不動産会社社員に特有の職種

不動産会社ではたくさんの人が働いていますが、そこでの職種は、大きく分けると「営業」「企画・開発」「管理」の3種類に分けることができます。

ここでは、それぞれについて詳しく紹介していきます。

営業

不動産会社の営業は、勤務先となる企業の事業内容などによって、いくつかの種類に分けられます。

一般的にイメージされる「不動産屋さん」で一般のお客さまに物件を案内する仕事は「仲介」と呼ばれており、その仕事に就く営業職の人は「売買仲介」や「賃貸仲介」といわれます。

ただし、同じ仲介でも売買と賃貸ではまったく仕事の進め方が変わってくるほか、売買のなかでも住居用と投資用、あるいは賃貸のなかでも住居用と事務所用の物件では業務上必要とされる知識などが変わってきます。

店舗へ来店されたお客さまに物件を案内するだけでなく、物件を持つオーナーさんとの折衝なども行います。

そのほか、マンションなどを売る「販売営業」の仕事、企業を顧客とした営業活動を行う「法人営業」の仕事などもあります。

企画・開発

いわゆる「デベロッパー」といわれる不動産会社で活躍する仕事です。

ビル、マンション、分譲住宅、市街地などの企画・開発を担当します。

具体的には、「どこにどのような建物を建てるのか?」という考えに基づき、土地の取得から企画、プロジェクトの推進、建物竣工、引き渡しまでの一連の作業に携わります。

不動産にまつわる幅広い法律の知識と同時に、ビジネスを創り出す力などが必要とされます。

管理

ビルやマンションといった建物の安全・安心な環境を保つために、日々メンテナンスや管理を行う仕事です。

そのほか、入居者のトラブルやクレーム対応、あるいは商業ビルやオフィスビルであればテナントの誘致、また建物が古くなってきた際の修繕工事の企画・実行なども行います。

大手不動産会社のグループなど、この管理事業だけを専門的に行っている不動産会社もあります。