医師に向いている人・適性・必要なスキル

医師に向いている性格・適性

業務における責任やプレッシャーが大きく、なってからも勉強や研鑽が求められる医師に向いている人は、どのような適性がある人でしょうか。

医師は患者さんと直接接する仕事でもあるため、コミュニケーション能力や寄り添えるかどうかといった性格的な適性も重要であるといえます。

向上心がある人

医師というのは、医師になるまではもちろんのこと、医師になった後もずっと勉強を続けなければいけない仕事です。

近年の医学に進歩にはめざましいものがあり、日々、新薬や画期的な手術の方法が発見されています。

医師たちは常に学会に参加してお互いの研究成果を発表し、こうした新しい治療法の情報収集に努めています。

これは、内科であれ、外科であれ、産婦人科であれ、医師である以上必要な姿勢です。

医師をめざすのであれば、新しい知識を探求していくのに情熱が注げることが大切です。

そしてその知識によって自分の医師としてのスキルをアップさせたいという向上心がある人に向いている仕事です。

他者に対して誠実な人

病院で働く臨床医の仕事は、患者さんに薬を処方したり手術をしたりすることだけではありません。

病気を治すために一番大切なのは、患者さん本人の「治そうとする気持ち」です。

ときには、不安な気持ちを解消するために話を聞いてあげたり力強く励ましてあげたりすることも必要です。

患者さんに誰よりも信頼されて安心感を持ってもらえるような医師になるためには、患者さんと同じ目線で向き合う誠意が大切です。

また、近年では病院に対しても、ホスピタリティを重視する傾向にあります。

不安に思ったり疑問に感じることがあれば患者さんから質問ができたり、またコンピュータの画面を見ながら患者さんと話すといった人との接し方をなどの見直しを医師に求められる時代になっています。

粘り強い人

研究職として働く研究医の仕事は、病気の原因や薬の効用を丁寧に解き明かすことです。

21世紀になった今でも、原因不明の病気はたくさんあります。

がん発症のメカニズムやアレルギーの予防法、難病の治療法など、研究すべきテーマは溢れていますし、まだわかっていないヒトの体の仕組みこそ限りがありません。

こういったテーマは、長年研究されてきたにも関わらずいまだに解明されていないくらいですから、研究をしても簡単に結果が出るようなものではありません。

何十年と取り組んで初めてひとつの事実にたどりつくこともあるのです。

研究職として働く医師には、粘り強くひとつのことを学び続ける姿勢が求められます。

医師になるには

医師に必要なスキル・能力

医師に必要なスキルというと、まずは大前提として「テクニカルスキル」が挙げられます。

テクニカルスキルというのは、言い換えれば「専門知識や技術」などのことで、医師で言うと「医療知識や専門技術」を指します。

医療の専門家として必要な要素だといえるでしょう。

しかし、近年では医療従事者にとって必要なスキルはそれらのテクニカルスキルだけでは不十分であるという考え方が主流になってきました。

それは医師に対しても例外ではなく、医療の専門スキルである「テクニカルスキル」以外の、「ノンテクニカルスキル」に分類される能力が求められるようになっています。

それは例えば、コミュニケーション能力や、チーム医療のリーダーとしてのチーム統率力などが当てはまると考えられます。

いくらきちんとした研鑽をつみ、研究をし、患者さんのために診察や治療に従事している医師であったとしても、電子カルテの画面を見ながら一度も目を合わさなかったり、患者さんが疑問や不安に思うことを医師にたずねられなかったりというコミュニケーションの不足が問題になっている背景があります。

他にも、直接医療を介して人と接する医療人として、ノンバーバルコミュニケーションの重要性も同時に見直されています。

ノンバーバルコミュニケーションというのは、言葉などでとるコミュニケーション以外のコミュニケーションのことです。

たとえば表情や口調、身だしなみ、声の大きさなど、いかにして目の前に居る患者さんに寄り添えるか、また寄り添われていると感じてもらうことができるかといったことが医師のスキルとして必要であると考えられています。

医師に向いていないのはどんな人?

患者さんの命や健康を預かり、密接に接して二人三脚で治療にあたる医師には、重要な適性がいくつもあることは言うまでもありません。

日々進歩の医療技術や医学知識、治験を吸収する知的向上心や、それを現場に生かす応用力は欠かせない重要な適性ですし、知識面だけでなく医療チームである看護師薬剤師などの専門スタッフのリーダーとなり、治療を進めていくリーダーシップや協調性も必要です。

自分が中心になって物事を進めていくことがあまり得意でない人や、責任が重いことは避けたいと考える人には、これらが業務の中心となる医師という職業にはあまり向いていないといえそうです。

また、治療や病状に対し、不安な気持ちでいる患者さんや家族を思いやり、誠意をもって向き合えることや、名実ともにハードな仕事に耐えられるだけの体力があることも求められますので、これらに自信がない人も向いていないといえるかもしれません。

また、医学部受験を考えていて、自分が医師に向いているのかを知りたい人は、一度医学部専門予備校の無料受験相談を受けてみることをおすすめします。

中でも、「授業をしない塾」として知られる武田塾医進館では、88%の生徒が偏差値11以上アップさせることに成功しているだけではなく、生徒一人ひとりと向き合って指導してもらうことができます。

受験相談は完全無料となっているため、医学部に進学するのか悩んでいる人は、まずは気軽に相談してみることをおすすめします。