医師の仕事内容

医師の仕事とは

医師は、病気・怪我の診断や治療・予防、リハビリテーションに当たる「臨床医」と、基礎医学を研究する「研究医」とに大別されます。

実際に患者さんを診る臨床医の勤務場所はさらに、病院や診療所に勤める「勤務医」と、医院や診療所を自分で経営する「開業医」に分かれています。

開業医は、たくさんの医師が勤務する大きな医療機関などと異なり、業務が細分化されていないため、多くのことを行います。

病院の経営や医療機器の選定や購入、看護師や事務職員の確保など、診療以外の経営者としての仕事も多くあります。

また、本業の研究業務では患者さんを診ない研究医も、大学病院などで患者の治療に当たりながら研究を行うことが多く、日々の仕事としてはかなりハードであるといえます。

医師は、病院やクリニックなどの医療機関だけでなく、高齢者対象ホームや介護老人保健施設、教育・研究機関や保健所などの衛生行政、保健衛生業務などでも従事しています。

医師の業務の内容

医師の仕事は、「人々の健康を維持改善するため、診断や治療に当たったり、それに関連する研究を行う」ことです。

前述の通り、医師の働き方には大きく分けて、2つの種類があります。

どちらも「人々の健康を維持改善するため」の医師の仕事ではありますが、業務の対象が「患者さん」になる臨床医と、「病原や病気・メカニズムそのもの」になる研究医とで仕事が大きく異なります。

患者さんと向き合う「臨床医」

医師の仕事と聞いて多くの人が思い浮かべるのは、実際に患者さんに接し、病院やクリニックで診察や治療を行う医者の姿ではないでしょうか。

そのような医師は、いわゆる「臨床医」と呼ばれています。

臨床医の仕事は、まず患者さんを診察することから始まります。

病院を訪れた患者さんから症状や困っていることを聞きとり、心音を聴いたり体温を測ったり皮膚の状態を確認したりして、不調の原因を探ります。

診察で病名が特定できたときは、症状に合わせて注射や点滴などの治療行為、あるいは薬の処方をします。

ただし、注射や点滴に関しては実際に行うのは大学病院などを除けば多くの場合看護師の役割となることが多く、薬に関しては実際に調剤するのは薬剤師の役割になります。

医師の役割は、症状を判断してこういった医療スタッフ(コメディカル)に的確な指示を出すことでもあります。

病名が特定できなかったときは精密検査を行ったり、適切な外部の医療機関に検査に出向いてもらい、より詳細な原因究明ができるような働きかけをすることもあります。

また、大きな病気や怪我の場合は手術が必要になることもあります。

精密検査や手術は設備の整った大きな医療機関でしかできないことが多いので、地方の小さなクリニックではなかなか難しいというのが現状です。

こういった場合は、大学病院などの設備が整った病院に紹介状を書くこともあります。

大学病院などの大きな施設では、「内科」「外科」「耳鼻科」「眼科」「産婦人科」「小児科」…と細かく診察の分野が分かれていて、各科でそれぞれを専門にする医師が治療を行います。

一方、町の診療所などでは、さまざまな症状をもった患者が来るので、診療科を横断した幅広い知識が必要となります。

医学の未来を切り開く「研究医」

もうひとつ、医師がしている大事な仕事が、研究者としての仕事です。

医学が発達した現代でも、まだまだ原因や治療法が確立されていない病気がたくさんあります。

また、手術の術式や治療法などは日々新しい方法が検討、研究され、日進月歩で医学は進歩しています。

こうした病気を解明するため、またよりよい医療とするために、大学や病院で研究を専門にしている医師のことを「研究医」と呼びます。

研究医は、日々、実験をしたり症例データを収集したりしながら論文を作成しています。

優れた発見をした場合は学会で発表したり専門の学術誌に投稿したりして、大々的に世間に成果を発表します。

研究医の研究は、まさに人類の生活や未来を変えるようなものばかりです。

ひとりひとりの患者さんを診る臨床医も、研究の結果で多くの人々を救うことができる研究医も、非常に責任のある役割を果たしているのです。

医師の役割

医師の役割は、人々の心と体の健康を支えることです。

そして、その役割には多岐にわたる多くの実際の仕事があります。

大切な命を守るための治療

人と医療は切り離すことができません。

現代では、多くの人が、この世に誕生するとき、産婦人科医のもとで生まれます。

さらに子どもの頃には小児科で予防注射を打ってもらったり風邪を治してもらったりしますし、大人になれば内科で生活習慣病の検査をしたり怪我をすれば整形外科にかかったりと、日々の暮らしの中でたびたび病院にお世話になります。

さらに、高齢になれば、がんや心臓病などの大きな病気の罹患率も高くなり、外科で手術を受けたり、救急でお世話になるようなこともあるでしょう。

死を迎えるときも、病院で、という人が大半です。

医師とはまさに、一人の人間の誕生から最期の瞬間まで、その命を守りつづける存在なのです。

医師がいなければ、現代社会で生きる私たちの寿命はこれほど長くはないでしょう。

医師は、人々が健やかに生まれ、長く元気に生きていくために欠かすことができない役割を果たしています。

病気を予防する役割も

最近はよく、病院や一般、また公共の施設で「成人病の予防」や「長寿のための生活習慣」などの健康セミナーが行われており、こういった場で医師が講演をすることも珍しくありません。

また、テレビ番組や雑誌などに医師が出演して、病気の予防法などをアドバイスすることもありますし、医師が監修した本は専門書のみならず一般の知識本から雑誌、ダイエットやエクササイズ本などまでさまざま世間に溢れています。

医師ならではの知識や経験をもって一般市民の健康への意識を高めるよう働きかけることで、その病気の罹患率が減り、また健康寿命が延びるなどの効果が期待されているのです。

このように考えると、医師の役割は決して「病気を治すこと」だけではなく、「病気になるのを未然に防ぐこと」もとても大切なことだとわかります。

人々が元気に暮らせるよう、病気の予防の段階から力を尽くすのが、医師の仕事なのです。

医師の仕事の流れ

ここでは、一般的に大部分を占める病院に勤める臨床医の仕事の流れを例にみてみましょう。

多くの場合、病院に勤める臨床医は朝出勤し、業務を行い、就業時間に帰宅する、という日々の流れに、入院設備のある病院や診療科の場合は夜勤が数日に一度間にはさまり、また手術のある診療科の場合、術後の患者がいれば就業時間を越えて経過を見ることもあります。

休日も当然ありますが、診療科によっては休日や夜間であっても患者さんの容体によって呼び出されることもあります。

病院で勤務する臨床医の業務内容は、「患者さんを診る」「カルテを作る」「診断を出す」「治療をする」といったことが柱にはなりますが、手術や経過観察、医療チーム(コメディカル)との連携など、専門とする診療科によって業務の内容が大きく変わることが医師の仕事としての特徴といえます。

医師の勤務先の種類

医師の勤務先には、いくつかの種類があります。

また、少子高齢化の昨今では、一昔前の医師の仕事とはまた違った働き方や、勤務先、業務の内容などその活躍の場は多岐にわたります。

医師の勤務先

勤務する施設ごとに医師数をみると病院が最も多く142,655人、次いで診療所の101,884人、介護老人保健施設の3,230人、その他11,130人となっています。

医師数_施設別_26

医師数(施設・年齢別)

20代~40代までは病院や医療機関附属の病院(大学病院)が多く、40代以上は診療所の割合が増えています。これは40代以上となると自ら診療所を開業するためです。

なお、施設別の医師の平均年齢は、病院46.2歳、医療教育機関付属の病院38.7歳、診療所59.2歳となっています。

医師数_施設・年齢別_26

施設別の医師数の割合

病院、大学病院、診療所で働く医師数の割合は、病院が最も多く49.4%、次いで診療所の35.3%、医育機関附属の病院(大学病院など)の18.1%となっています。

施設別の医師数の割合_26

医師の就職先の種類・活躍の場

医師と関連した職業

医師と関連した職業として、看護師が挙げられます。

医師が患者さんの診察や治療を行う際に補助をしたり、病気や怪我の患者さんのケアを行う仕事です。

外来で勤務するだけでなく、入院設備のある病院では病棟の担当、また手術室で勤務する専門の看護師(オペ看)など、ポジションによってその業務は変わってくることが大きくあります。

一般のイメージである、病棟に勤務する看護師の業務は、血圧や体温、脈などの測定、注射、点滴、採血などの治療の補助、食事やお風呂、ベッドメーキングなどの入院患者さんの身のまわりの世話などを行うことが主になります。

医師や薬剤師、栄養士などがチームを組んで治療を行う「チーム医療」において、看護師は今まで以上に重要な役割を担うようになってきていますが、高齢化社会が進む状況において、看護師は不足している状況です。

看護師の仕事