大工になるには

大工になるまでの道のり

大工になるにあたって、特定の学校に通ったり、試験を受けて資格を取得するなど、何らかのステップを踏む必要はありません。

技術と経験さえあれば、誰でも大工を名乗って働くことができますので、そういった意味合いにおいては、大工になる方法はきわめてシンプルといえます。

しかし、大工に求められる技術レベルは非常に高く、覚えることも多いため、長い時間をかけて、少しずつできることを増やしていかなければなりません。

個人差はあるものの、とりあえず一通りのことを身につけるのに約3年、一人前と認められるのには約10年かかるといわれています。

道のりとしては単純でも、大工になる道は非常に険しく、忍耐力とひたむきさをもって、つらく厳しい修業を積み重ねていくことが必要です。

大工の資格・難易度

大工として働くうえで必須となる資格はありませんが、業務に関連する資格や、持っておくと有利になる資格は複数あります。

現場での責任者を請け負える「組立等作業主任者」や「2級建築施工管理技士」「2級建築士」などが代表的であり、工務店によっては資格取得が推奨されているケースもよく見られます。

また、大工としての保有技術を評価する「建築大工技能士」という国家技能検定も有名で、難易度の異なる1級~3級までの資格があります。

自身の腕前を客観的に証明するため、あるいは依頼者からの信頼を得て工事受注につなげるために、資格取得を目指す大工は大勢おり、最難関となる1級を取得できれば、上級大工として活躍できるでしょう。

建築士の仕事
建築施工管理技士の仕事

参考:技のとびら 建築大工技能士

大工の資格・建築大工技能士の難易度は?

大工になるための学校の種類

大工になるための学校としては、建築系や工芸系の専門学校、大学の建築科や技能工芸学部などが挙げられます。

大工というと、かつては中卒や高卒ですぐに工務店に就職し、必要な知識や技術は現場で身につけていくというケースが一般的でした。

しかし現在では、就職に際しては、ある程度一般教養のある人のほうが好まれる傾向にあり、いずれかの学校に進学して、基礎的な知識と技術を身につけてから就職する人が増えています。

専門学校では、2級建築士をはじめ、大工としてキャリアを築いていくうえで有利になる資格も取得することができますので、多少遠回りとなっても、進学する価値は十分にあるといえます。

大工になるための学校(専門学校・大学・訓練校)

大工に向いている人

大工は、屋外で何時間も作業できる体力や、重い資材を持ち運びできる筋力が求められる肉体労働がメインであるものの、かなり頭も使う職業です。

平面の設計図面を読み込んで、頭のなかで立体的な建物の完成形を思い描かないといけませんし、必要な資材を積算して切り出し方を考えたり、効率の良い仕事の段取りを組む必要もあります。

従って、身体と頭の両方を使える、能力的にバランスの取れた人が、大工に向いているでしょう。

また、建築現場においては、図面通りに作業が進まず、臨機応変な対応が求められることもよくありますので、柔軟な発想で代替案を思いつける頭の柔らかい人も、大工の適性があります。

大工に向いている人・適性・必要なスキル

大工のキャリアプラン・キャリアパス

大工のキャリアは、工務店などに就職することが第一歩です。

最初は丁稚奉公のような見習いからスタートして、雑用をこなしつつ、実務を通して親方や先輩大工から技術や知識を教わります。

下積み時代を経て、やがて一人前とみなされると、今度は棟梁として、実作業に加えて、資材などを段取りしたり、ほかの大工に指示するなど、現場全体を統率する立場に昇格します。

その後は、環境の変化や待遇の改善を求めて、ほかの工務店に移る人もいますし、独立開業して工務店を経営する人や、自身の腕だけを頼りにフリーランスで働く人もいます。

大工を目指せる年齢は?

大工は、基本的に年齢不問の職業であり、極端にいえば、肉体労働をこなせる体力さえあれば、何歳からでも大工を目指すことは可能です。

近年は業界全体で人手不足に陥っている影響もあって、30代はもちろん、40代でも歓迎するという工務店も珍しくありません。

技術を身につけるのに時間がかかる点がネックですが、たとえばハウスメーカーの下請けとして、プレカットされた木材を組み立てるだけのいわゆる「手間受け大工」であれば、2年~3年もすれば一人前になれます。

反対に、和室の細かい造作まで仕上げたり、天然木材の風合いを生かしながらオーダーメイドの家をつくるなど、高い技術をもつ職人を目指すなら、少なくとも10年以上の修業が必要です。

大工になるにあたって年齢制限はかなり緩いといえますが、一流の大工になるには長い時間がかかりますので、自身の年齢と照らし合わせて、キャリアを考えてみる必要があるでしょう。

大工は女性でもなれる?

これまで長きにわたって、大工という職業は、ほぼ完全に男性だけのものとみなされてきました。

しかし、近年では、国土交通省と建設5団体が発表した「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」の効果もあって、建築業界全体で男女の平等化が進みつつあります。

大学などの教育機関で土木や建築を学んだり、就職先に工務店やゼネコンを選択する女性は年々増加傾向にあり、女性の就職・定着を支援するための制度づくりも積極的に行われています。

こうした取り組みの結果、数としては少ないものの、建築現場で大工として働く女性も一定数おり、現在では、女性でも大工になることは十分可能になっています。

ただし、産休・育休が整っていない、トイレや待機所など女性専用の設備がないなど、環境改善は道半ばであり、女性大工の本格的な活躍はまだまだこれからといえるでしょう。

女性の大工のキャリアパス・結婚後の生活