医師になるには

まずは医学系の大学へ進学

医師は、医師免許を取得している人だけが就くことができる職業です。この医師免許を取得するためには、まずは医科大学や医学部のある大学に進学することが絶対条件となっています。

医学部を設置している大学は「国立大学」「公立大学」「私立大学」とさまざまで、北は北海道、南は沖縄まで全国の都道府県に設置されています。一般の大学と異なり、医学部は6年制です。

医師をめざす人は、まずはこうした大学に入学し、6年かけて必要な知識を学習します。医学部はどの大学も非常に難易度が高く、入学するのは困難です。受験科目は理数系となるため、理数系の科目が得意であることが必要です。

また、私大の場合は学費も高く、6年間の合計は2,000万円〜5,000万円にもなります。一般的な家庭の場合は、国立大に進学するか、奨学金をもらわないと金銭的に厳しいでしょう。なお、歯科医になるためには、医学部ではなく歯学部を卒業することが必要です。

大学では「病理学」や「生理学」「分子生物学」などの授業から解剖実習まで、医学に関する幅広い知識や技術を身につけます。

このカリキュラムを無事にこなし、6年制の課程を卒業した人か卒業見込みの人だけに、医師国家試験の受験資格が与えられます。

医師国家試験とは

医師国家試験の試験内容としては、「臨床上必要な医学及び公衆衛生に関して、医師として具有すべき知識及び技能」を問うとされています。合格率はおよそ9割にのぼりますが、合格のためには6年間みっちりと勉強しなければなりません。

一般的な大学生よりも、在学中にかなりの勉強をする必要があります。

試験は年に一度だけなので、もしも不合格の場合はまた翌年受験することになります。

医師国家試験は毎年2月に行われ、受験会場は北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、熊本県及び沖縄県になるのが一般的です。
医師国家試験の難易度・合格率

しかし、この国家試験に無事合格しても、まだ一人前の医師とは言えません。2004年から医学部生の卒業後の臨床研修が義務化しており、2年間以上の研修を積まなければ診療に従事することができません。

基本的には、2年間「研修医」としてさまざまな研修を積んだのちに、自分の志望を決め、ようやく一人前の医師としてスタートすることになります。

医師になるには

就職

一般的には、医学部6年生の夏ごろから就職先を探します。2月にある国家試験に合格できれば、その就職先に4月から研修医として働くことになります。

大学病院

大学卒業後、その大学の病院や関連機関へ就職するケースが多く、最初の就職先として一般的な場所です。大学在学時に研修として通う場所であり、知り合いもいるため安心できるところではありますが、さまざまなしがらみも多いのが現状です。

最先端の医学を学ぶことができる魅力がある一方で、勤務時間が長く、激務であることが多い職場です。

公立病院、私立病院

入院施設のある規模の大きい病院です。大学病院と比較すると、早い時期から実務を学ぶことができるようです。

収入や勤務時間等の待遇面が大学病院よいという理由でこうした病院を選ぶ人もいます。

診療所

入院施設のない小規模の病院で、医院やクリニックとも呼ばれます。診察時間が決まっているので、大学病院と比較すると勤務時間は短くなります。

医師として働く

研修期間が終わると、実際に患者を担当することになります。大学病院の場合には、専門の分野を選択し、医局に入ります。

大きな病院で専門性を磨いていくか、自分で診療所を開き、開業医として働くというパターンが一般的です。
医師の仕事内容

医師に求められる能力

使命感

命に直接関わる仕事であるため、責任感が強く、使命感を持って仕事をすることが求められます。

誠実さ

どんな患者に対しても真摯かつ思いやりを持って接する誠実さややさしさも必要です。

勉強熱心

大学、研修医期間以外でも、日々最新の医療技術や知識を身につけていかなければならず、勉強熱心でなければ務まりません。

体力

大学病院などでは、夜勤が続いたり、長時間勤務になることも少なくなく、体力が求められます。

手先の器用さ

外科など手術を行う科の場合は、手先が器用であることも大切です。精神的にも肉体的にもどちらもタフであることも必要となります。

医師の今後の見通し

近年、医療事故に伴う訴訟が増え、小児科や産婦人科など医師にとってリスクが大きい科の医師が減少してきています。また、地方では依然医師不足が解消されておらず、医師の絶対数は足りていても、診療科や地域によって隔たりがある問題が大きくなってきています。

そうした医師の少ないところでは、医師の激務が続き、医療事故が起こりやすいという悪循環になっています。

高齢化社会が進んでいく中で、今後一層医師の役割は大切になっていくと考えられます。医師の待遇改善や増大する医療費など、大きな課題が残っているのが現状です。

医師データ

医師の人数は年々増加を続けています。平成26年度における厚生労働省の調査によると、医師の数は311,205人でした。そのうち女性の医師は63,504人となっています。
医師数の推移_26

医師数の男女比は男性79.6%に対して、女性20.4%となっています。
医師数男女比_26

年齢別に医師数をみると、40代、50代の医師が多いようです。また、女性比率は年々高くなってきており、20代の医師の女性比率は34.8%まで上昇しています。
医師数_施設・年齢別_26