大工の給料・年収・日当

経験によって給料が上がる

大工の給料は、経験やスキルによって大きく異なります。

未経験者の場合、見習いで就職することになるため、月給15万円前後になることがほとんどですが、経験を積み、スキルを高めていけば月給30万円以上になることも十分可能です。

年収で考えると、平均300万円程度になりますが、これは見習いからベテランまでを全て含めた数字であるため、実態はかなり開きがあるということができます。

ベテランの中には年収が800万円になることも珍しくなく、中には1000万円を超える人もいます。

したがって、経験やスキルによっては一般的なサラリーマンの平均年収を、かなり上回ることができる職種であるといえます。

収入の良い大工の中には宮大工などの特殊技能を持っていたり、経営者としての立場に立っていたりなどの場合も多く、向上心次第で収入を大きく伸ばすチャンスが豊富であることはこの職業の魅力の一つです。

未経験者には非常につらい給料事情

大工は経験を積み、ベテランになればなるほど高給取りを目指すことも夢ではない業種ではありますが、そこまでの道のりが決して簡単なものではないことを理解しておきましょう。

とくに未経験者の新人の場合、専門的な作業からはかけ離れた雑用を中心に担当することになるため、給料は非常に少ないことが多く、時給に換算して一般的なアルバイト並みであることも珍しくありません。

これは、昔の丁稚奉公の名残が残っているからに他なりませんが、肉体的に大きな負担がかかるにも関わらず、給与が伴わないというようなケースも多々あります。

最悪の場合、ハローワークや労働安全監督署に相談が寄せられることもあり、若年者を中心とする未経験者の応募を減少させる一因にもなっているのが現状です。

このような状況であるため、人手不足に悩む工務店も多く、次世代を担う大工がいなくなってしまうことが懸念されています。

これを打開するため、業界全体で未経験者歓迎の気運が強まってきており、見習いに対する教育制度を整える工務店が増えてきています。

それに伴い、待遇改善がなされているため、未経験者の給与事情も向上していくことが期待されます。

給与は日給換算

大工の仕事は天候に左右されるため、悪天候の場合は休工日になってしまいます。

また時期によっては工事が入らないこともありうるため、多くの場合、給料は日給換算で支払われます。

金額は全国平均で1日1万6千円ほどになります。日給は地域によって差があり、人口の多い都市部では1万8千円、少ない地方では1万4千円ほどです。

また、前述のとおり、見習いと未経験でも金額に開きが出ます。見習いの場合、8千円前後、経験豊富な大工の場合、日給が2万円近くにのぼることもあります。

ただし、勤務日数にばらつきがあるため、安定収入を得にくい職種であるという見方もできるでしょう。

大工の平均年収統計

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、大工の平均年収は45.8歳で457万円ほどとなっています。

・平均年齢:45.8歳
・勤続年数:11.8年
・労働時間:184時間/月
・超過労働:5時間/月
・月額給与:338,500円
・年間賞与:508,600円
・平均年収:4,570,600円

出所:厚生労働省「平成27年 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

平成27年 大工の年収(規模別 ※男性のみ)

10〜99人規模の事業所に勤める大工の年収は456万円、100〜999人規模は481万円、10人以上規模平均は457万円となっています。

大工の年収(規模別)_27

平成27年度 大工の年収(年齢別 ※男性のみ)

大工の年収は、40代後半にかけて伸びており、45〜49歳では579万円となっています。

平均年収は462万円となっています。
大工の年収(年齢別)_27

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。