携帯電話会社社員のつらいこと、大変なこと、苦労

変化が激しい世界

携帯電話業界は、次々と新しい技術が出るなど、とにかく変化が激しいことが特徴です。

少し前までの常識が通用しなくなるといったことも十分に考えられますが、ビジネスを進めるうえでは、そうした変化に逐一対応していかなくてはなりません。

次々と変化することはこの仕事の面白さでもありますが、変化のたびに一から新しいことを考えていかなくてはならないのは、想像以上にエネルギーを使うものです。

流れの速さに飲み込まることなく、スピード感をもって次の一手を考えていかなくてはらないことは、携帯電話会社で働くうえでの大変な一面だといえるでしょう。

大きな成果を求められることも

ビジネスの流れが速く、豊かな感性、発想、創造力などが求められる携帯電話会社では若い人材が多く活躍しており、どの企業も「挑戦すること」を大切に考えています。

たとえ失敗しようと自ら挑戦する人が称賛される傾向にありますが、もちろん仕事である以上、成果を出すことを意識しなくてはなりません。

若いうちから責任ある仕事を任せてもらいやすい分、いつでも高い目標を掲げ、追っていく必要があります。

新しいことに挑戦するというのはプレッシャーも大きく、満足いく成果が出ないときは苦しい思いも味わうことになるでしょう。

それでも自分自身をしっかりと持ち、目標達成に向けて頑張り続ける必要があります。

ないものを創っていくこと

携帯電話会社の仕事には、もちろん「すでにあるサービスをよりよくする」といったことも行いますが、まだないサービスを考えたり、これから世の中に必要とされるであろう事業を生み出していくといった「創造」の要素が強くあります。

何もないところから何かを生み出すのは楽しいばかりではなく、むしろ「生みの苦しみ」を味わうことも多々あります。しかし、そこでいちいち落ち込んでしまえば何も進みません。

できることから一つずつ確実にやっていくこと。それを続けることで、形のないものを形にしていくことができるでしょう。