医師の1日のスケジュール・生活スタイル

医師の一日のスケジュール

医師の代表的な活躍の場は病院です。

臨床医として働く医師は、勤務する病院の開院時間に合わせてシフトを組んでいます。

病院に勤務する臨床医の一日のタイムスケジュールをみてみましょう。

業務内容のみならず、働き方は担当する科によって大きく異なりますが、「耳鼻科」や「眼科」「皮膚科」など夜勤のない科での一般的な働き方を例にとると、一日の流れはこのようになります。

臨床医のタイムスケジュール

08:00

医局に出勤、白衣に着替える

08:30

夜勤の医師からの申し送りを受けながら、カルテチェックする

09:00

外来の受け付けが始まり、患者さんの診察や治療にあたる

13:30 

午前の診察が終了、カンファレンスルームで入院患者への手術説明

15:00 

病棟を回り、入院患者さんの経過をチェックする

15:30 

会議前に院内のコンビニで買ったサンドウィッチで遅い昼食をとる

17:30 

病院の閉院後、カルテの整理や報告書を作成、事務作業を行う

19:30 

明日の準備をして、白衣をクリーニングに出し退勤

病院の診療時間は午前と午後の部に分かれていて、12:30から14:00くらいまでは休診にするのが一般的です。

この間に、病院のスタッフは昼食休憩をとったりミーティングをしたりします。

しかし、忙しい日は午前の部の診察が長引いてほとんど休憩がとれないということもあり、のんびり外でランチ、といった余裕があることは皆無です。

病院で働く医師や看護師は院内の食堂を利用したり院内のコンビニや売店で調達したり、昼食を持参するのが一般的です。

当直の日ののタイムスケジュール

それでは、次に当直の日の医師の一日を見てみましょう。

当直の日は、通常の勤務の後、そのまま続きで夜勤に入る流れがほとんどです。

18:00

通常の業務が終了、当直に入る

19:30

上がってきていた検査結果などを見ながら他の医師と治療方針などについて検討する

21:00

病棟が消灯し、少し休憩を取る

11:30 

夜食を取りながら、簡単なカンファレンスを行う

12:00 

ナースステーションより呼び出し、術後3日の患者さんに発熱が見られたので頓服を出す

01:30 

病棟を巡回、ナースステーションで昨日の外来の電子カルテに目を通す

04:30 

病棟を巡回、問題はなかったので当直室に戻り仮眠

08:30 

日勤の医師に申し送りをし、通常の日勤の業務に入ります

当直中に術後や入院患者さんに急変や異常があった場合は、ナースステーションより呼び出しがありますが特に何もなく朝を迎える場合もあります。

痛みどめや頓服、湿布などを処方する場合もあります。

夜勤や呼び出しがある臨床医も

「産婦人科」や「外科」などの急性期と言われる診療科や、救急外来のある病院に勤務する場合は、上記のような規則正しい生活というわけにはいきません。

24時間体制での受付となるため、医師も夜勤や呼び出しがつきものになります。

また、個人宅と診療所を併設した医院でも、夜中に患者さんが駈け込んで来れば対応することが多く、実質24時間体制でスタンバイすることになります。

研究医は会社員に近い働き方になる

一方で、大学や官民の研究機関で医学の研究をする研究医の場合は、一般的な会社員に近い働き方になります。

朝出勤して、一日研究に取り組み夕方頃に帰宅するという流れで、患者さんを持たないため、夜勤や呼び出しはありません。

しかしながら、目途がつかない時や論文の締め切り前などには連日にわたって深夜まで残って業務にあたることも少なくなく、学会発表などでの出張も多く、ときには海外出張になることもあります。

また、大学病院などで勤務する研究医の場合、午前中は大学病院で患者さんの診察や治療にあたり、午後からは本業である研究業務、といったタイムスケジュールで働くこともあります。

特に、研究の内容によっては患者さんの症例データや治験の結果、動向などを必要とすることも少なくなく、そういった場合には実際に患者さんの臨床現場でデータを取り研究にフィードバックするといったこともあります。

このような研究医は、臨床医と同じように患者さんを受け持ったり外来に出たりというスケジュールで業務にあたることとなります。

医師の勤務時間・休日