女性の証券会社社員

女性も活躍する業界へ

昔の金融業界では、正社員の割合は男性が圧倒的に高く、女性の仕事はコールセンターや窓口での対応、資料の収集など補助的な役割が多いのが一般的でした。

しかし、最近では総合職で証券会社に入社する女性が増えており、営業担当として活躍している女性も多くいます。

女性ならではの強みとは

それでは、証券会社の営業担当者の女性には、どのような強みや大変さがあるのでしょうか。

まず、強みでいうと、「女性だから」ということで同じ女性の顧客に安心して受け入れてもらいやすいという大きなメリットがあります。

営業の仕事は飛び込みも多く、住宅街をまわりながら個人の顧客を新規開拓することも珍しくありません。

主婦や高齢の女性のなかには、男性の営業マンを玄関に入れることに不安や抵抗感がある人も多いため、男性だと話を聞いてもらう間もないまま門前払いになってしまうこともあるのですが、物腰が柔らかい女性の場合は警戒心を持たれにくいということがあります。

金融商品のセールスをするのはただでさえ警戒されやすいという難しさがあるので、お客さんに話を聞いてもらうチャンスが増えるのはとても重要なことです。

この強みをいかして、主婦や高齢の女性から信頼されるパートナーとなり、営業成績を伸ばして活躍している女性の社員もいるのです。

長く働き続けるために

もちろん、女性ならではの大変さというのもあります。

証券会社の仕事はシビアなことで知られており、勤務時間も不規則なのが当たり前です。

早起きして新聞やテレビで経済のニュースをチェックすることから始まり、ときには残業しながら働き、帰宅してからも資格の取得のために勉強することもあります。

結婚して家事や育児と両立しながら働きたいという女性にとっては、相当な努力が必要な仕事だと考えておいたほうがよいかもしれません。

もちろん、最近では大手企業を中心に福利厚生が充実しているところも多いので、家事や育児と両立させられるように、時間短縮勤務や配置転換に力を入れていることもあります。

証券会社で働きたい女性は、できるだけこのような制度が整っているところを選ぶと、長く働き続けることができるでしょう。