大工の勤務時間・休日

大工の勤務時間

大工の勤務時間は、8:00~17:30や8:00~18:00などに設定されているところが多く、かなり朝早くに始業する点が特徴的といえます。

8時に作業所や現場に入るということは、それまでに準備などをすませておく必要がありますので、一般的な会社勤めの人よりも、早い時間帯から起きて行動し始めないといけないでしょう。

とくに現場が遠方の場合は、そこまでの移動時間もかかりますので、工務店の集合時間が朝6時や7時になることもあります。

そのぶん、終業については、会社員や公務員と比べるときっちり時間通りに終わるケースが多く、ほぼ残業ゼロという職場も珍しくありません。

なお、拘束時間がやや長いのは、安全面に配慮して休憩時間が長めに取られているためであり、1時間の昼食休憩のほか、15分程度の小休憩が複数回ありますので、労働時間は一般的な職業と変わりありません。

大工の休日

大工の休日事情は、時期によって大きく変動します。

忙しい時期は、休めるのは基本的に日曜日のみであり、恵まれている職場でも土曜日の休みは隔週、完全に土日2日とも休めるケースはほとんどありません。

反対に、仕事のあまりない時期は、土日に加えて平日も休みとなり、週休3日となることもあります。

また、現場仕事は天候に左右されますので、雨で急に休みになることもありますし、雪の多い地方だと、冬はずっと休みが続くこともあります。

ただ、大工の給料は基本的に日給制ですので、経済的にみれば、休みが多いことを手放しで喜べるわけでもありません。

なお、お盆や年末年始、ゴールデンウィークなどの長期休暇については、医療機関が休業しており、事故が発生した場合のリスクが高まるため、現場が閉鎖されて、まとまって休めるケースが目立ちます。

大工の残業

大工は、かなり残業が少ない部類に入る職業といえます。

現場での作業は、安全管理上、基本的に日の明るい時間帯しかできませんし、また夕方以降は、周囲の民家などに騒音で迷惑がかかる可能性も高まります。

このため、大工は「残業したくてもできない」のが実情であり、撤収作業や清掃作業まで含めても、遅くとも午後6時には終わるケースがほとんどです。

ただし、大工は現場仕事以外にも、木材の加工や、図面の確認、翌日の段取りといった工務店内での作業も複数ありますので、まったく残業が発生しないわけではありません。

大工は忙しい?激務?

大工の繁忙期としては、新築住宅の入居時期として好まれやすい、長期休暇前や年度末の時期などが挙げられます。

納期が集中するため、業務量は膨大となりますが、上述の通り1日に現場で作業できる時間は限られていますので、仕事が増えたぶんは、休日を返上して働かなければなりません。

また、各種デスクワークや施主(せしゅ)との打ち合わせなど、屋内での作業も増えて、ときには夜遅くまで帰れないこともあります。

ただでさえ体力的な負担が重い大工にとって、十分な休息時間を確保できない繁忙期は、非常に激務といえるでしょう。

大工の休日の過ごし方

大工は、普段の仕事において、ほかの職人や業者など、数多くの人と関わることもあって、プライベートについても社交的であるケースが目立ちます。

休日については、家族や友人とどこかに出かけ、買い物をしたり、バーベキューやスポーツを楽しんだりして、アクティブに過ごす人が多いようです。

大工技術を生かして、自分の子どもと日曜大工をするという人もよく見られます。

大工仕事はハードであり、体力的負担が重いことは間違いありませんが、常日頃から生活リズムをきちんと整えて、体力の回復を図っておけば、休日もアグレッシブに過ごすことができるでしょう。

大工の一日のスケジュール・生活スタイル