営業事務の給料・年収

平均年収

営業事務の平均年収は、200万円~400万円程度がボリュームゾーンといわれています。

ただし、給与額は勤務先となる企業や経験、年齢等によっても異なり、これよりも多くの年収を得ている人もいます。

とはいえ、400万円以上を安定して稼げる人はそこまで多くないようです。

営業事務は、事務職の中では比較的高めの給与水準とされていますが、20代など若い人が多く活躍していることや、正社員以外に契約社員や派遣社員などの形で働いている人もいるため、平均年収としてはさほど高くない数字になっているのかもしれません。

実力や成果に応じて昇給も見込めますが、あくまでも営業のサポート役としての仕事を行うため、大幅な収入アップは難しいのが実情のようです。

残業代が付くかどうか

営業事務の収入を考えるときには、残業代が付くかどうかもよく見ておくことが大切です。

というのも、営業事務は営業担当者やお客さまの都合に合わせて仕事を進めるため、正社員で働く場合、どうしても残業が多くなりがちといわれているためです。

場合によっては夜遅くまで仕事をすることもありますが、その際に残業代が全額加算されるのかのか、それとも「みなし」のような形で一定時間までは基本給に含まれているのかどうかによって、精神的な負担もだいぶ変わってくるでしょう。

一方、給料が低い代わりに残業がほとんどないという職場もあります。

収入アップのためには

営業事務として働いている人のなかでも、営業アシスタント的な仕事を兼務している場合、一般的な事務職の人よりも多くの収入を得られることもあるようです。

営業アシスタントは、営業と同じようにアポ取りを行ったり、場合によっては営業の代わりにアポに出向いたりすることもあります。

オフィスワークに加え、こうした営業活動の一部まで担う場合、成果に応じてインセンティブが支給されるケースがあります。

営業事務でも頑張った分だけ収入を増やしたいという人には、このような仕事まで任され、評価される職場を選ぶとよいでしょう。