MRへの転職・未経験採用はある?

MRへの転職状況は?

医療系からの転職希望者が多い

MRというと、世間では「専門性が高いので一生仕事に困らない」「収入が安定している」「社会貢献度が高い」というイメージが強いことから、人気が高い職業のひとつとなっています。

このため、すでに社会人として働いている人のなかにも、MRへの転職を考えている人はすくなくありません。

実際に、MRの業界では中途採用の求人が多くみられ、業界として、未経験者からの転職も受け入れています。

MRや薬局のスタッフ、医療機器メーカーの社員など、医薬品や薬剤師看護師など医療に関係のある職業の人の転職希望者も多いのが事実です。

また、営業職として、他業界ですでに営業マンとしての実績がある人がMRとしての転職を目指すことが多いようです。

企業によっては、営業職や販売職の経験があることを応募の前提条件にしているところもあるので、応募の際には注意が必要です。

新薬メーカーへの転職は厳しい

全体として待遇の良い製薬業界ですが、その製薬会社のなかでも、新薬の開発・製造や販売をしている企業は、給与水準や待遇がよいことで根強い人気があります。

しかし、そこは応募者多数となることから競争が激しくなりがちで、さらに未経験の転職希望者を対象とした求人はあまり多くないのが実情です。

このほか、ジェネリック医薬品を製造・販売する製薬会社や、製薬会社から販売業務を受託する企業でも、MRが募集されています。

転職において、営業力や対人関係を構築するスキルが重要

MRとして最も求められるのは、いかに医師のニーズを探り出し、いかに医薬品の情報を正しく伝えていけるかといった点にあります。

医師との関係構築を図りながら、自社の医薬品を取り扱ってもらい、売上アップにつなげる必要があります。

どちらかというと営業力が問われる仕事であるため、他人と関係を上手に構築できる人や、コミュニケーション能力が高い人が活躍しやすいです。

たとえば医療業界で働いていた経験を持つ看護師の場合、多くの患者さんと接する仕事であるだけに、そこで培った「人と上手に接する力」は、MRになってからも発揮できるかもしれません。

未経験・社会人からMRになるには

多くの転職業界がそうであるように、医薬品業界においてもそれは同様で、他業界や他業種からMRへの転職をする場合、年齢はできるだけ若いほうがよいといわれます。

それは、MRとして一人前になるまでに時間がかかるという側面もあると考えられます。

MRは、取り扱う商品である医薬品に対して相当量の知識がなければ、取引先である病院の医師やMRと対等に話をすることができません。

このため、採用後にはまず企業の研修を受けながら、MRとしての有名な資格試験である「MR認定試験」に挑戦して「MR認定証」の取得を目指すことが一般的です。

無事に認定証を取得してからは、先輩社員から指導を受けたり現場に同行させてもらったりしながら、少しずつ経験を積むことになります。

このように、しっかりと業務をこなし、結果が出せるMRになるまでの育成期間が長いことから、転職の中心となる年齢層は、20代後半~30代前半だといわれています。

転職後は猛勉強が必要にはなりますが、新たな道を切り開くことができれば、やりがいや高い収入を手に入れることができるのが魅力といえます。

看護師からMRへの転職

看護師からMRに転職をするケースや、看護師免許を持った人がMRとして仕事をする、という場合も見られます。

看護師とMRには、両方とも医療業界に関わる仕事という共通点があります。

ただし、看護師免許を持っているからといって、MRになる際に特別優遇されるとは限りません。

たしかに、看護師は病院など医療機関の内情や仕事内容をよく理解していたり、医薬品の知識をある程度持っているため、その点ではMRとして働くうえでも役に立つかもしれません。

しかし、MRは自社の医薬品情報について豊富な知識を持ち、医療機関で働く医師や看護師にその情報を提供するプロフェッショナルとして活躍する仕事です。

直接、患者さんと触れ合い、ケアをする看護師とは役割が大きく異なるため、看護師として培った知識やスキルそのものをすべて生かせるわけではありません。

製薬会社によっては、医療業界での経験者であることをプラスに評価することもありますが、それだけでMRになれるわけではないと考えておいたほうがよいでしょう。

しかしながら、特殊な医療業界ですので、業界内での勤務の経験や免許やスキルなどの資格が勤務の上でアドバンテージとなることは間違いありません。

業界内でのMRの転職

また、MRは、同業界内で転職する人が多いとされる職業です。

おなじMRという職種の中で、より好条件の待遇や年収アップのため、また日々の勉強や厳しい売り上げ目標のプレッシャーを理由に、他所の製薬会社や外資の製薬企業を中心として、業界内転職をするケースは少なくなく、MR全体の10~30%程度の人が転職を経験するといわれています。

MRが転職先として選ぶなかでもっとも多いのは、他企業のMRです。

しかし、そのほとんどが外資企業で、国内企業はあまり中途採用をしていません。

「MR認定証」を取得しておけば転職は比較的うまく進みますが、認定証がないと、他企業のMRに転職するのは難しいでしょう。

また、それまでにどのような医薬品に関わってきたのか、どの医療機関や診療科で業務経験を積んできたのかなど、自身のスキルや経験がシビアに評価されることになります。

またMR以外にも、新薬の臨床試験(治験)に関わる治験コーディネーターCRC)や臨床開発モニターCRA)、医療機器営業など、MRに類似した業種に転職する人もいます。

MRへの転職を考えている場合は、MRの転職に強いマイナビエージェントを利用することで、転職成功確率をあげることができます。

丁寧なサポートで、未経験者から経験者まで幅広い転職成功実績があげているマイナビエージェントに、まずは相談してみましょう。