医師の志望動機・例文

志望動機は明確に

医師になるための就職試験では、志望動機を聞かれることがあります。

医師の就職の場合は、医師をめざすようになったきっかけや医師としての志はもちろん大切なことではありますが、どんな専門分野をめざしたいかや、医師としてのどんな将来像を思い描いているかが雇う側である病院にとっての大切な判断材料となります。

たとえば「私の生まれ育った地域は医師不足による産院の閉鎖が続き、故郷でお産をすることができない状況になってしまいました。少子化の問題を解決させるためにも、誰もが安心して地元で出産できるよう、産婦人科の医療体制の充実に貢献できる産婦人科医になりたいと考えています。」など、自分がその診療科を志望する理由をより具体的に述べることが大切です。

この際に、社会の課題や医学界の現状などを織り込みながら自分の意志を伝えられるとより説得力が高まります。

志望する病院に合わせた将来像を

また、就職を希望している病院に合わせた未来像を語ることも大切です。

たとえば地方の病院であれば「私は将来、離島や農村地区など、へき地での地域医療に携わりたいと思っています。そのためには一人で何でも経験ができるような小規模な病院でしっかり経験を積みたいと思い、貴院を志望しました。」というように、その病院ならではの働く魅力をアピールします。

逆に、例えばがんの権威と呼ばれるような有名な教授がいる大学病院の場合は、「私は学生の頃から胃癌の最新の治療法に関心を持っており、この分野のスペシャリストである○○医師がいる貴院でぜひその技術を学びたいと考えて志望しました。」というように、具体的な治療例や医師の名を出してアピールするのも有効な手段となるでしょう。