医学部の浪人は何年まで大丈夫? 浪人生の割合はどれくらい?

医学部浪人は国立志望なら2浪、私立志望なら3浪以上も可

医学部に合格する難易度は高いので浪人生は一定数いますが、基本的に国立のみを志望するなら2年まで、私立も視野にいれるなら3年以上も可というのが1つ目安です。

ちなみに、浪人の年数が多くなったからといって、合格に不利になると公言しているような大学はありません。

実際、川崎医科大学のように、4浪(22歳以下)まで推薦入試の出願資格を認めている大学もあるほどです。

しかし、医学部の道を諦めざるを得ない可能性はだれにも発生し得るものであり、浪人年数を目安にして、諦めるかチャレンジを続けるかを判断するのは、かしこい判断といえます。

もちろん、予備校の費用の高さや家庭の事情によって、浪人できる年数に制限ができるケースも多いでしょう。

ここから、国立の医学部志望なら2浪、私立の医学部も視野に入れるなら3浪以上も可という覚えておきたい1つの目安の根拠を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

国立大学の医学部志望なら2浪が目安になる理由

学費や地元の大学でなければいけないなどの理由から、国立大学の医学部1本に絞っている場合は、基本的には2浪までのチャレンジでだと考えるのがおすすめといえます。

というのも、3浪以上で医学部の道を諦めてしまった場合、一般企業への就職が厳しくなってしまうからです。

2年浪人している時点で、就職活動をする際には、周りの就活生よりも2つ年上となります。

修士卒業予定の学生の年齢と同じですが、修士の学生と比べて専門性や研究室とのコネクションが確立できているわけでもありません。

要するに、医学部を目指して懸命に勉強していたとしても、就職活動で有利に評価してもらえるケースは考えにくいわけです。

国立大学医学部は1年間で、前期1校と後期1校の合計でたったの2校しか受験できません。

加えて、後期試験を実施する国公立大学そのものが少なく、倍率も高くなります。

そして、そもそも同じように国立大学のみを志望している受験生は、懸命に勉強していますので、自ずと競争環境も激しいものになります。

選択肢が国立大学医学部のみで、2浪したものの合格できなかった場合は、別の学部に切り替えたり、なんとか私立大学も視野に入れたりする道を探るべきでしょう。

私立大学の医学部志望だと3浪以上も視野に入る理由

私立大学の医学部も視野に入れている場合は、3年以上の浪人をしての挑戦も視野に入れることが可能と考えていいでしょう。

というのも、私立大学の医学部志望なら複数の大学を受験できるので、最終的にどこかの医学部へ合格できる確率が高いからです。

また、詳しくは後で紹介しますが、実際に私立大学で学んでいる学生も、国立大学と比べると浪人生の割合や年数が高い傾向にあります。

3浪以上でも医学部に入学して医師免許を取得できれば、もちろん就職に困ることはないので、チャレンジする価値は十分あるというわけです。

もっとも、どこまでも浪人していくというのも現実的ではありません。

3浪以上で医学部の道を諦める場合、一般企業への就職は難しいので、他の医療系の資格が取れる学部への変更を余儀なくされることも覚悟しておきましょう。

医学部に浪人生の割合は大学によってかなり異なる

医学部というと難関であるため、浪人生が一定以上いるというのが、一般的なイメージでしょう。

実態としてどのくらい浪人生がいるかというと、大学によってさまざまなのが実情です。

実際、7割以上が浪人生の大学もあれば、1割以下の大学もあります。

それぞれの大学毎に、女子医学部生の割合に半ば伝統のようなものがあるように、浪人生の割合にも半ば伝統があると覚えておきましょう。

具体的には、旧帝大や私立上位大の医学部は、基本的に現役生の方が多い傾向にあります。

厚生労働省:医学部医学科の入学者選抜における公正確保等に係る調査について

たとえば、2018年度の東京大学医学部では18歳以下の合格者は74.1%で、慶應義塾大学の医学部では57.5%となっています。

一方で、獨協大学医学部は現役合格率が23.2%、東海大学は27.9%ですから、浪人生の方が多数派です。

もちろん、年度によって割合も変わりますし、上記で公表されている数値は合格者であって入学者でないことには留意しましょう。

とはいえ、2014年度の医学部志願者のうち、約65%が浪人生であり、1浪の受験生が33%。

2浪が13%、3浪が5%、4浪が8%という数字を1つの感覚として持っておくといいでしょう。

医学部に浪人は多いが志望大学しだい! 年数もさまざま

医学部を目指すにあたり浪人の年数の目安や浪人生の割合などのまとめです。

・国立のみを志望するなら2浪が目安
・私立も視野に入るなら3浪以上も可
・浪人生の割合は大学ごとにさまざま
・志願者自体は浪人生の方が多数派

医学部受験は難関であるため浪人生が多く、自分よりも長く勉強している受験者も少なくないでしょう。

自分自身の状況と志望大学とのバランスを取りながら、合格を目指してください。

また、医学部の難易度は高いため、浪人しても自分に合った医学部予備校で正しい戦略で学習することができない限り、医学部への合格は難しいと言えます。

「授業をしない塾」として知られる武田塾医進館では、88%の生徒が偏差値11以上アップさせることに成功しており、逆転合格が可能になっているため、浪人生の最後の砦としても知られています。

受験相談は完全無料となっているため、浪人生に強い医学部予備校に通うことを考えている人は、まずは気軽に相談してみることをおすすめします。