インテリアコーディネーターの仕事内容

お客さまにとってベストな提案を

インテリアコーディネーターは、住宅や店舗、オフィス、公共施設などのインテリアを依頼主からのオーダーに応じて、アドバイスをする仕事です。

インテリアコーディネーターは、インテリアについて深い知識を持っています。照明器具の種類や機能性、壁紙の材質、キッチンなど設備に関することなどなど…。とても幅広い知識を有しているインテリアコーディネーターも少なくありません。

しかし、インテリアコーディネーターは家電量販店などの販売員とは異なり、あくまでも「お客さまの希望を聞いてコーディネートする」ことが仕事です。

たとえば年配のご夫婦が二人で暮らす場合と、小さなお子さんがいるファミリーでは、インテリアに求めるものも違います。また、ナチュラルな雰囲気が好きなのか、モダンな雰囲気が良いのかなど、同じ家族構成であっても、お客さまの好みは千差万別。

自分が売りたいものではなく、お客さまにとってベストなものを探すお手伝いをするのが、インテリアコーディネーターの仕事なのです。

仕事の範囲

同じインテリアコーディネーターでも、働く場所によってその仕事範囲はだいぶ異なります。たとえば、住宅設備のメーカーに勤める場合は自社の商品について深く正確な知識を持ち、主に自社製品を使った部屋のコーディネートを考えます。

また、分譲住宅を扱う不動産会社ではモデルルームのコーディネートをしますし、二級建築士の資格を持つフリーのインテリアコーディネーターの場合、自分で平面図まで書くこともあります。

住宅のインテリアを担当する場合、まずはどのような雰囲気にしたいかということや家族構成、予算などをヒアリングし、それらの情報を基に、内装の壁紙や家具、照明、小物などを組み合わせ、依頼主の要望に合った居住空間をアドバイスします。

単に見た目が良いというだけではなく、住む人のライフスタイルを考えて、住みやすい空間を提案することが大切です。

コーディネートするのは住宅だけではない

インテリアコーディネーターが関わるのは、なにも「住宅」に限ったことではありません。オフィスや商業施設、公共施設など、あらゆる建築物のインテリアについてコーディネートする機会があります。

また、もともと設計や建築とインテリアは密接な関係にあるため、ハッキリと「ここまでがインテリアコーディネーターの仕事」と割り切れない部分も多いのです。この仕事では、インテリアのみならず、建築や設計、施工に関する知識が必要な場面も出てくると言えます。