医師になるには

医師になるまでの道のり

日本で医師として働くには、まず国家資格である医師免許の取得が必要です。

高校卒業後に大学の医学部や医科大学で6年間学び、医師国家試験に合格しなければなりません。

医学部の入試は競争率や難易度が高いですが、入学後も将来の希望に関わらず全ての科について学ぶため、勉強量は相当に多く、数々の実習や試験を経て卒業試験をパスした人が、医師国家試験の受験資格を得ることができます。

医師免許取得後は病院で2年間の臨床研修ののち、さらに最低5年の実地研修を行い、専門医試験に合格することで、内科や眼科などの専門医として働くことができます。

専門医資格は必須ではありませんが、患者さんの安心のために、昨今多くの臨床医が取得をキャリアに含めています。

専門医資格は必要単位を決められた期間で揃え、更新していかなければならず、定期的に学会に出席したり発表をしたりして、医師たちは専門医資格を維持しています。

医師になるには

医師の資格・難易度

医師になるためには、大学の医学部に進んで6年間の教育を受け、医師国家試験に合格し、さらに2年以上、臨床研修医としての経験を積まなければならないのは上述の通りですが、医師の資格を得るための最大の難関は医学科のある大学や医科大学に入学することであるといわれています。

医学部への入学はどこも極めて難関であり、入学するまでにみっちりと受験勉強をし、みごと入学してからも、そのまま勉強の日々が続くため、大学に入っても受験生の生活と変わらないと嘆く医学生もいるほどです。

6年間も勉強し蓄積した知識をもって受験する医師国家試験では、すべての医学系科目に関する基礎知識や、基本的な診療能力に関する出題のほか、患者の人権などに配慮した倫理的な出題もあります。

かつ、医師として絶対にしてはならないことに関する問題(禁忌肢問題といいます)を一定以上ミスするとそれだけで不合格となってしまいます。

医師になるための難易度は、相当に高いと言ってさしつかえありません。

医師の資格・医師免許とは?
医師国家試験の合格率、難易度

医師になるための学校の種類

医師になるために必要な「医師免許」という国家資格は、大学の医学科を卒業した人にしか受験資格が与えられません。

そのため、医師をめざす人がまずすべきことは全国にある医科大学や総合大学の医学部に入学することです。

この医科大学や医学部は、通常の学部に比べると偏差値や入試の倍率が高い傾向にあり、医学部を志す人は、早い人であれば小学校から学習塾などに通い受験を見据えて勉強をすることもめずらしくありません。

また、受験には浪人も多く、なかには5年以上浪人をして合格を勝ち取る人もいます。

医科大学や医学部のある大学には、国公立と私立の大学があり、多くの学生がまずめざすのが、国公立の大学です。

その大きな理由が「学費」にあります。

医学部は卒業までに最低でも6年間かかるので、他の学部に比べると学費が割高になります。

私立大学の医学部の場合、6年間の合計の学費は実習費や施設費などを合わせると2000万円~5000万円ほどかかります。

国公立大学では、学部に関わらず学費は一律のため、国公立大学でなければ経済的に厳しいという事情から国公立を選択する受験生も多いようです。

もちろん、一方で私立の大学は設備や進路指導、関連病院が充実していることも多いので、経済的な事情や将来の展望などを合わせた上でどの大学を選ぶかをよく考えることが大切です。

やりたい研究分野や進みたい診療科に力を入れている大学に進みたいと考える受験生もいるでしょう。

奨学金や教育ローンなどの制度もありますので、希望の大学があれば、そうした制度を調べてみましょう。

医師になるための学費は? 医学部の難易度はどれくらい?

医師に向いている人

責任やプレッシャーが大きく、なってからも勉強や研鑽が求められる医師に向いている人は、どのような適性がある人でしょうか。

医師になるには、難関の医学部受験を突破しないといけませんので、勉強が好きかどうかという適性が重要です。

しかしながら、その業務の相手は人間であり、基本的に他者に寄り添うという資質があるかどうか、も重要であるといえます。

患者さんという人間を相手する仕事であるため、一定のコミュニケーション能力や誠実さが不可欠です。

また、治療に際して前向きな考え方が持てることや、注意力散漫でない、面倒くさがりでないといった本人の性格も影響してきます。

医者は体力仕事ともよく言われますので、長時間の拘束や手術など、体力的にタフであることも意外と重要な適性です。

このように、医師という職業に就くには、学力面以外でも適性は必要だといえます。

医師に向いている人・適性・必要なスキル

医師のキャリアプラン・キャリアパス

医師が歩む代表的なキャリアステップにはどのようなものがあるのでしょうか。

医師の多くは病院やクリニックなどの医療機関に勤めたり、高齢者ホームや介護老人保健施設などの介護分野に携わったり、研究機関や官公庁などに医師免許を持つ専門職として就職したりといった働き方があります。

しかしながら、それぞれが専門分野で臨床をきわめた先には、いいタイミングで独立・開業をしたり、大学や学校で教鞭を取ったりといったシフトチェンジの可能性も多く残されています。

大学に残り、教授の椅子を目指すとしても、その椅子はひとつしかなく狭き門です。

関連病院で重要な役職者のポストに就いたり、理事長などの名誉職を任されることも、長いキャリアパスの中に描ける将来の道であることは間違いありません。

積み重ねてきたキャリアや知識、経験をもって勤務医だけで終わらないキャリアパスを早い段階から意識する人も少なくありません。

医師を目指せる年齢

医師という職業には、はっきりとした年齢制限はありません。

いちど社会に出た人が、小さいころからの夢である医師を諦めきれず、医学部を受け直し医師になるケースも案外少なくありません。

医学科の学年には、どの大学も一割程度、再受験生がいると言われています。

大学によって、現役思考であったり、地元の医師を育成したいと考えている方針であったりすることももちろんありますが、医師になるためには医学科を卒業し、医師免許を手にすれば年齢制限はありませんので、何才であろうとチャレンジすることができるといえます。

しかし、現役で医学科に入学した若い学生でも大変な6年間である医学生の生活は、勉強や実習、試験の数々など、現実的にかなり負担のある大学生活であるといえます。

この厳しい学生生活をしっかり乗り越える自信があれば、チャレンジに年齢は関係ない、ということがいえるでしょう。

また、医学部に合格するためには、偏差値は70以上必要で、医学部受験に強い予備校に通うなどの対策をすることが大切になります。

「授業をしない塾」として知られる武田塾医進館では、88%の生徒が偏差値11以上アップさせることに成功しており、逆転合格が可能になっているため、浪人生の最後の砦としても知られています。

受験相談は完全無料となっているため、少しでも医学部に合格したいと考えている人は、まずは気軽に相談してみることをおすすめします。