不動産会社社員の種類

全国にはたくさんの不動産会社がありますが、それらは取り扱う物件の種類によって、いくつかに分けることができます。

ここでは、不動産会社のおもな種類について紹介していきます。

デベロッパー

「開発会社」といわれ、マンションや団地、あるいは商業施設、オフィスビル、ホテルといった大規模な建物の企画・開発を行う会社です。

幅広い種類の物件を扱って用地取得や企画・設計、建築、販売などの業務を担当し、「街づくり」にまで携わることが特徴です。

販売代理会社

分譲マンションや一戸建てなどの不動産について、広告から契約まで、一連の販売業務を代行する会社です。

不動産を購入したいと考える消費者のメインの窓口となり、物件情報や資金計画などの相談にものっていきます。

仲介会社

仲介会社の仕事は、大きく「賃貸仲介」と「売買仲介」に分けることができます。

前者は賃貸物件の紹介、後者は売買物件の紹介を行い、それぞれ物件のオーナーや売主と、家を借りたい人や買いたい人の間に立ち、両者の意見を調整して契約に至るまでのさまざまな事務を担当します。

仲介会社は、オーナーや家を借りたい人、あるいは売主や買主からの「仲介手数料」によって売上を出しています。

このほか、仲介会社を細かく分けていくと、「マンションの買取り業者」「投資用ワンルーム販売」「任意売却ビジネス」「競売ビジネス」「不動産証券化ビジネス」といったように、多様な仕事を手掛けている会社があります。

管理会社

管理組合やオーナーの委託を受け、マンションやビルといった建物の維持・管理を行う会社です。

具体的には、家賃集金、入居者からのクレーム対応、物件のメンテナンスなどを担当します。管理会社は「管理委託料」によって売上を出しています。

賃貸ビジネスの場合、賃貸市場に出回るすべての空き物件が仲介対象となる仲介会社とは異なり、管理会社は自社で管理している物件が仲介の対象になります。