インテリアコーディネーターへの転職、中途採用

人気が高まっている職業

インテリアコーディネーターは、「カッコイイ、オシャレ、洗練されている」といったイメージがあることから、若い世代の人たちが憧れを抱く職業の一つとなっているようです。

さらに、最近では「北欧系」「モダン系」といったような多様なインテリアの特集がメディアで取り上げられるようになり、幅広い年代の人々がインテリアに親しむようになっています。

自分だけの感性やアイディアをフルに活用したクリエイティブな仕事ができるという点でも、注目されている職業といってもよいのではないでしょうか。

こうした人気の高まりのなかで、それまで全く違う仕事をしていた人が「好きなことを仕事にしたい」という理由で、インテリアコーディネーターへの転職をめざす機会も増えているようです。

未経験者が転職するための道筋

それでは、全くの未経験者がインテリアコーディネーターへの転職を目指す場合、どのようにすればよいのでしょうか?

まず、インテリアコーディネーターとして最低限の知識やセンスを身につけるために、資格の取得をめざすという道を選ぶ人は多いようです。

近年ではインテリアの専門学校も多く、こういった学校でじっくり基礎から学びながら資格の取得をめざします。

資格試験としては、社団法人インテリア産業協会が主催する「インテリアコーディネーター資格試験」があり、一次試験を合格した人だけが二次試験を受験することができます。

合格率は例年20%ほどで決して簡単な試験というわけではないので、転職をめざすのであればこの資格試験のために計画的に勉強することが大切でしょう。

「資格があれば大丈夫」ではない

もちろん、このようなインテリアコーディネーターの資格を取得することができても、それだけですぐに就職して現場で活躍できるわけではありません。

この仕事では、インテリアはもちろん建築や住宅業界に関する知識、またセンスも必要とされます。

他にも、営業力や交渉力など、現場で多くの案件を経験していく中でしか培われないこともたくさんあります。

インテリアコーディネーターは個々の実力が出やすい仕事ですし、継続して案件を任せてもらうためには、常にお客さまから頼ってもらえる存在でいなくてはなりません。

まさに経験と信頼こそが必要とされる仕事なのです。

幅広い経験を積みながら

転職をめざす場合は、まずなんとかして住宅業界に入り、インテリアコーディネーターに関連する業務を経験することから考えたほうがよいでしょう。

住宅メーカー、内装デザイン事務所、インテリアショップなど、活躍の場はさまざまあります。

しかし、正社員募集の場合は「経験者のみ」に限定する企業も多いです。

実力が身に付くまでは、アルバイトやパート、契約社員として働くことも頭に置いておいたほうがよいかもしれません。

なお、現場で経験を積むことと同時に、自分のスキルアップをめざして「建築士」や「インテリアプランナー」「CAD」など、住宅に関連するさまざまな資格の勉強をする人もいます。

ただ「インテリアが好き」という趣味の延長線のような気持ちを抱いているだけでは、なかなか転職して成功することが難しい仕事だといえます。