医師が独立・開業するには?

医師の独立開業

医師免許を取得すると、独立して病院を開業することができます。

しかし、実際には医師になっていきなり独立するというケースはほとんどなく、まずは大きな病院で経験を積みながら資金を貯めて、10年以上経ってから独立するというケースが多いようです。

その理由のひとつとして、病院の開業には莫大な資金が必要だということがあげられます。

一般的な飲食店を開業する際にも当然設備投資は必要になりますが、病院の場合は専用の医療機器を揃えなければいけないので、さらに多額な設備投資が必要です。

必要な機器は診療科によってことなりますが、レントゲンやCTスキャン、エコーの設備をそろえるには数百万円単位でのお金が必要になり、こうした医療機器はメンテナンスも欠かせません。

さらに、病院には医師だけでなく、看護師薬剤師、検査技師等のスタッフも必要なため、人件費もかかります。

こうした医療スタッフはいずれも有資格者となり、給料もそれなりの金額を支払わなければいけません。

病院を開業するためには、資金調達のためのたくさんのハードルをクリアしなければいけないのです。

また、肝心の技量や専門レベルが独立するに達していないと患者さんを満足に治療できず、結果病院への患者さんの足が遠のき経営が立ち行かなくなる恐れがあります。

資金面のみならず、医師として一人前になったタイミングで独立開業をすることが望ましいといえます。

医師の独立開業専門のコンサルタント

このように、病院の開業にはさまざまな課題があり、解決しなければならない問題がたくさんあることから、世間には「医師の独立開業」を専門にするコンサルタントも多数存在しています。

開業する土地の選定から経営計画の作成、資金調達や行政への手続きの支援など、さまざまな形でサポートするのが役割です。

病院を開業するということは、医師としてだけではなくて、経営者としての手腕も必要になってきます。

近年、独立開業を目指す医師は増加傾向にあり、地域によってはライバルのクリニックや診療所が乱立している場合もあります。

おなじ診療科が近隣にあることは、少なくとも開業においてはメリットとはなりませんし、その競争は熾烈であり、医師としての腕だけでは勝ち残ることができません。

周囲のサポートをうまく取り入れながら、病院の経営を軌道に乗せることが大切です。

開業医として独立する最適なタイミングとは

開業医として自分のクリニックや診療所を開きたいと考えている場合、事前に独立のタイミングを見極めておくことが不可欠です。

開業医として独立するのに最適なタイミングは40代にさしかかった時期といわれています。

このタイミングで、自分の医院を持つためには、マネジメントに関するノウハウをしっかりと理解し、準備しておくことが必要です。

勤務医の場合、勤務先の病院によって定められている就業規則を順守し、用意されている業務や仕事をしていくことで評価されます。

そのため経営やマネジメント、会計に関する知識を持っていなくても仕事をすることができますが、独立する場合は銀行との融資交渉から始まり、資金計画の作成・税金対策、開業が決まれば従業員の確保や育成、設備の手配などということも必要となってきます。

医師として技術を身につけつつ経営まで学ぶためには、非常に大きな労力や時間が必要です。