ケアマネジャーになるには

ケアマネジャーの試験に合格する

ケアマネージャー(介護支援専門員)になるためには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格することが必要です。介護支援専門員は、国家資格ではなく公的資格であり、試験は各都道府県が管轄、実施しています。

ケアマネジャーの試験は、毎年1回、例年10月の日曜日に開催されています。試験は居住する都道府県で受けることになります。

資格や実務経験など、けっこう受験条件が細かいので、自分が受験資格をクリアしているのかどうか、また、受験資格を証明するための書類が揃えられるかなど確認することから始まります。

わからないことがあれば、都道府県のケアマネジャー試験の担当者に直接確認してみましょう。

試験を受験するためには資格・実務経験が必要

国家資格がある場合

ケアマネージャーの試験を受けるためには保健・福祉・医療分野での国家資格を持ち、5年以上、900日の実務経験があることが条件となります。受験資格にあたる保健・福祉・医療分野の国家資格には以下のものがあります。

介護福祉士、社会福祉士、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、栄養士(管理栄養士を含む)、保健師、精神保健福祉士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、歯科衛生士、薬剤師、柔道整復師、言語聴覚士、医師、歯科医師、助産師、視能訓練士、義肢装具士

介護の仕事と親和性が高いため、介護福祉士からケアマネジャーの資格を取得する人が多くを占めています。

国家資格がない場合

該当する国家資格を持っていない人でも、老人福祉施設や在宅介護業務に従事する人、施設長などで、5年から10年の実務経験があれば受験することが可能です。

ヘルパー2級や社会福祉主事任用資格を持っている人も実務経験があると受験できるのです。

ただし、介護をしていた実務経験といっても、家族を介護していたということは受験資格にはなりません。

ケアマネジャー試験(介護支援専門員実務研修受講試験)の難易度、合格率

合格後の研修

無事に試験に合格しても、すぐにケアマネジャーにはなれません。合格後、「介護支援専門員実務研修」(32時間以上の研修)の受講を全日程出席して、修了することが必要です。

その後、各都道府県に登録申請を出し、受理されると都道府県の知事が発行する介護支援専門員証が交付され、晴れてケアマネジャーとしての資格を取得することができます。

就職

ケアマネジャーの求人の状況は悪くありません。ケアマネジャーを置くことが義務付けられている施設もあり、安定した就職先があります。

ケアマネジャーに求められる能力

コミュニケーション能力

ケアマネージャーは、介護を受ける人にとって最適なケアプランを作成していくことが必要です。相手を思いやる気持ちを持ち、どんな要望があるのかを聞き出すことができるコミュニケーションの能力が必要です。

看護師や介護福祉士、理学療法士、作業療法士など、多方面の人と連携する機会が多いという意味でも、コミュニケーション能力が求められます。

そして要望や状況を元に計画を立案することができる力も大切です。

事務処理能力

書類作成や給付管理など事務処理が非常に多い仕事です。テキパキと事務処理ができる能力が必要となってきます。

ケアマネジャーの今後の見通し

高齢化社会を迎え、介護を必要とする人が増えてきています。

ケアマネージャーは、介護保険制度と同時に生まれた資格で、まだ歴史は浅いですが、介護のサービスが多様化する中で、最適なケアプランを作成することができるケアマネージャーへの要望は高まっています。

介護職のステップアップの資格として、取得するケースもますます増えていくと考えられます。

仕事体験談