インテリアコーディネーターになるには

インテリアコーディネーターになるために、絶対に必要な学歴や資格はありません。また、活躍の場は非常に多岐にわたり、インテリアコーディネーターとして働いている人の経歴もまちまちです。ここでは、いくつか代表的な「なるための方法」についてご紹介していきましょう。

資格をとって企業に就職

インテリアコーディネーターとして働く人の多くが、「インテリアコーディネーター」の資格を取得しています。これは絶対必要なものではないのですが、インテリア業界や住宅関連企業などに就職・転職をする際には、有利になることが多いと言われています。特に未経験の場合はなおさらです。

インテリアコーディネーター試験の難易度、合格率

資格を持っていることで、実際にインテリアコーディネーターになってからお客さまの信頼を得やすい、というのもポイントです。また、二級建築士の資格も取得しておくと、仕事の幅が広がるでしょう。

関連企業に就職する

新卒であれば、インテリアコーディネーターの資格を持っていなくても、インテリア業界に入りやすいと言えます。まずは関連企業に就職して営業などさまざまな仕事をこなし、経験を積んでいきながらインテリアコーディネーターの資格取得を目指す人もいるようです。

まず業界に入るか?資格を先にとるか?
この2つがインテリアコーディネーターになる方法のスタンダードだと言えるでしょう。

学校でインテリアについて学ぶべき?

大学や専門学校などでも、インテリアコーディネーターに必要な知識について専門的に学ぶことができます。インテリアコーディネーターとして活躍する人の中には、大学などで空間デザインや建築を専門に学んできた人も多いようです。

就職の際には特に学歴が求められない場合も多いですが、大手の住宅関連企業や家具メーカーなどでは、就職活動時に「四年制大学卒」を条件としている場合もあります。

就職について

インテリアコーディネーター養成のコースがある専門学校や一般の大学を卒業して、デザイン事務所や住宅メーカー、家具メーカーに就職し、社内で希望が通ればインテリアコーディネーターとして働くことができます。

インテリアコーディネーターの業務範囲は、企業によって異なるので、その会社に勤務するとどのような経験を積むことができるのかということを事前に調べておくことが必要です。

インテリアコーディネーターに求められること

インテリアコーディネーターは、センスの良い空間を提案する仕事であるので、美的感覚が優れていることが求められます。

依頼主が満足することが一番大切なことなので、要望を引き出すコミュニケーション能力や実際に住んだときのことを考えることができる想像力も大切です。

インテリアコーディネーターの今後の見通し

リフォーム市場の伸びや住空間をより良いものにしたいという意識が高まり、インテリアコーディネーターの需要が増えてきています。また、住居だけでなくオフィスや病院など、より快適な環境づくりを目指す施設が増えており、活躍の場が広がってきています。