精密機器メーカーへの転職

転職者もたくさんいる

製造業は規模の大きな産業であり、そのなかで精密機器メーカーに転職をする人の数もかなりの数にのぼっています。

大手精密機器メーカーは従業員数が多い一方、定年、あるいはその他の理由による退職者の数もそれなりに出てくるため、たいていは定期的な新卒採用を行って、若い人材を一から育てています。

同時に、人員が不足した場合には中途採用を実施することで、組織の強化に努めているようです。

ものづくりを行う精密機器メーカーにとって、人は大きな財産となります。

大手だけではなく、中堅規模の企業でも人手を欲している企業はたくさんあるようですが、定期的に行われる新卒採用に対し、中途採用は不定期での求人となっていることが多いため、こまめに情報を追っていく必要があるといえるでしょう。

求められる経験・スキルは?

中途採用は、企業によっては「キャリア採用」や「経験者採用」と呼ばれています。

そこでは、基本的にすでに社会人経験がある人を対象とした募集がかけられるため、前職での経験やスキルが求められることが多いでしょう。

どの程度の経験やスキルが求められるかは企業によって異なるため、よく確認しておくことが大切です。

既卒の人であっても、学校を卒業して3年以内程度であれば、新卒の枠で応募できることもあります。

未経験でも転職できる?

まったくの未経験でも応募できる求人もゼロではありません。

しかし、中途採用では基本的に「職種別採用」となっており、その分野に関する知識やスキルが求められてきます。

開発や研究、生産といった技術系の職種については高い専門性が問われる仕事となるため、経験やスキルが重視されやすくなっています。

一方、営業職であれば、熱意次第ではほぼ未経験でもOKという場合もありますし、異業界での営業経験がある人はプラスに評価されやすいでしょう。

最近ではグローバル展開する精密機器メーカーが増えていることから、TOEICのスコアなど英語力は大きなアピールポイントとなるでしょう。