薬剤師への転職・社会人からなるには?

薬剤師への転職状況は?

高収入で安定した薬剤師の資格を取って、転職したい。

この仕事に興味を持っている人の中には、そのように考えている人もいるかもしれません。

では、実際に未経験から薬剤師へ転職することが可能なのか、また薬剤師の資格は、社会人になっても取れるのでしょうか?

薬剤師として働くためには、薬剤師国家試験に合格し、国の薬剤師名簿に登録しなければなりませんが、薬剤師国家試験の受験資格を得るには、6年制薬学部の卒業は必須条件となっています。

6年制の薬学科以外の学科では卒業しても薬剤師国家試験の受験資格を得ることができませんので、卒業すれば薬剤師になることができる短期大学、専門学校、大学の夜間部(第二部)等は一切存在しません。

つまり薬剤師になるには最低でも6年間は大学に通わなければならないということです。

薬剤師免許を取ってしまえば、年齢いかんによらず就職することは可能でしょう。

未経験の新卒から始めることになりますので、それぞれの希望や地域、求人状況に応じて就職活動をすれば薬剤師として働き始めることはできると考えられます。

未経験・社会人から薬剤師になるには

薬剤師になるためには、上述のとおり6年制大学の薬学科を卒業する必要があります。

しかし、大学6年間で医薬品に関する知識を徹底的に学び、数ある実習をこなし、卒業試験や国家試験をパスして晴れて薬剤師資格を手にすることができます。

薬学科の入学に年齢制限はありませんし、薬剤師国家試験の受験に関しても年齢での受験資格制限はありません。

その気になれば、何歳からでも目指すことのできる職業だといえるでしょう。

ただし、私立大学の薬学部の場合、6年間通うとなると相当の学費がかかります。

その間、アルバイト程度は可能でも仕事と両立して学生を並行することは不可能です。

当然仕事は辞めなければいけないでしょうし、近隣に薬学科のある大学がない場合は引っ越しなどをして通うことを選択せざるを得ないこともあり得ます。

収入がなくなり、かつ高い学費を6年間支払って大学に通うことは、一般の社会人にとっては簡単なことではないでしょう。

そのような経済的な理由などで、社会人がいちから薬剤師を目指すことは難しいかもしれません。

また、薬剤師資格を取った後の就職の際も、年齢がネックになるというケースもないわけではありません。

確かにほかの職種同様、新卒の薬剤師の就職でも年齢は若い方が有利という見方もできますが、どこに就職するかによっても状況は違ってくるでしょう。

薬剤師への転職への一番の近道

薬剤師として働く際に、薬剤師試験に合格して登録し、薬剤師資格を取得する以外に特に必要な資格、有利な資格などはありません。

国公立大学の薬学科の場合はセンター試験を経て2次試験を受験し、私立大学の場合はそれぞれ個別の入学試験を受けて薬学科に入学します。

しかし、なかにはいくつか、編入制度を設けている大学も存在します。

一年生から始める必要がないため、うまく編入できれば1年~3年の短縮が可能です。

しかしながら、スタンダードな例でみると、6年制薬学部への編入の場合、4年次以降に薬学部に編入するには、(1)他の6年制薬学部の3年次を終了している、(2)4年制薬学部を卒業している、のいずれかが必須条件になります。

つまり、一度は薬学科に在籍していた人に基本的に門戸が開かれているルートだということができます。

他学部等から薬学部に進学するケースもゼロではありませんが、薬剤師免許を取得しようと思うなら、今は一年次から6年制課程の薬学部に入学することが一番の近道ということになります。

6年〜8年の長期戦に備える覚悟が必要

以上のことからもわかるように、社会人になってから薬剤師への転職をめざすには相当の覚悟が必要です。

そもそも、薬学系の大学は一般的に偏差値が高く、特に費用の安い国立大学は非常に難関です。

人によってはこの受験勉強のためだけに1~2年必要になる人もいるでしょう。

さらに、入学後は6年間の勉強に専念しなければいけませんし、薬学部は授業数が多く、実習などもあり、ハードな学生生活となります。

国家試験は年に一度しかないため、不合格の場合はさらにまた一年間勉強をしなければいけません。

薬剤師になるために、最低6年、長ければ8年くらいの勉強期間が必要なのです。

一部の私立大学で、社会人向けの編入制度をとっているところもありますが、募集人数は若干名と大変少なく、編入できても二年生からというのが基本です。

社会人から薬剤師をめざす場合は、長期戦になることを覚悟の上で、計画的に進めることが重要です。