宅地建物取引主任者の仕事内容、役割

不動産の取引を行う

宅地建物取引主任者の仕事内容は、不動産の取引を行うことです。

具体的には、不動産を売ったり買ったり、または貸したり借りたりすることに関して、現地の状況や権利関係の調査を行い、取引の相手方に対してその内容を説明し、契約を締結する一連の仕事がその内容になります。

独占業務

宅地建物取引主任者の独占業務として認められているものは、契約締結前に行う重要事項説明とその重要事項説明書への記名・捺印、契約書への記名・捺印です。

つまり、宅地建物取引主任者がいなければ不動産取引のもっとも大切な部分である契約に向けたアクションが一切できないのです。

重要事項説明とは、取引の対象となる不動産について、その物理的状況(どこにあるか、どれくらいの大きさか、など)や権利関係(使うのに問題となる権利がついていないか)、制約内容(建築や土地利用の制限など)を、一定の規定にもとづき説明することです。

重要事項説明書は、それに必要な書面です。

重要事項説明および重要事項説明書の交付は契約締結前に行うことが必要です。契約書は言うまでもないのですが、売る場合も買う場合も、賃貸の場合も宅地建物取引主任者が記名・捺印することになっています。

求められる役割

不動産は、高額な上に目に見えない権利関係が複雑に入り組んでいる場合も多くあるため、取引に当たっては専門知識を持つ人間が入る必要があります。

特に、継続的に反復して取引を行うような方はそれなりに不動産の知識を持っていることが多いのですが、そうでない方は不動産の知識が少ないことが多く、ともすればだまされしまったり、うっかり重要な事を見落として高額な不動産を買わされてしまったりといったことがあり得ます。

そうしたことを防ぐため、継続的に反復して取引する者は「宅地建物取引業者」と法律上位置付けを行い、宅地建物取引業者には『宅地建物取引主任者』という専門知識を持った有資格者を置くことが求められるのです。

したがって、宅地建物取引主任者の役割は、高額かつ複雑な権利関係がありがちな不動産の取引で、不動産の知識に乏しい方が不利益を受けないように、さまざまな調査をおこなってそれを説明し、無事に契約を行えるようにすることが役割といえます。

仕事体験談