医師の転職理由・転職事情

医師の転職事情

医師にはキャリアアップやスキルアップを求め、転職する人も少なくありません。

でも、「本当に転職していいのか」や、「転職してキャリアとして失敗しないか」など不安もあり、なかなか踏み出せないこともあるようです。

特に、出身大学の医局に籍を置く医師たちは、医局を離れてしまって大丈夫なのかというポイントも、不安に感じたり転職をためらう理由になるようです。

しかしながら、医師の転職自体は全くめずらしくなく、特に昨今増えている医師専門の転職エージェントなどがフルタイムの転職からアルバイト、派遣まで広くカバーし、医師のニーズに応える役割を担っています。

医師の転職理由

スキルアップしたいという業務の内容だけでなく、休日も24時間オンコールが対応あって休む暇がない、もっと自分や家族のために時間を使いたいといった時間的ゆとりを持ちたいといった理由なども転職を考える医師が挙げる理由に多く聞かれます。

またほかには、職場での人間関係に悩んでいる、勤務先と医療に関する考え方が合わないといった人間関係の悩みや、年収をもっと上げたいといった待遇改善の理由、ゆくゆくの独立開業を見据えてなど、転職したいと医師が考える理由は人によってさまざまです。

医師の転職はさほどめずらしくなく、何度も転職を重ねてスキルアップし、自分の経験値を積み上げていく医師も少なくありません。

転職理由は一般企業に勤めるサラリーマンなどと大差はないようにも見えますが、医師の転職は回数を重ねてもマイナスに受け取られないところなどが、異なる点ということができそうです。

医師のつらいこと・大変なこと・苦労

医師から異業種への転職

医師が活躍できる職場は意外と多く、公務員や大学・研究所などの研究者や職員などが挙げられます。

医師になるためには、6年制大学の医学科を卒業し、医師国家試験に合格する必要がありますが、その医学生たちを教えるのも多くは現役の医師や医師免許を持つ先生です。

また、医師免許を持った医学部専門の予備校の講師などもいますので、医師にとって教鞭をとる先生という職種は近しいものということができます。

また、大学や研究所などでは医師が、新たな治療法や知見、病態の解明について様々な分野の研究をしています。

他にも、医療機器メーカーや、製薬会社などで治験などに携わる研究職で働く医師も多くはありませんが存在します。

医師として病院やクリニックの臨床の現場で働く以外にも、医師免許を持つ人の就職の選択肢は広く開かれたものになっているといえます。

未経験者から医師への転職

社会人として企業などで勤務していた免許を持たない人が、医師に転職することは可能です。

しかしながら、そのためには長い道のりを歩まなければなりません。

異業種から医師に転職するといった場合、まずは医師の国家資格を取るため、通常は大学の医学部医学科に6年間通う必要があります。

大学を卒業、もしくは大学に一定期間在籍し、必要な単位を修得している人は、医学部に編入もしくは学士編入する道もあります。

具体的には4年制大学の卒業者や卒業見込者などが、教養課程を飛ばして編入学部の専門課程から学んでいける制度です。

たとえば、医師と歯科医師のダブルライセンスを持っている人は、学士編入で二つ目の大学に入学したケースも多いです。

学士編入は、医師を志す本人はもちろん、医学業界にとっても他業界の知識を有した医師を育成して世に貢献できるというメリットがあります。

実際、元々はさまざまなスキルを身に着けて、円熟した人間が医師を目指すのを奨励するアメリカの教育システムを模倣したのが、学士編入制度のはじまりです。

卒業見込みの場合はもちろん、社会人になってからでも医学部で学びたい熱意があるなら、ぜひ学士編入の利用を検討しましょう。

医学部に学士編入する方法

実際に医学部への学士編入するためには、編入制度のある大学を探し、試験に合格する必要があります。

大学と試験についての情報を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

医学部編入制度のある大学

全国に医学部がある大学は81校ありますが、学士編入制度のある大学はそのうち全部で34校にとどまります。

ちなみに内訳は、私立大学が5校、国立大学が28校、公立大学が1校となっており、私立大学の学士編入は少ない傾向にあります。

さまざまな理由で突然編入制度を廃止にするケースもあり、実際、愛知医科大学なども学士編入を受け入れていましたが、2017年度に廃止しています。

また、多くの大学で学士編入の募集人数は5~10名程度と狭き門になっているのが実情です。

競争倍率も10~20倍、場合によっては50倍を超えるケースもあり、熾烈な競争環境にあるといえます。

したがって、人によっては教養課程をスキップできなくなりますが、一般入試での入学を目指す場合もあるほどです。

もっとも試験内容自体は、高校・大学の教養課程レベルとされていますので、大学の卒業者であれば、きちんと対策すれば十分対応可能な範囲でしょう。

そこで、編入試験についても詳しく見ていきましょう。

医学部編入試験

医学部への編入試験は、一次試験で小論文を含めた筆記試験、二次試験で面接が課せられるのが一般的です。

一部の私立大学では、学士編入用の試験を設けず、一般や推薦入試、AO入試で対応しているケースもあります。

また面接試験を重視する傾向があり、これは編入試験のみならず一般入試でも見られる傾向です。

入試で面接試験を課さない大学はめずらしく、2018年度の時点で、神戸大学では面接試験が設けられていませんが、今後もこのまま実施されるかどうかはわかりません。

なお筆記試験においては、英語がほぼ必須です。

なかにはTOEFLで一定以上の点数をとっていることを合格の条件にしているケースもあります。

TOEFLの点数の目安は120点満点中80点以上となり、高いレベルが求められます。

もちろん、医学を学ぶにあたって必要になる基礎知識を測るために、化学や生物、物理といった理系科目もほぼ必須です。

一方で、国語系の試験を課している大学はほぼありません。

ただし、小論文は課せられるケースは多く、テーマとして医療問題はもちろん、生命倫理や社会問題も取り上げられますので、社会人としての時事問題への理解が必要になります。

そして、二次試験の面接は大学によってさまざまです。

個人面接やプレゼンテーションをおこなう場合もあれば、集団面接やグループワークをおこなう場合もあります。

医学部の学士編入に年齢制限は基本的にない

難関な医学部の学士編入ですが、年齢制限は基本的に設けられていません。

というのも、2018年度の時点で年齢制限を設けているのは、獨協医科大学における26歳までというケースだけだからです。

実際、54歳で高校教師から京都大学医学部医学科に学士編入した事例もあります。

他にも僧侶の仕事をしつつ、2000年に京都大学医学部に入学した46歳の男性もおり、2006年には見事に医師免許を取得しているのです。

上記事例のように、社会人として長年活躍してからでも医学部への学士編入は十分可能であり、医学部への入学が現役生や浪人生だけのものではないと分かります。

もっとも、あくまでも入学するのがゴールではなく、医師になるための医学部の勉強はハードなものですから、学士編入を決意したら、早め早めの行動を心がけるべきでしょう。

学生から社会人まで、効率的に医師になれる道が、医学部への学士編入です。

ハードルこそ高いものがありますが、入学のチャンスはだれにでもあるといえますので、憧れを捨てきれないという人には、チャレンジする価値はあるといえるでしょう。