このサイトは人事を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「人事」

仕事内容
人事はおもに、さまざまな企業の「人事部」や「総務部」で働いています。企業活動をするうえで不可欠な「人材」の採用や評価、教育、昇進・昇格、労務管理などに関わるため、あらゆる組織でその役割を持った人が活躍しています。ただし、大手企業のように「人事部」をひとつの部門として設置しているところもあれば、小規模の組織では経営者自らが人事に携わっているようなケースもあります。人事の特徴は、経営に近い立場で仕事をすることです。組織発展を目的に、経営計画に基づいて優秀な人材を採用し、その人たちが活躍しやすい環境づくりや、安心して働ける環境づくりを行うことをミッションとしています。
なるには
人事は、あらゆる業界の企業が就職先の候補となりうる職種ですが、すべての企業が常に募集をかけているとは限りません。新卒採用では「総合職」として一括採用を行い、本人の希望や適性によって、人事の仕事に配属されることもよくあります。ただし、人事は大企業であってもそこまで多くの人員を配置しないため、枠が空かなければ当然、人事に配属はされません。中途採用の場合、人事として求人を出している企業も見られますが、経験者限定で即戦力としての活躍が期待されるケースが多いようです。
給料
人事の給料は、勤務先となる企業の規模や経験、年齢などによって異なりますが、平均年収は450万円程度といわれています。20代の若手から40代以上のベテランまで幅広い年齢層の人が活躍している仕事であり、全体的に飛びぬけて高い給料がもらえるわけではありませんが、管理職にまで昇進してマネジメントに携わるようになると、年収1000万円以上を得ている人もいます。一般的に、規模が大きな組織のほうが給与は高めとなっているようですが、経験豊富な人はかなりの好待遇で働いていることもあります。
将来性
人事はあらゆる企業で必要とされる職種であり、今後もこの仕事がなくなることは考えにくいです。しかし、人事ピンポイントでの求人はそこまで多いわけではないため、どうしても人事の仕事に就きたい場合、適性や熱意を明確にアピールすることが必要になってくるでしょう。また、近年はどの企業も厳しい競争社会で生き残るために、人事にもビジネスや経営戦略に対する知識を求め、戦略的人事を行なおうとする傾向にあります。経験を積み、プロフェッショナルを目指すことで飛躍が期待できます。