1分でわかる「生産管理」

仕事内容
生産管理は、製造業など「ものづくり」を行う企業において、販売計画に基づいて、製品の生産から出荷にいたるまでの体制を考え、管理する仕事です。具体的な業務内容は、生産計画の立案、原材料の発注先決定、価格交渉、納期・在庫管理、生産工程管理など多岐にわたります。社内外の関係者との調整役を務めることも多く、生産工程の全体を見る目が必要とされ、いわば生産現場の「舵取り役」や「指揮官」となって活躍します。
なるには
生産管理は、アパレル、自動車、精密機器、化粧品といった、さまざまな「ものづくり」を行う会社で活躍できる仕事です。メーカーにとって不可欠な「生産」を管理・コントロールする職種であり、需要の大きな仕事です。高校や大学などの学校卒業後、最初から生産管理部門に配属されて働く人もいますが、なかには工場での製造経験を積んでから生産管理になる人、また設計の仕事から生産管理になるような人もいます。生産管理は、ものづくりの全体像を見なくてはならない職種であるため、ある程度の経験を積んだ人が、この仕事に就くこともあるようです。
給料
生産管理の平均年収は、400万円~500万円程度がボリュームゾーンとなっているとされ、一般的な会社員の平均年収と、大きく変わるものではありません。他の職種と同様、一般的には、大手企業に勤めるほうが給与水準は高いとされています。なお、生産管理の仕事では、製造工程はもちろん、原材料やお金の動き、品質管理、在庫管理といった多様な専門知識が必要とされるため、生産管理業務の経験がある人は、転職の際に比較的良い待遇で採用されることもあるようです。
将来性
質の高い製品・サービスを、より低いコストで、納期通りに安定的に生産し続けるためには、生産管理による工場のコントロールが欠かせません。生産管理は、会社の利益を確保する重要な役目を担っているといえ、多くの企業において求められている職種です。なお、近年は生産管理の仕事でもシステムなどITの導入が進んでいるため、ITを適切に扱うスキル、さらに生産拠点を海外へ移す企業も増えていることから、高い語学力があるとさらに活躍できるでしょう。