1分でわかる「生産技術」

仕事内容
「生産技術」とは職種のひとつであり、おもに製造業において製品や部品を効率的に量産するための生産体制を築く仕事です。「生産ライン」と呼ばれる、材料から製品が完成するまでの一連の流れの設計や管理を担当し、生産ラインの設計や改良、新規設備の導入や既存設備の改良、生産工程の課題の検出などに携わります。その会社の製品が、品質を保ちつつ、コストを下げ、さらに短期間で量産できるような体制を築き上げることが、生産技術の役割です。
なるには
生産技術は、化学メーカー、化粧品メーカー、自動車メーカー、医療機器メーカーなど、さまざまなメーカーを中心に活躍することができます。新卒では「生産技術職」という枠で募集されることもあれば、「技術職」や「技術系総合職」として採用された人が生産技術に配属されることもあります。基本的に理系の仕事となりますが、なかには文系出身者や未経験者を採用する会社もあります。「化学系」「機械工学系」「電気工学系」などの大学・学部で学んでいると、就職先の選択肢が広がるでしょう。
給料
生産技術の平均年収は、300万円~500万円がボリュームゾーンとされています。一般的な会社員の年収と比べて飛びぬけて高い収入が得られる仕事とは言い難いですが、経験を積むことで昇給し、年収500万円以上を得ている人もそれなりにいるようです。残業や休日出勤が多い職場では、それらの手当が付くかどうかでも収入が変わってきます。管理職や工場の責任者へ出世することによって、収入を大きくアップさせることも可能です。
将来性
生産技術は、設計に関する知識と、製造コストや調達といった経営的な考え方の両方を求められる仕事であり、生産ラインをマネジメントする重要な役目を担っています。「品質のよいものを安く、速く、量産するためにはどうすべきか?」といった、メーカーにとって最重要ともいえる課題に中心的に取り組む立場であるため、優秀な生産技術はどのメーカーでも必要とされています。経験を積むことで、生産管理や技術管理といった別のポジションや、マネジメントの道に進むことも可能です。