医師の現状と将来性

医師の現状

近年、ますます日本では深刻な「医師不足」が叫ばれています。

昔から農村地区や離島では医師不足が続いており、地方で暮らしている住民が十分な医療を受けられないことが問題になっていました。

しかし、近年ではこうした医師不足が地方都市まで拡大しており、特に勤務がハードなことで知られている「産婦人科」や「小児科」は都市部であっても人口比としては深刻な医師不足に悩まされる地域も増えてきています。

医師を簡単に増やせない理由として、医師一人を育て上げるのに長い時間が必要だということがあります。

大学時代の6年間の学習期間に病院での研修期間や新人医師としての期間を含めると、一人前の医師を育てるのには10年近くかかります。

増やそうと思ったときにすぐ増やせるものではないのです。

こうした理由から、病院によっては医師が確保できないことを理由に閉院に追い込まれるところもあるほどです。

厳しい医師不足の現状を考えると、今の日本ではまだまだたくさんの医師を必要としているということが言えます。

医師の需要

医師にはそれぞれの専門があり、携わる診療科も「内科」「外科」「耳鼻科」「産婦人科」「小児科」「泌尿器科」「整形外科」などさまざまな科に分かれています。

進む診療科によって、業務の内容や激務具合、働き方などが大きく異なってくるため、昔からハードだと言われる外科系は医師の確保に悩まされてきました。

高齢化社会が進む現代社会では、特にお年寄りの病気を診療する科の患者数が増え続けており、たくさんの医師の手が求められる診療科として挙がるようになっています。

一方で、少子化の影響で患者の数自体は減っているのに、医療機関が少ないせいで常に患者さんが病院にあふれているのが「小児科」や「産婦人科」です。

こうした科では、緊急時などに備えて時間通りに勤務ができないことや、訴訟の大きなリスクを抱えていることから学生が敬遠する傾向にあり、都市部や地方都市に関わらずたくさんの病院が人手不足に陥っています。

医療の世界は、社会における人口比や年齢構成を強く反映します。

高齢化社会がこれからも進むことや、少子化社会のなかで安心して子どもを生んで育てられる環境が求められていることから、お年寄りや子どもを相手にする医療分野ではこれからも特に医師の活躍が求められるでしょう。

医師の将来性

いつの時代も人間の病気や怪我はなくならないので、医師という職業は長年にわたって社会に必要とされてきました。

それは現代社会においても変わることはなく、不況の世の中でも「医師の資格を持っているのに就職先がない」というケースはほぼないといって間違いないでしょう。

むしろ、近年、医師不足が全国的に深刻な問題となっています。

医療の発達とともにさまざまな分野の治療法が確立され、医療サービスも幅が広がってきました。

また、日本では高齢化社会の進行でお年寄りの数が増えています。

必然的にがんや心臓病など年齢とともに罹患率が高くなる病気の患者さんも増えていますし、体が不自由になった方のリハビリテーションや完治の見込みがない方のための終末期医療などの需要も以前より高まってきました。

命にかかわる診療科が敬遠されがちな傾向もあり、拍車をかけるべく厚生労働省や文部科学省が医学科のある大学の定員増員を促したりする対策を取り始めています。

こうした分野ではまだまだ人材が足りておらず、特に若い医師の力を積極的に必要としています。