このサイトは営業を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「営業」

仕事内容
営業は、メーカーや商社、金融会社、保険会社、不動産会社といったさまざまな業界の企業で、自社の商品やサービスを個人や法人のお客さまに提案し、購入してもらうことで利益を生み出す仕事です。電話、メール、訪問といった方法でお客さまと直接コンタクトをとり、ヒアリングによって相手のニーズや抱えている課題などを把握したうえで、適切なアプローチによって受注に結びつけていく必要があります。なお、営業は具体的な業務内容などによって「海外営業」「国内営業」「ルート営業」「新規開拓営業」「カウンターセールス」など、さまざまな種類に分けることができます。
なるには
営業は、なるために特別な資格が求められる仕事ではありません。あらゆる業界で営業職を募集しているため、志望する企業の就職試験を受けることが営業として働くための第一歩となります。業界によっては専門知識が問われることもありますが、入社後に学べる仕組みを整えている企業も多いです。また、大手や有名企業の場合は大卒以上の学歴が求められることもある一方、熱意と魅力的な人間性、営業としての適性があれば、高卒などでも営業として就職することは可能です。
給料
営業の給与は、勤務先となる企業の規模や勤続年数、役職、年齢などによってだいぶ異なります。平均年収は460万円程度とされていますが、営業は日々の受注や売上目標が「ノルマ」という形で設定されることが一般的で、より高い目標を達成した人はインセンティブという形で、成果に応じた金額がプラスして支払われるケースが多くなっています。そのため、個人によってだいぶ収入には差が出ており、若くてもかなり高額な収入を稼いでいる人もいます。ボーナスに関しては、必ず定期的に支給される企業もあれば、会社や個人の売上状況によって支給有無が決まるという企業もあります。
将来性
ITの進歩により、営業プロセスにおいても効率化、自動化の流れが進んでいます。しかし、営業の基本はコミュニケーションであり、顧客との信頼関係であるため、「人」で成り立つ営業の仕事が一切なくなる、あるいは大きく減ることは考えにくいのも事実です。営業職を求める企業はたいへん多くあり、何よりも熱意が最重視されるケースも珍しくないため、本気で就・転職を考える人にはチャンスも大きいといえるでしょう。キャリアを積めば管理職としてマネジメントに携わることも可能です。