社会福祉士と精神保健福祉士の違い

社会福祉士と精神保険福祉士

社会福祉士と精神保健福祉士では、サポートの対象となる人の違いが大きな相違点となっています。

社会福祉士は、高齢者、障害者、子どもなど、すべての人を対象として相談援助を行うのに対し、精神保健福祉士は、総合失調症や認知症、アスペルガー症候群など、精神に何らかの病気や障害を持つ人の相談援助を行うことが主な仕事となります。

精神保健福祉士の仕事内容

しかし、どちらの資格も、相談者本人や家族を取り巻く福祉施設や行政機関、地域サービスなどと連携しながら、その人らしい生活を送ることのできるよう、トータルな支援をおこなうという点で共通点の多い仕事内容といえるでしょう。

また、仕事の性質上、どちらの対象者とも接する機会の多い、病院の医療ソーシャルワーカーや、保健センター、地方自治体の福祉担当者の中には、社会福祉士と精神保健福祉士の両方の資格を持っている職員も大勢います。

社会福祉士と精神保健福祉士の資格試験

社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験は共通科目が多くあります。

そのため、どちらの受験資格も持っている人は、両方の受験に挑戦するのも、資格取得後の就職活動やキャリアアップに有効でしょう。

また、社会福祉士の資格を持つ人が精神保健福祉士の試験を受ける場合は受験申込時に必要な書類を提出することで、社会福祉士との共通科目が免除され、精神保健福祉士専門科目のみの試験となりますし、その逆も同様です。

資格試験の面でみると共通科目が多く、二つの資格を同時に取れるメリットのある2資格なのです。

社会福祉士と精神保健福祉士の共通科目

人体の構造と機能及び疾病
心理学理論と心理的支援
社会理論と社会システム
現代社会と福祉
地域福祉の理論と方法
福祉行財政と福祉計画
社会保障
障害者に対する支援と障害者自立支援制度
低所得者に対する支援と生活保護制度
保健医療サービス
権利擁護と成年後見制度

資格試験の難易度比較

社会福祉士も、精神保健福祉士も共に受験資格を得て、国家試験を受ける形になります。

社会福祉士の試験では、精神保健福祉士との共通科目の他に、社会福祉士専門科目として、援助技術に関する科目や、社会福祉に関する法律、制度など社会福祉に関する幅広い内容が問われてきます。

それに対しての精神保健福祉士の国家試験は、共通科目の他に、精神障害者を対象にしていることから、「精神医学」「精神保健学」など精神保健福祉法に関する問題が出題されます。

平成25年度の合格率は、社会福祉士は27.5%、精神保健福祉士は58.3%と、社会福祉士の合格率の低さが垣間見えます。

共通科目が設定されているのにも関わらず、合格率におおきな差があるという点からみても、「社会福祉士専門科目」の難易度が高いということがいえるのではないでしょうか。

仕事体験談