることもありますが、ベンチャー企業では、実力によっては20代でも子会社の社長を任されるような人もいます。

社長の学校・学費

大手上場企業の場合は高学歴が目立つ

大手上場企業の場合は、入社してくる社員自体が高学歴のことが多いため、社長に選ばれる人材も高学歴であることが多いです。

企業によっては未だに学閥が存在するところもあり、現社長や役員と同じ大学の出身だと選ばれやすいという場合もあります。

中小企業の場合は、ある程度の学歴があった方が良いですが、実績やカリスマ性などの方が大切になるようです。

自分で起業する場合、学歴は関係なく、中卒や高卒でもやる気さえあれば会社を経営することはできます。

社長の資格・試験の難易度

社長になるための資格は特にない

社長になるために特別に必要になる資格はありません。

ただし、社長になる人は営業成績が良いだけではなく、会社の財務についてもきちんと理解し、会社の財務担当や銀行とも対等に話ができなければいけません。

会社にとって一番怖いのは、無理な経営で赤字を出し、資金繰りが悪化し倒産を招くことです。

そのため、簿記の資格を取っておくと会社の財務状況やキャッシュフローも理解できて、資金繰り悪化を前もって防ぐことができるでしょう。

社長の給料・年収

会社の規模や利益体質により異なる

社長は一般の従業員とは異なり、「役員報酬」と呼ばれる給与を受け取ることができます。

役員報酬の額は、社長が自分で自由に決めるわけではなく、基本的に株主総会や取締役会などで決議されて定められます。

一部の上場企業の役員報酬は億単位にもなりますが、中小企業であれば1000万円以下、500万円程度であることも珍しくはありません。

一般的に、会社の利益が大きくなればなるほど、社長も高い役員報酬を得られるようになります。社長は一般の従業員とは異なり、「役員報酬」と呼ばれる給与を受け取ります。

役員報酬の額は、社長が自分で自由に決めるわけではなく、基本的に株主総会や取締役会などで決議されて定められます。

一部の上場企業の役員報酬は億単位にもなりますが、中小企業であれば500万円程度であることも珍しくはありません。

一般的に、会社の利益が大きくなればなるほど、社長も高い役員報酬を受け取ることができますが、業績が悪ければ責任をとって報酬が減ることもあります。

社長のやりがい、楽しさ

難しい取引を成功させ会社が繁栄

基本的な取引先との交渉は営業担当が行いますが、難しい内容の取引交渉は社長自らが行うことが多く、企業のトップ同士が腹を割って話し合うことで取引が成立することも多々あります。

新しいプロジェクトが動くことは、会社にとって新しい歴史を踏み出すことになり、利益が増えたり、新しい販路が広がったり、会社が繁栄していくことを間近で見ることができます。

このように社長にしかできない難しい取引をまとめていくことが社長のやりがいといえるでしょう。

社長のつらいこと、大変なこと

責任を問われると辞任の可能性も

株主にとっては会社の業績などにより株価が下落することが一番の懸念事項なので、安定した経営を社長には求めます。

企業の利益が思うように得られず赤字に転落したり、不祥事が起きたりした場合には株主総会の決定により社長を辞任させられることもあります。

それだけ社長は責任を持って会社経営をする必要がありますし、不祥事が起きないように目を光らせておかなければいけません。

とは言っても多忙な社長にとって、すべてを把握することは難しいので、信頼おける人材を適材適所に配置し、自分の代わりに管理してもらう必要があります。

社長に向いている人・適性

メンタルが強く責任感がある人

社長になる人材は、入社時から営業成績などで常にトップで居続けられるような人でないとなれないので、メンタルが強いというのが第一条件といえるでしょう。

また、社長は自らのことだけを考えるのではなく、従業員や従業員家族の人生を背負っていることになるので、安定して企業経営することを求められます。

毎年安定した利益が出せるような企業体質にして、従業員をリストラしたり給与を減らしたりすることがないようにという責任感が強くなければいけません。

社長志望動機・目指すきっかけ

自分の意思で事業を進めたい

起業して社長になる場合は、自らの考えや意思で思い通りの経営ができるので、やりたいことがあり人に指図されたくない人にとっては一番自分が働きやすくなる環境です。

従って、社会で成し遂げたい目標があり人の上に立ちたいという思いは、起業して社長になりたいと思う動機になります。

一般企業で社長を目指す場合は、株主やその他社員の意思もあり、なかなか自分の意思だけで事業を進めることはできませんが、影響力は強くなるので、社長になれば自分の意見も言いやすくなります。

社長の雇用形態・働き方

残業の概念はなし

社長は経営者として常に会社のことを考えることになり、残業などという概念もなく、やることがあれば何時間でも働く必要があります。

逆に休もうと思えばいつでも休めますが、自分が休んだことによりトラブルが発生したり、取引が上手く行かなくなったりした場合は、経営や役員報酬に響くので、なかなか気が休まることはありません。

社長の責任はそれだけ重く、プライベートはほとんどなくなるので、仕事が好きな人でないと社長を続けるのは難しいです。

社長の勤務時間・休日・生活

企業の休みに準ずるが接待も多い

社長はやることがあれば何時間でも仕事をしなくてはいけませんが、基本的には勤務時間や休日は企業の休みに準ずることになります。

ただし、大手企業になるほど業務後は会食で土日はゴルフなど取引先との接待も多く、なかなか休みらしい休みを取ることはできません。

中小企業の場合、接待は大企業ほどではありませんが、セミナーや経営者交流会などに参加する場合は忙しくなります。

社長就任中は不規則な生活になるので、健康管理には十分気をつけなければいけません。

社長の求人・就職状況・需要

起業以外で未経験での転職は難しい

サラリーマン社長になるのは、経験を重ねる必要があり、競争率も高いので一部ベンチャー企業を除いては未経験の求人は少ないです。

一般的には、ひとつの企業で昇進を重ねた人が最終的に社長のポストを狙うことになるので、新卒から「絶対に社長になる」という野望を持って何年も仕事に邁進し続ける必要があります。

起業の場合はアイディア・やる気・初期費用さえあれば誰でも社長になれるので、未経験であってもチャレンジすることは可能です。

社長の転職状況・未経験採用

経験者はヘッドハンティングも

一般企業の社長は、長くその企業に在籍して、就任後は任期終了までその会社で働くイメージが強いかもしれません。

しかし、社長の転職は意外と多く、ヘッドハンティングされて他の会社へ移るということも多いです。

特に経営が悪化している状況から大きく建て直したり、カリスマ性のある交渉力が評判だったりする場合は好条件で転職を進められる可能性もあります。

ヘッドハンティングの場合は報酬や条件も良くなるので、一つの企業にこだわらずより経営者としての才能発揮できる場所に移りキャリアアップするのも楽しいです。

社長の現状と将来性・今後の見通し

起業のハードルは下がり社長は増える

現代の日本では、昔に比べて「起業」のハードルは昔よりも下がっていますが、いざ起業をして社長になっても、厳しい競争社会で会社を存続させるのは簡単なことではありません。

企業は経営を安定して、毎年利益を積み上げる必要があるので、常にアンテナを高くし、新しい取引を始めたり、不採算のものは切り捨てたり企業の成長を止めてはいけないのです。

また、社長には大きな責任や覚悟が求められるため、何のために社長でいるのか、自分の確固たる信念を持つことが大切です。