医師の仕事内容

患者さんと向き合う「臨床医」

医師の仕事と聞いて多くの人が思い浮かべるのは、実際に患者さんに接し、病院で診察や治療を行う医者の姿ではないでしょうか。そのような医師は、いわゆる「臨床医」と呼ばれています。

臨床医の仕事は、まず患者さんを診察することから始まります。来院した患者さんから症状を聞きとり、心音を聴いたり体温を測ったり皮膚の状態を確認したりして、不調の原因を探ります。

診察で病名が特定できたときは、症状に合わせて注射や点滴、あるいは薬の処方をします。ただし、注射や点滴に関しては実際に行うのは看護師の役割ですし、薬に関しては実際に調剤するのは薬剤師の役割になります。

医師の役割は、症状を判断してこういった医療スタッフに的確な指示を出すことでもあります。

病名が特定できなかったときは精密検査を行うこともありますし、大きな病気の場合は手術が必要になることもあります。

精密検査や手術は設備の整った病院でしかできないことが多いので、地方の小さな病院ではなかなか難しいというのが現状です。こういった場合は、大学病院などの設備が整った病院に紹介状を書くこともあります。

大学病院などの大きな施設では、「内科」「外科」「耳鼻科」「眼科」「産婦人科」「小児科」…と細かく診察の分野が分かれていて各科で専門の医師が治療を行います。

一方、町の診療所などでは、さまざまな症状をもった患者が来るので、幅広い知識が必要となります。

医学の未来を切り開く「研究医」

もうひとつ、医師がしている大事な仕事が、研究者としての仕事です。

医学が発達した現代でも、まだまだ原因や治療法が確立されていない病気がたくさんあります。こうした病気を解明するために、大学や病院で研究を専門にしている医師のことを「研究医」と呼びます。

研究医は、日々、実験をしたりデータを収集したりしながら論文を作成しています。優れた発見をした場合は学会で発表したり学術誌に投稿したりして、大々的に世間に成果を発表します。

研究医の研究は、まさに人類の生活や未来を変えるようなものばかりです。臨床医も研究医も、非常に責任のある役割を果たしているのです。

医師の勤務先

勤務する施設ごとに医師数をみると病院が最も多く142,655人、次いで診療所の101,884人、介護老人保健施設の3,230人、その他11,130人となっています。

医師数_施設別_26

もう少し詳しくみると、20代〜40代までは病院や医療機関附属の病院(大学病院)が多く、40代以上は診療所の割合が増えています。これは40代以上となると自ら診療所を開業するためです。

なお、施設別の医師の平均年齢は、病院46.2歳、医療教育機関付属の病院38.7歳、診療所59.2歳となっています。

医師数_施設・年齢別_26

病院、大学病院、診療所で働く医師数の割合は、病院が最も多く49.4%、次いで診療所の35.3%、医育機関附属の病院(大学病院など)の18.1%となっています。

施設別の医師数の割合_26