「医療事務」とは

医療事務_画像

病院の受付窓口業務や診療報酬明細書を作成する、医療現場における事務のスペシャリスト。

医療事務は、病院や診療所において、医療に関わる事務全般を処理する仕事です。

医療事務の仕事には、「受付窓口業務」、「レセプト作成業務」などがあります。

受付窓口業務は、保険証や診察券の確認、診察料の徴収などを行います。

レセプトとは、診療報酬明細書のことで、レセプト作成とは患者の医療費を計算する作業です。

資格は所持していなくても働くことはできますが、レセプト作成にはある程度専門的な知識が求められるため、資格があると働く際に有利になることがあります。

医療事務の民間資格として有名なのは、「医療事務技能審査試験」と「診療報酬請求事務能力認定試験」です。

医療事務の待遇は、一般的な事務職とあまり変わりありませんが、派遣やパートなど多様な働き方が可能です。

「医療事務」の仕事紹介

医療事務の仕事内容

病院で医療費の計算や事務全般を担う

医療事務は、病院や診療所で事務全般を担当する仕事です。

医療に関する専門的な知識が求められるため、同じ事務の仕事でも、一般事務とは別に「医療事務」という呼ばれ方をします。

医療事務は、診察券の確認や診察料の徴収といった受付窓口業務をはじめ、「レセプト」と呼ばれる診療報酬明細書の作成、また入院施設を備えている病院においては、入院する患者さんと医師、看護師とのつなぎ役となる「病棟クラーク業務」なども行います。

とくに医療費の計算をするレセプト作成業務は、医療事務の仕事のうち最も専門知識を要します。

一方、事務といってもデスクワークだけではなく、受付窓口などで患者さんと接する機会も多いため、思いやりの心や責任感、コミュニケーション能力も求められます。

医療事務の就職先・活躍の場

日本全国の病院・クリニックで活躍できる

医療事務のおもな就職先は病院やクリニックです。

病院やクリニックといっても、入院施設を備えた総合病院から個人経営のクリニックまで、その規模や種類はさまざまです。

日本全国で活躍できる仕事ですが、医療事務の有資格者は増えており、勤務条件がよいところは競争率が高くなっています。

病院によっては実務経験者のみを採用しているため、まずは派遣会社に登録して派遣社員として経験を積んだり、アルバイト・パートから正社員への道を探す人もいます。

医療事務の1日

病院の受付時間に準じて勤務をする

医療事務の1日は、雇用形態や勤務先によっても異なりますが、基本的に勤務時間は病院の受付時間に準じます。

残業は基本的にありませんが、レセプト作成業務が立て込む時期は、残って仕事を片付けることもあります。

<医療事務の1日>
8:00 出勤・制服に着替え、院内や入口を清掃
8:30 受付開始・患者さんの診察券や保険証を確認
9:00 午前の診療開始・カルテ入力や会計業務
12:30 ほかのスタッフと交代で昼休み
14:00 午後の診療開始・受付や会計業務
17:30 診察終了・レセプト業務
18:30 院内を片付け、退勤

医療事務になるには

業務に関連する資格を持っていると有利に

医療事務は、特別な資格や学歴が必要な仕事ではありません。

ただし、専門的な知識を必要とする業務もあるため、「医療事務技能審査試験」や「診療報酬請求事務能力認定試験」といった民間資格を持っていると、就職・転職の際に有利になることが多いようです。

これらの資格試験の勉強は専門学校やスクールに通うほか、通信講座で行うことも可能です。

まずはアルバイト・パートや派遣社員などとして働き始め、正社員を目指す人もいます。

医療事務の学校・学費

たくさんのスクールや資格講座がある

医療事務として働くために、必ず通わなくてはならない学校はありません。

学歴もあまり問われませんが、大学病院など大規模な病院では、大卒以上が条件になることがあります。

この仕事では、医療事務の民間資格取得を目指して勉強し、基礎的な知識を身につけていると就職や転職時に有利になります。

医療事務のスクールはたくさんあり、通学して学ぶものはもちろん、通信講座で自宅で学べるものもあります。

学費は安いもので2~3万円程度ですが、目指す資格によっては5万円~10万円程度のものも多くあるようです。

医療事務の資格・試験の難易度

複数の民間資格が存在している

医療事務には国家資格が存在しないため、特別な資格がを持っていなくても仕事をすることができます。

ただし、レセプト作成など専門性の高い業務もあるため、民間団体が認定する医療事務の資格を取得することで、身につけた知識を業務に役立たせたり、スキルを証明しやすくなります。

このような医療事務の資格は、試験内容が医療事務の業務全般をカバーするものもあれば、ある分野に特化しているものもあり、難易度もまちまちです。

難しい試験では、合格率30%程度となっているものもあります。

医療事務の給料・年収

安定した給料を望むなら正社員を目指す

医療事務は正社員だけでなく、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトなど、さまざまな雇用形態で働く人がいます。

そのうち給料や待遇がよいのは正社員で、平均年収は300万円~400万円程度がボリュームゾーンとなるでしょう。

時給制で働く場合、時給800円~1300円程度におさまる人が多いようですが、地域によっても随分と差があるため一概には言えません。

全体的に、個人経営の病院よりも大きな病院のほうが、給与水準や待遇はよい傾向にあります。

医療事務のやりがい、楽しさ

医療関係者の一員として人の役に立てる

医療事務は、医師や看護師とは異なり診療行為に携わることはできませんが、医療関係者の一員として、病院やクリニックの円滑な経営を支えていくことができる仕事です。

困っている人や苦しんでいる人の役に立ちながら、社会的に意義ある仕事だと感じることができるでしょう。

また、正社員としての勤務はもちろん、結婚や出産後もアルバイト・パート・派遣社員など無理のない形で、女性が長く続けていきやすい仕事であることも魅力のひとつです。

医療事務のつらいこと、大変なこと

業務内容が幅広く、覚えることも多い

医療事務は、受付以外に診療費の計算、会計、処方せん窓口、カルテ管理、入退院受付、病棟クラーク、その他の庶務的業務など多岐にわたる業務をこなさなくてはならず、最初は覚えることがたくさんあります。

また、病気やケガを抱える患者さんのデリケートな気持ちに寄り添わなくてはならない場面も出てきます。

つねに忙しい医療現場で、「ミスしてはならない」という緊張感を抱えながら働くことは、この仕事の大変な一面だといえます。

医療事務に向いている人・適性

地道な作業も人間関係も大事にできる人

医療事務のメイン業務である「レセプト作成」では、決められた期日までに正確な書類作成を行う必要があります。

その作業では内容に不備や間違いがないようにしなくてはならないため、細かな作業を苦にせず、物事を慎重かつスピーディーに進められる人に向いています。

また、この仕事では多岐にわたる業務を担当ことから広い視野が求められると同時に、他のスタッフとの連携も重要になるため、コミュニケーションを大事にできる人も向いています。

医療事務志望動機・目指すきっかけ

「手に職をつけたい」と考える人が多い

医療事務は、目指す人の大半が女性であるといわれています。

未経験からでも資格スクールの講座などを利用して資格取得を目指すことができ、その資格を生かして就職・転職しやすいことが、この仕事が人気となっている理由のひとつです。

医療事務の資格やスキル、経験がある人はどのような病院・クリニックでも歓迎され、再就職もしやすいという魅力があります。

そのため、結婚や出産後も短時間勤務などで無理なく働きたいと考える人たちが、この仕事を目指すケースもよくあります。

医療事務の雇用形態・働き方

多様な雇用形態で働ける仕事

医療事務は、さまざまな雇用形態で働くことができます。

正社員として病院・クリニックに就職する人もいますが、派遣社員、あるいはアルバイト・パートなどの働き方も可能です。

さまざまな雇用形態での求人が出ているため、フルタイムでバリバリと働くこともできれば、一方では家事や育児をしながらも自分のペースで仕事を続けるなど、ライフスタイルや希望に合った働き方がしやすい職業だといえます。

いずれの雇用形態でも、医療事務の資格や経験がある人は有利になります。

医療事務の勤務時間・休日・生活

雇用形態によって勤務スタイルはさまざま

医療事務として正社員やフルタイムで働く場合の勤務時間や休日は、勤務先となる病院・クリニックの診察時間や休診日に準じます。

診療時間が長いところでは何人もの医療事務がおり、「早番・遅番」といったシフト制勤務になっていたり、交代で休みをとったりしています。

1日の実働は7.5時間~8時間程度、週休2日程度が基本となるでしょう。

ただし、アルバイト・パート、派遣社員として、決められた日数や短時間だけ働く人も多くいます。

医療事務の求人・就職状況・需要

病院・クリニックが増え、需要も増大している

高齢化社会が続くなかで病院やクリニックの数は増加しているとされ、医療事務の需要も増しています。

人の生活に医療は欠かせないものであるため、医療事務も日本全国で活躍できるチャンスがあります。

雇用形態もさまざまであるため、自分のライフスタイルに応じた働き方を実現させやすい仕事です。

ただし経験者が優遇されやすいため、より良い条件で就職するには、スクールや通信講座などを利用して医療事務について学んでおくとよいでしょう。

医療事務の転職状況・未経験採用

未経験であれば資格取得を視野に入れる

医療事務の求人募集は年間を通じて多く出ていますが、病院やクリニックの多くは即戦力となれる経験者を採用したいと考えるようです。

未経験からこの仕事をスタートする場合には、基礎的なパソコンスキルをしっかりと身につけておいたリ、医療事務に関連する民間資格を取得しておくほうが転職しやすいでしょう。

ただし、最近は有資格者が増えているため、待遇や給料のよい大手の病院は、資格を持っていても競争が厳しくなることも考えられます。

医療事務の現状と将来性・今後の見通し

高齢化社会により、活躍の場が広がっている

医療事務が人気を集めている理由のひとつは、スキルを生かして女性が長く働けるという点にあるようです。

結婚・出産を機に仕事を辞めても再就職しやすく、パートやアルバイトとしても働き口が多いというメリットがあります。

病院や診療所、介護施設まで活躍の場は広く、少子高齢化により保健医療分野へ注目が集まっていることから、今後も医療事務のニーズは高まっていくものと思われます。

最近は医療現場でも業務のIT化が進んでいるため、とくにコンピュータに強い人材の活躍できる機会が増えています。