インテリアデザイナーへの転職・未経験採用はある?

インテリアデザイナーへの転職状況は?

インテリアデザイナーは、かなり転職者の多い職業です。

その理由としては、学歴や資格が不要であり、年齢制限も緩いために、転職するハードルが低いことや、業界全体で人手が足りておらず、未経験者でもアシスタントとして採用されやすいことなどが挙げられます。

また、インテリアデザイナーには、ショールーム販売スタッフやインテリアコーディネーター建築士など、関連性の深いほかの職業が複数あるという点も、転職者が多い大きな要因といえます。

これらの職種に就いている人は、インテリアデザインの仕事にある程度理解があり、共通した知識やスキルを備えているため、前職のキャリアを生かせるぶん、転職が成功しやすいようです。

近年は、個人・法人問わず、空間づくりにプロのクオリティを求めるケースが増えており、インテリアデザイナーの需要は右肩上がりです。

キャリアチェンジを契機として、有名デザイナーとして名を馳せるなど、大きく成功するチャンスを掴めるかもしれません。

インテリアデザイナーへの転職の志望動機で多いものは?

インテリアデザイナーに転職する志望動機で多いのは、自身のセンスを発揮したい、モノづくりを手掛けたいなど、クリエイティブな欲求に基づくものが目立ちます。

たとえばインテリアコーディネーターは、部屋に置く家具や雑貨のチョイスに自身のセンスが表れることはあっても、基本的に扱うのは既製品のみであり、家具そのものをゼロからつくるわけではありません。

このため、クリエイターとしての自身のセンスを全面に押し出したいと、工芸デザインなどを勉強してインテリアデザイナーに転身する人もよく見られます。

また、設計など建築系の仕事に就く人が、構造計算や法令確認などの無機的な仕事より、空間全体のディレクションといった自由度の高い仕事に惹かれて、インテリアデザイナーになるケースもあります。

インテリアデザイナーを目指す人は、給料や労働時間といった条件面ではなく、自分のやりたい仕事をするため、端的にいえば「自己実現」のために、転職するケースが多いようです。

インテリアデザイナーの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からインテリアデザイナーになるには

未経験・社会人からインテリアデザイナーになるにあたって、絶対に必要なプロセスというものはなく、いきなり転職することも可能です。

ただし、インテリアデザイナーには、家具や雑貨の知識、色彩などのデザイン知識、設計などの建築知識など、求められるものが多く、実務スキルを身につけるための修業期間も長めです。

このため、前職がそれらに関係している人や、美大、デザイン系専門学校出身者はまだしも、まったくの未経験者の場合は、できればどれか一つでも、転職する前に勉強しておいたほうがよいかもしれません。

そのための講座は、民間のスクールなどで多数開講されており、働きながらでも無理なく通える夜間や土日のコースもあります。

また、通信講座を利用して自宅で学習するという方法もあり、独学だけで合格できるレベルの認定資格もあります。

より有利な条件で転職するためにも、まずは自己研鑽を積むというステップを踏むことが望ましいでしょう。

インテリアデザイナーへの転職に必要な資格・有利な資格

インテリアデザイナーに必須となる資格はありませんが、もっておくと有利となる資格は複数あります。

最も代表的なのは、職業名そのものの「インテリアデザイナー」で、業務上必要となる基礎知識の習得に役立ちます。

試験は、郵送されてくる問題に自宅で解答して送り返すという在宅形式ですので、試験対策などが必要なく、気軽に受験できるという点でもおすすめです。

参考:日本デザインプランナー協会 インテリアデザイナー認定試験

また、インテリアデザイナーにとって、建築や設計に関する知識は重要ですので、「二級建築士」資格があると、非常に有利といえます。

ただ、こちらはインテリアデザイナー資格とは対照的に、かなり難易度の高い国家試験であり、しっかりとした受験対策が必要です。

建築士の仕事

そのほか、インテリアコーディネーターやインテリアプランナーカラーコーディネーター検定や色彩検定なども、履歴書に書ける資格として有力なアピール材料となるでしょう。

インテリアデザイナーに必要な資格は? 難易度はどれくらい?

インテリアデザイナーへの転職に役立つ職務経験は?

インテリアデザイナーへの転職に役立つ職務経験としては、まず設計業務に関するキャリアが挙げられます。

建物だけでなく、設備や工業製品なども含めて、なんらかの設計を手掛けるためにCADを扱った経験があれば、非常に役立ちます。

また、建築設計事務所やデザイン事務所では、住宅系やオフィス系、ショップ系、飲食店系、ホテル系など、ある程度専門分野や得意分野が定まっているケースが一般的です。

このため、手掛ける業務内容と同業界で働いた経験があると、商品知識や、各業界特有の事情に精通していること、あるいは前職で得られた人脈などが役に立つでしょう。

インテリアデザイナーの転職面接で気をつけるべきことは?

インテリアデザイナーの転職面接においては、できる限りキャリアプランを明確にし、将来の目標をはっきりと伝えることが大切です。

インテリアデザイナーは、かなり労働時間の長い職業であり、とくに新人や若手のうちは、慣れないせいもあって個々の作業が長引きがちで、深夜まで働かなければならないことも珍しくありません。

このため、過酷な労働環境を苦にして、見習いのうちに辞めてしまう人もかなり多く、半端な決意で働き続けることは困難です。

一度は選んだ仕事を辞めている転職者ならばなおさら、インテリアデザイナーを目指す気持ちが本物であることを証明するためにも、どんな夢があり、何を実現したいのか、面接官にきちんと示すべきです。

また、インテリアデザイナーは、独立してフリーランスとなったり、事務所を開業することも可能ですので、後々揉めないためにも、採用時点でキャリアについての認識を共有しておいたほうが無難です。

インテリアデザイナーに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

インテリアデザイナーは、覚えなければならないことが非常に多く、一通りの作業をこなせるようになるには、短くても5年以上、場合によっては10年かかることもあります。

また、インテリアデザイナーの仕事はハードであり、案件の納期直前には連日徹夜作業が続くなど、体力的にも精神的にも追い込まることもしばしばあります。

このため、気力も体力も充実している20代のうちに転職することが望ましく、30歳を境目として、徐々に働き口を見つけることは難しくなっていきます。

ただし、インテリアデザインに関連した何らかの職務経験があれば、30代以上でも採用される可能性は十分にあります。

なお、ある程度年齢を重ねてから転職するなら、中小の事務所よりも、人材を育成するシステムの整ってる大手のハウスメーカーなどのほうが、相対的にチャンスが大きいかもしれません。

未経験からインテリアデザイナーに転職する際の志望動機

未経験からインテリアデザイナーに転職する場合、その志望動機については、前職との比較を基に作成してみると書きやすいかもしれません。

両者の特徴を並べたうえで、前職ではできなかったことがインテリアデザイナーならば実現できる、という流れにすると、説得力のある動機となるでしょう。

また、そうすることで、前職でどんな業務を経験し、どんなスキルを培ったかについても面接官にアピールすることができますし、インテリアデザイナーの業務について理解していることの証明にもなります。

ただし、的外れな内容とならないよう、とくにインテリアデザイナーの仕事内容については、思い込みなどで語らず、しっかりと調査することが大切です。