映画配給会社社員に向いている人、適性

映画を多くの人に伝えていきたいと思える人

映画配給の仕事をするうえで大切なのは、まず「この映画作品を多くの人に伝えたい!」という情熱です。

そんな情熱を持つためには、自分自身、映画好きであることが大前提になるといえるでしょう。

実際、映画配給会社で働いている人たちは、仕事以外のところでもたくさんの映画を観てきていますし、新作の情報もチェックしています。

とくに現代社会では映画以外にも多種多様な娯楽があり、人々の価値観も多様化しているため、多くの人に映画を届けることは決して簡単な作業ではありません。

配給会社社員たちも日々アイデアを出し抜いて、「面白そう!」と振り向いてもらうための努力が必要になります。

こうした仕事をするためには、まず自分自身、映画が好きであることが大事です。

そのうえで「映画をたくさんの人々に観てもらいたい」という情熱を持っていられる人が、映画配給の仕事に向いているといえるでしょう。

映画をビジネスとして捉えられる人

映画配給の仕事では、作品の買い付けや作品を上映する劇場のブッキング、あるいは宣伝などの仕事で、さまざまな立場の人と接することになります。

そこでは「ビジネス」の要素が大きく絡むため、映画との付き合い方も、ただ趣味で映画鑑賞を楽しむといった時とはだいぶ変わってきます。

ビジネスとして、いかに自社にとって有利な条件で取引ができるか、といったことを毎日考えていかなくてはならないのです。

ただ「面白い」と思うだけでなく、ヒットしそうな映画を見極めていくような「客観的な視点」も必要になります。

そのため、娯楽としての映画が好きであるばかりでなく、ビジネスとして映画を扱うことに前向きになれる人であれば、映画配給会社社員としての適性があるといえます。

さらに、多様な人と接することが得意であり、交渉していく力を身につけていくと、映画配給の仕事を思いきり楽しむことができるでしょう。