このサイトはスーパーバイザーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「スーパーバイザー」

仕事内容
スーパーバイザーは、スーパーやコンビニエンスストアなどの小売店、飲食店、コールセンターなどにおいて、事業を成功させるために監督・管理やスタッフの統括などを行う仕事です。小売店では複数の担当店舗を巡回し、売上や商品構成、商品の陳列方法、在庫管理、スタッフ教育といった店舗運営のあらゆる面に関して指導を行うと同時に、本部(本社)からの連絡事項を店舗に伝えていきます。コールセンターでは、オペレータースタッフへの業務指導や研修、フォローアップなどをおもに担当します。
なるには
スーパーバイザーになるにあたって、必ず求められる資格などはありません。特別な学校を出ていなければなれないわけでもありませんが、現場について広く理解している必要があるため、まずは現場を経験してから店長やリーダーに昇格し、その後、能力や適性が認められるとスーパーバイザーになるケースが一般的です。「マーケティングスキル」「マネジメントスキル」「リーダーシップ」など、さまざまなスキルが必要とされる仕事です。
給料
スーパーバイザーの給料は、働く会社や経験・年齢・能力などによって変わってきますが、平均年収500万円~600万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。スーパーバイザーは、それまでに販売職など現場での勤務を経験している人がほとんどであるため、同じ会社でもスーパーバイザーに昇格することによって給与はアップします。会社によっては「成果給」が導入されており、売上アップに貢献することで、インセンティブがつきます。
将来性
多くの人が活躍するコンビニやアパレル企業などでは、スーパーバイザーは会社の売上や利益を左右する重要なポジションとして位置付けられています。能力や適性があると認められた人だけがこの仕事に就くことができ、どの企業でも、実力のあるスーパーバイザーを欲しています。ただし、勤務先によっては多忙かつ不規則な勤務時間になり、体力を要するため、できるだけ若いうちに経験を積み、その先のキャリアを考えていくことも必要になるでしょう。