ドラッグストア店員への転職、中途採用

異業種からの転職も可能

ドラッグストアでは、新卒で入社して店員としてキャリアを築いていく人がいる一方、転職してこの仕事に就く人も大勢います。

ドラッグストアで働くうえで絶対に資格が求められるということはなく、未経験者だっても意欲的であれば採用される可能性は十分にあります。

そのため、まったく別の業界や違う種類の仕事からドラッグストア店員になることも、さほど難しくはありません。

アルバイトであっても、スーパー、コンビニ、アパレルなどの店舗で接客や販売の経験があると有利になるでしょう。

なお、ドラッグストア店員の中途採用は、最初から「店長候補」という形で募集されることもあるようです。未経験からスタートしても、マネジメントを覚えて店長を目指していくことができます。

資格があると有利

資格がなくてもドラッグストアへ転職することはできますが、「登録販売者」あるいは「薬剤師」の資格がある場合、転職時にも優遇される可能性が高まります。

上記の有資格者であれば、ドラッグストアで扱う一般用医薬品を販売することができるため、店側としては有資格者を積極的に採用したいと考えているのです。

薬剤師については、なるためにはまず大学の薬学部で学ぶ必要があるなどハードルが高めとなっていますが、登録販売者は近年、独学でも比較的手軽に取得できる資格として人気が高まっています。

この資格を持っていると、基本給以外に資格手当がもらえる職場も多いです。

また、薬剤師の有資格者では、ドラッグストア店員のなかでは最も待遇がよいといわれています。

薬剤師の代表的な就職先である調剤薬局よりも、ドラッグストアのほうが給料だけでいえば好条件であるケースが多いといわれており、転職を希望する人は増えているようです。

さまざまな働き方がある

ドラッグストアは、正社員以外にも、契約社員や派遣社員、さらにパート・アルバイトなど多様な雇用形態で働く人がいます。

求人もたくさん出ているため、自分のライフスタイルや目標に応じて、どのような働き方をするか考えていくとよいでしょう。